アウトドアに出かける際やキャンプでの散策時など、バードウォッチングを楽しむ人もいると思います。そんなときに便利なのが『双眼鏡』です。ただ、いろんな双眼鏡が販売されているので、自分の用途に合う双眼鏡を見つけにくい方もいるでしょう。今回は、アウトドアシーンのバードウォッチングに最適な双眼鏡をご紹介します。友人や子どもと一緒にバードウォッチングをするのも楽しいですよ! ぜひ双眼鏡の購入予定がある方は、参考にしてくださいね!

バードウォッチング用の双眼鏡の選び方を解説! 選ぶポイントは値段・重量・倍率・防水性の4点!

画像: バードウォッチング用の双眼鏡の選び方を解説! 選ぶポイントは値段・重量・倍率・防水性の4点!

双眼鏡にはさまざまな用途のものがあります。いざバードウォッチング用の双眼鏡を購入しようと思っても、どれがいいのか分からない人が多いでしょう。そんな人は、バードウォッチング用の選び方を確認しましょう。ここでは、双眼鏡の選び方についてお伝えします!

安物はNG! 1万円前後の双眼鏡がおすすめ!

ホームセンターなど比較的お手頃価格の双眼鏡を置いてあるところがありますが、筆者の経験上、バードウォッチングで鳥をよく観察したいと思うのであれば「お金をかけた分だけ見やすくなる」のです。

しかし中には「双眼鏡に数万円もかけるような予算はない」という人もいるでしょう。そんな方は、1万円前後の双眼鏡を選ぶのがおすすめです

もちろん、選ぶときは『メーカー保証付き』の双眼鏡であることが必須。万が一の時でも安く修理ができたり、初期不良の場合は無償交換をしてくれるメーカーがほとんどですよ! 購入時には、保証がついているのか、何年保証なのかを確認しましょう。

双眼鏡の重量は大事! 長時間持ち続けることを考えよう!

双眼鏡を選ぶときには、重量も重視しましょう。女性であれば大体300〜600gの双眼鏡を選ぶと、長時間持ち続けたり1日中首からぶら下げたりしても疲れにくいです。

男性の場合はもう少し重くても大丈夫! 大体500〜900gくらいだと、肩や首に痛みを感じることが少ないです。

バードウォッチング用の双眼鏡を選ぶときは、できるだけ疲れにくい軽量タイプのものがおすすめです!

倍率は高すぎても使いにくい! バードウォッチングに最適な倍率を選ぼう!

双眼鏡のそれぞれに倍率がありますが、どれくらいの倍率の双眼鏡を選ぶといいのかわからない人もいると思います。

バードウォッチングに最適な倍率は8〜10倍と言われています。これ以上の倍率になると、双眼鏡初心者の方は手ブレを感じやすくなり、取り扱いが難しくなってしまうことも。初めてのバードウォッチング用の双眼鏡は8〜10倍の倍率のものを選びましょう!

バードウォッチングで使う双眼鏡は防水機能付きがおすすめ!

野外で行うバードウォッチングは、突然雨が降ってくることが考えられます。そんなトラブルでも防水機能付きの双眼鏡であれば、安心して使い続けることができますよ!

アウトドアシーンでバードウォッチングをするなら防水機能付きの双眼鏡を選びましょう!

バードウォッチング用のおすすめ双眼鏡を紹介! 初めて双眼鏡を使う人でも操作できるものばかり!

画像1: 123RF

123RF

ここでは、バードウォッチングに最適な双眼鏡をご紹介します。初めて双眼鏡を使う人でも問題なく操作できるよう、初心者でも取り扱いができる双眼鏡を集めました。

【バードウォッチング用おすすめ双眼鏡①】ビクセン『アスコットZR8×32WP』目の負担が少ない双眼鏡

画像1: バードウォッチングにおすすめの双眼鏡と選び方を紹介! オリンパスやビクセンなど
Vixen 双眼鏡 8倍 アスコットZR 8×32WP(W) ポロプリズム式 8×32WP(W) ハイアイポイント 防水 広角 ブラック 1560-09]
サイズ:高さ113×幅177×厚さ58mm
本体重量:830g
素材・材質:アルミ、ラバー、真鍮、光学レンズ
コーティング:マルチコート
プリズム材質・形式:Bak4・ポロプリズム
倍率:8倍
対物レンズ有効径:32mm
実視界:8.2度
見掛視界:65.6度
1000m先視界:113m...
¥13,845
2020-10-14 13:57

バードウォッチングに最適な双眼鏡のひとつが、ビクセンの『アスコットZR8×32WP』です。アウトドア使用でも問題ない完全防水仕様が特徴です。

バードウォッチングに最適な倍率なので、バードウォッチング初心者でも簡単に鳥を捉えやすいでしょう。

目への負担が少なく、長時間鳥を観察していても目が疲れにくいことが魅力のひとつ。本体の重量は870gなので、男性の方におすすめです!

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.