こんにちは、ワークマンアンバサダーのサリーです。この秋、ワークマンと共同開発で新発売された「コットンキャンパープラス」。綿素材で焚き火の火の粉に強く、さらにライナー付きで寒さにも強いキャンプにぴったりのモデルです。詳しくご紹介しますね!

ワークマン「コットンキャンパープラス」はキャンプにぴったり!!

コットンキャンパーは元々、私サリーがワークマンと開発した商品になります。ライナーなしの初代モデルは2,900円。

この秋発売されたコットンキャンパープラスは、秋冬の寒い時期用に、ライナーが付いたモデルで価格は3,900円となっています。

画像: コットンキャンパープラス 著者撮影

コットンキャンパープラス 著者撮影

カラーはクロ・キャメル・オリーブの3色です。表面は綿100%の厚手な生地で、焚き火の火の粉が飛んでも、燃え広がりにくくなっています。生地自体も丈夫なので、キャンプで使っても傷付きにくく、まさにアウトドア仕様。

画像1: 著者撮影

著者撮影

ワークマン商品には珍しい、大きめのボタン。こちらも難燃性の素材です。手袋をしていてもボタンの取り外しがしやすいように、大きめとなっています。

画像2: 著者撮影

著者撮影

そして両サイドに付いた巨大なポケット!ペットボトルがなかったので、手近にあった醤油を入れてみました。ちょっとシュールですが、これでキャンプでお刺身をおいしく頂けます。というのは冗談ですが、本当に何でも入るくらい大きいので、水筒やランタンなど、なんでも収納をどうぞ。

画像3: 著者撮影

著者撮影

ポケットにはペグを入れると、撤収設営の時も便利ですよ!

画像4: 著者撮影

著者撮影

ハンマーを取りつけるハンマーループ、胸元にはカラビナフックもあるので、お気に入りのギアを色々ぶら下げることも可能。「見せるキャンプギア収納」にチャレンジするのもアリかも!?

画像5: 著者撮影

著者撮影

左胸にはスマホがぴったり入るポケットも。マジックテープ付きなので、かがんだ時も物が落ちずに安心です。

ワークマン「コットンキャンパープラス」には、防寒のライナーが特徴!

新発売のコットンキャンパープラスの既存商品との違いは、ライナー付きであること。

画像6: 著者撮影

著者撮影

中綿の入ったライナーです。ボタンで取り外しができるので、春や初秋などはライナーなしで、冬の寒い時期はライナーを付けるのがおすすめです。

ベストのような形のライナーなので、袖は付いていません。キャンプだと動くことも多いので、袖なしにすることで動きやすさを重視しました。

画像7: 著者撮影

著者撮影

ライナーはつるつるとした肌ざわり。コットンキャンパープラスの生地は厚手なので、風は元々そこまで通気しにくかったですが、このライナーがあることでさらに冷たい風をシャットアウトです。

This article is a sponsored article by
''.