さつまいもと言えば、秋の味覚として人気の食材ですよね。芋掘りで家にたくさんあるという方も多いのでは? 栄養たっぷりのさつまいもをキャンプの焚き火で丸ごと味わう焼き芋の作り方、そして鍋ひとつあれば手軽に作れるさつまいもプリンのレシピをご紹介します。

「さつまいも」には食物繊維やビタミンが豊富!? 100gあたりのカロリーは白米とほぼ同じ!?

画像: 「さつまいも」には食物繊維やビタミンが豊富!? 100gあたりのカロリーは白米とほぼ同じ!?

秋の味覚のひとつ、さつまいも。

芋=糖質だからあまり食べない、という方も多いのでは? たしかにさつまいもは炭水化物なので糖質が高めですが、腸内環境を整えるために必須の「食物繊維」が豊富に含まれていると言われてます。

そのほか、余分な塩分を排出してくれる「カリウム」や、皮膚の健康維持に必要な「ビタミンC」のような栄養素も豊富に含んでいるとよく聞きます。

「芋だから」「太るから」と避けてしまうのはもったいないですね。ちなみにさつまいものカロリーは100gあたり約135kcalで、これは白米100gと同じくらいのカロリーとも言われてます。

…とはいえ一気に2本も3本も食べるのはさすがに食べすぎなので、1日1/2本くらいの量を目安に味わって見てはいかがでしょうか。

【レシピ1】祖父から教わった「焚き火で作る 焼き芋」! 基本ほったらかしでOKなのでラクで手間いらず

画像1: 筆者撮影
筆者撮影

キャンプで楽しむ焚き火を利用して、焼き芋を作ってみませんか? これは昔、祖父から教わった焼き芋の作り方です。

祖父の自宅は、庭で自由に焚き火ができるほど田舎にあったのですが、冬場はよくおやつとして焚き火でさつまいもを焼いてもらっていました。

基本ほったらかしで出来るのでラクチン!キャンプのおやつにどうぞ。

【準備するもの】

●さつまいも
●新聞紙
●アルミホイル

準備するものは、たったこれだけ!キャンパーなら新聞紙やアルミホイルは常備している方が多いと思いますので、さつまいもさえ調達すればいつでも作れますよ。

【作り方】

①さつまいもをよく洗う
※新聞紙も濡らしておく

汚れていなくても、表面を水に濡らしておくことが大切なので、しっかり水洗いしてください。
新聞紙も軽く濡らして絞っておきます。

②洗ったさつまいもを新聞紙→アルミホイルの順で包む

画像2: 筆者撮影
筆者撮影

まずは濡らした新聞紙でさつまいもを包みます。その後、アルミホイルで同じように包んだら準備OKです。

③包んださつまいもを焚き火に入れる

画像3: 筆者撮影
筆者撮影

さつまいもを焚き火の中に入れます。

あまりたくさん入れすぎると焚き火の火が消えてしまうので、薪の隙間に入るくらいの量にしておきましょう。

④焚き火に入れたらそのままほったらかし

画像4: 筆者撮影
筆者撮影

焚き火に入れたら、そのまま放置でOK。(たまにひっくり返したり転がしたりします)

⑤ 30分ほどで出来上がり

火力にもよりますが、だいたい30分ほどで焼き上がりです。
強い火で一気に焼くよりも、弱い火でじっくり時間をかけたほうがおいしい焼き芋になりますよ!

厚くて丈夫なアルミホイルはキャンプに持参したいマストアイテム!BBQの網に敷けば鉄板としても使える

テントファクトリー BBQハイグレードアルミホイル(極厚) 7m TF-BAF0407

画像1: 【さつまいもレシピ】キャンプのおやつに!焚き火でほったらかし焼き芋&鍋ひとつで作るプリンをご紹介!
テントファクトリー BBQハイグレードアルミホイル(極厚) 7m TF-BAF0407
中国
アルミホイルサイズ : (約)幅30cm × 長さ7m
アルミホイル厚 : 0.04mm
材質 : アルミニウム
¥498
2020-11-11 12:29

アルミホイルを使う際、破れて困ったりしたことはありませんか?

こちらはアウトドアブランド「テントファクトリー」から販売されている商品で厚さ0.04mm! しかも丈夫なため、BBQコンロの網に巻き付ければ鉄板として使用可能なんです。

さらに炭受けに敷けば終わった炭ごと丸めて捨てられたり…もちろん、焼き芋をはじめアルミホイル焼きなどにも最適ですよ。

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.