キャンプでは、季節問わずおいしいお酒が飲みたいですよね。夏のキーンと冷えたビールや、冬の熱燗やホット梅酒……。もちろん、できるだけ保冷・保温した状態を保つことができれば、おいしさも倍増しそうです。そこでおすすめしたいのが、スタンレーのタンブラー。今回は筆者が愛用している『スタッキング真空パイント』が、グラス・マグカップと比較してどれだけ温度を保てるのか、その性能を徹底検証してみました! 購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

確かな品質と武骨なデザインの『スタンレー』は世界中のキャンパーに人気のボトルメーカー

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

『スタンレー(STANLEY)』は、1913年にアメリカで生まれ、創業100年を超える歴史のある老舗メーカー。極めて頑丈で優れた保温保冷性能を持つ真空スチールボトルをはじめ、数多くの製品が世界中で愛されています。

アイスもホットもおまかせ! スタンレー『スタッキング真空パイント』

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

キャンプで使えるタンブラーを探していた筆者が、友人からおすすめされて購入したのが、この『スタッキング真空パイント』です。

半年ほど使用した結果、普段使いからキャンプまで欠かせないアイテムとなったので、おすすめポイントをタンブラーの性能を検証しながら紹介していきます。

スタンレー『スタッキング真空パイント』のスペックをチェック!

スタンレー『スタッキング真空パイント』のスペックからチェックしていきましょう。

容量:0.47L
重量:230g
サイズ:飲み口直径/87mm
    高さ:146mm
保温保冷力目安:60℃以上45分
        10℃以下4時間
材質:内びん/ステンレス鋼
   胴部/ステンレス鋼

※食洗器使用可能

スタンレー『スタッキング真空パイント』の特徴

スタンレー『スタッキング真空パイントの特徴は、大きく4つあります。

  • 口当たりの滑らかな飲み口
  • スタッキング(積み重ね)でき、収納場所をとらない
  • 軽くスリムで持ちやすく、誰でも使いやすいデザイン
  • 口径約85mmで氷もたっぷり入れられる
  • 熱いもの・冷たいものを入れても表面の温度に影響しない
画像1: スタンレーの大人気タンブラー『スタッキング真空パイント』の性能を徹底検証!
STANLEY(スタンレー) スタッキング真空パイント 0.47L ホワイト 02282-046 (日本正規品)
サイズ:高さ14.6×直径8.7cm
重量:230g
材質:本体/ステンレス鋼
保温力目安:60度以上/45分
保冷力目安:10度以下/4時間
食洗機使用可
¥2,710
2020-09-27 20:07

『スタッキング真空パイント』がアウトドアに向いていると感じる最大の特徴は、やはりスタッキング(積み重ね)できるところだと思います。

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

重ねて収納できるので場所を取らず、少しでも荷物を減らしたいキャンプには最適です。

高い保温保冷力でアウトドアだけでなく普段使いにもGOOD!

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

『スタッキング真空パイント』の容量は、350mの缶がちょうど入る大きさです。

真空断熱構造のおかげで結露もしないので、筆者は普段の食卓でも愛用しています。ステンレス製なので冷たいものは冷たいまま、温かいものは温かいまま飲むことができ、お手入れもラクラクです。

確かな保冷力を誇るスタンレーのタンブラー その性能を徹底検証!

ここからは、スタンレーの『スタッキング真空パイント』の性能がどこまで優れているのか、チェックしてみましょう。

検証方法は簡単。普通のグラス保温保冷効果のあるマグカップ、そしてスタンレーの『スタッキング真空パイント』、それぞれの温度を比較していきます!

性能チェックの条件

今回は保冷力に焦点を当てて検証していきます。

冷たい飲み物の飲み頃は10℃以下なので、いつまで10℃以下の温度をキープできるかチェックします!

  • 実験時間:13時頃〜20時30分頃(約7時間)
  • 室温:26度前後
  • 水道水100ml
  • 家庭用冷蔵庫の製氷機で作った氷約100g

この条件で準備し、実験をしました。

13時実験スタート!

画像: 筆者撮影 ※別部屋から持ってきたばかりの室温計だったので、室温が高く表示されています

筆者撮影 ※別部屋から持ってきたばかりの室温計だったので、室温が高く表示されています

写真右から、グラス保温保冷効果のあるマグカップスタンレーの『スタッキング真空パイント』の順番で並べます。

それぞれ水が100ml、氷が100gほど入っています。

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

まず測ったのはグラスの温度。グラスはスタート時、1.7℃です。

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

次に、保冷マグカップの温度を測ります。スタート時点では1.8℃。

画像7: 筆者撮影

筆者撮影

最後に、『スタッキング真空パイント』の温度を測ります。スタート時の温度は1.9℃です。

14時~検証スタートから1時間~

画像8: 筆者撮影

筆者撮影

1時間経過しました。

まだどのコップにも氷が残っていますね。

画像9: 筆者撮影

筆者撮影

まずは普通のグラスから。温度は4.9℃と1時間前より3.2℃ほど上がっています。

画像10: 筆者撮影

筆者撮影

保冷マグカップは0.5℃。スタート時から1.3℃も下がっています! これはおそらく、スタート時に氷を入れてから時間をかけて冷やされたものだと思います。

画像11: 筆者撮影

筆者撮影

『スタッキング真空パイント』はなんと-0.1℃! スタート時から2℃も下がった上、マイナスという驚異の数字を叩き出しています

15時~検証スタートから2時間~

画像12: 筆者撮影

筆者撮影

2時間経過したところで、グラスの氷はすべて溶けてしまいました。

保冷マグカップと『スタッキング真空パイント』にはまだ氷が残っていますね。

画像13: 筆者撮影

筆者撮影

グラスの温度は16.0℃。1時間前から11.1度も上昇しています。もちろん、飲み頃の温度もとっくに過ぎてしまいました。

画像14: 筆者撮影

筆者撮影

保冷マグカップは1.8℃。1時間で1.3℃ほど上昇しましたが、まだまだ冷えてますね。

画像15: 筆者撮影

筆者撮影

スタンレーの『スタッキング真空パイント』は0.2℃。1時間で上昇した温度はたったの0.3℃。いまだ0℃台をキープしています。

16時~検証スタートから3時間~

画像16: 筆者撮影

筆者撮影

3時間が経過しました。保冷マグカップの氷もすべて溶けています。スタンレーの『スタッキング真空パイント』の氷はまだ残っていますね。

画像17: 筆者撮影

筆者撮影

グラスの温度は22.2℃。1時間で6.2度上昇しました。どんどん室温に近づいています。

画像18: 筆者撮影

筆者撮影

保冷マグカップは5.1℃。1時間前から3.3度上昇しました。氷は溶けてしまいましたが、まだ飲み頃温度はキープしています。

画像19: 筆者撮影

筆者撮影

『スタッキング真空パイント』は-0.1℃。な、なんと、1時間前から0.3℃下がっています……!

17時~検証スタートから4時間~

画像20: 筆者撮影

筆者撮影

4時間が経過しました。『スタッキング真空パイント』はまだわずかながら氷が残っています。

画像21: 筆者撮影

筆者撮影

グラスは24.5℃です。もうすっかり「常温」ですね。

画像22: 筆者撮影

筆者撮影

保冷マグカップは11.1℃。かなり善戦してくれましたが、開始から4時間で10℃オーバーとなりました。

画像23: 筆者撮影

筆者撮影

『スタッキング真空パイント』は0.2℃。1時間前から0.3℃しか上がっていません。まだまだキンキンに冷えた状態をキープしています。

18時~検証スタートから5時間~

画像24: 筆者撮影

筆者撮影

検証スタートから5時間が経過しました。かすかに『スタッキング真空パイント』に氷が残っています。

画像25: 筆者撮影

筆者撮影

グラスは25.7℃。さらに温度が上がっています。

画像26: 筆者撮影

筆者撮影

保冷マグカップは16.4℃です。

画像27: 筆者撮影

筆者撮影

『スタッキング真空パイント』はまだ1.3℃!5時間経っても、冷たさをしっかりとキープしてくれました。

これにて3種類の検証は終了です!

おまけ:20時半~検証スタートから7時間半~

3種類のカップの検証は終わりにしましたが、気になったのでさらに2時間半後の20時半に『スタッキング真空パイント』だけ温度を測ってみました。

画像28: 筆者撮影

筆者撮影

スタートから7時間半経過すると、さすがに氷も溶けきって、11.3℃でした。

それにしても7時間近く10℃以下をキープしてくれていたようです。『スタッキング真空パイント』の性能、本当にすごいですね!

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.