心身共にリラックスできると人気のヨガ。これから始める方も、すでに始めてる方も、服装で悩んでしまうことが多いようです。どんな服装でもヨガはできますが、やはり可愛くておしゃれなウェアを着ると、テンションも上がるし、やる気も出ますよね。今回は、ヨガに適した服装を、ヨガインストラクターのYUKIが女性目線でご紹介していきます。

ヨガ初心者さん必見! レッスンには手持ちの服装で行ってもいい! レンタルもアリ◎

心身をリフレッシュでき、ダイエットにもつながるとして女性にも人気のヨガ。

最近は、オンラインや動画を利用して、自宅でも気楽にレッスンを受けられるようになりました。その為、ヨガを始める方も更に増えているようです。

自宅で気軽にヨガを行っている時は服装は気にならなくても、いざ実際にレッスンに行こうと思うと、やはり人目が気になってしまうもの。

そして、ヨガスタジオの案内には「動きやすい服装で来てください」等と書かれています。

動きやすい服装とは……?

と悩んでしまうところですが、あまり難しく考えず、本当に単純に「動きやすいかどうか」だけを考えればOK!

実際に、ヨガのポーズは一般的に言われる動きやすい服装、例えば、お手持ちのタンクトップやTシャツとハーフパンツを組み合わせれば、じゅうぶんに行えます。

筆者撮影
Tシャツ&短パンでもOK!

また、どうしても「動きやすい服装がない…」という方は、スタジオによってはヨガウェアをレンタルできるところもあるので、事前に確認してみてください。

スタジオ通いが続くか分からないうちは、最初からヨガウェアを揃えるのは、少しハードルが高いもの。

まずは、手持ちの服やレンタルで試してみましょう。

一言でヨガと言っても種類は多様! ヨガの種類によって最適な服装を選びましょう

Tシャツ&短パンでもできるのに、ではなぜ、こんなにヨガウェアが普及しているのでしょうか。

少しずつ紐解いていきましょう。(ヨガ風に言ってみました 笑)

ヨガと一言でいっても種類はたくさん。

よく知られている体を動かすヨガ以外にも、実はポーズをとらないヨガもあります。

【ポーズをとらないヨガ】

  • カルマヨガ=行為・奉仕のヨガ
  • バクティヨガ=信愛・献身のヨガ
  • ニャーナヨガ=知識のヨガ
  • ラージャヨガ=瞑想・王のヨガ など

そして、ポーズをとるヨガの中にも、流派や目的によって種類は様々です。

【ポーズをとるヨガ】

  • ハタヨガ=体を動かすヨガの代表的存在
  • ヴィンヤサヨガ=一呼吸一動作で動く
  • リストラティブヨガ=リラクゼーションを重視
  • パワーヨガ=エスササイズ要素が強い など

現在ヨガインストラクターをしている私も、最初はTシャツと短パンでスタジオへ行きました

ちなみに、筆者が最初にデビューしたヨガスタジオは「HOTヨガ」でした。常温のスタジオに比べ、温度、湿度共に高く、軽いサウナのようなイメージです。

汗をかくことも目的の1つとなっているので、クラスが終わる頃には汗びっしょり状態。

その頃はまだヨガウェアもあまり普及しておらず、身近ではなかった為、しばらくTシャツ&短パンスタイルで通っていました。

しかし、今の快適なヨガウェアを知っている状態では、もう元の服装には戻れません(笑)。

このように、たくさん汗をかく「HOTヨガ」、水に濡れる可能性のある「SUPヨガ」「ビーチヨガ」は吸水速乾のものを。

また屋外の場合は、日焼け対策としてUV加工のあるものが望ましいです。

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

「ヴィンヤサヨガ」「パワーヨガ」のように、激しく動くヨガなら服装が乱れにくく、女性はトップスにホールド感のあるものを選ぶと、着崩れが気にならず、動きに集中できるでしょう。

「ラージャヨガ」や「リストラティブヨガ」のように、瞑想やリラックスをメインとしたヨガなら、あまり締め付けのない楽な服装を。

ヨガのクラスによって服装を使い分けると、より快適に、集中してヨガを行なえます。

【ヨガウェアのおすすめ】ヨガウェアを検討中の方必見! どんなヨガにも適した服装を伝授

では、その全てを満たしてくれる便利な服装はないのか?

それがまさにヨガウェアです。

近年のヨガウェアはデザインのみならず、着心地・機能性共に、抜群なアイテムを揃えてます。

有名スポーツメーカーや、身近なUNIQLOやGU、無印良品などからもヨガウェアが販売されています。

また、ヨガウェアだけを作るブランドも数え切れないほど。

その中でも今回は、筆者がおすすめするヨガウェアをご紹介します!

1)ストレッチの効いたレギンスがおすすめ!

筆者撮影

まず、ヨガのポーズをおこなう際、トータルして求められるのは伸縮性

ヨガの種類は様々ですが、基本的にヨガのポーズは開脚や前屈、逆転のポーズをしたりします。

衣服がポーズの邪魔にならないように、またリラックスできるという意味でも伸縮性はとても大切です。

ヨガウェアはほとんどのメーカーが伸縮性のある素材を取り入れていて、その中でもスーパーストレッチ等、更に快適な着心地のヨガウェアもあります

筆者も伸縮性のあるレギンスを愛用しています。

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

画像1: 【ヨガの服装】インストラクターが教えるウェアの選び方&おすすめのアイテム
新作 ヨガウェア レギンス ヨガパンツ 水陸両用 [SPOUT] [202205] ストレッチ UVカット 速乾 サイズ S M L ヨガウエア パンツ 体型カバー ヨガジャーナル フィットネス SUP サップ サップヨ おうちヨガ 家ヨガ
【水陸両用】 【SPOUT】 レディース SUP レギンス [202205] ラッシュガード サップヨガ ヨガウェア ヨギーニ 水着素材で、そのまま水の中に入れるストレッチレギンス。 SUP、サーフィン、ボディーボード、ヨガ、ランニング、ダンス等、あらゆるスポーツにお使い頂けます。 素材は、水着等によく使われる[ライクラ素材]を使用しているため、よく伸び、窮屈感もなく、程よいフィット感です! 素材 ナイロン:80% ポリウレタン:20% ※よく伸びる素材を使用しています。 カラー プルメリア・トロピカルネイビー・アレンジ・ティアレ・タイダイブルー・タイダイブラック・ブーケ・ビューティー・...
¥ 2,600
2020-08-23 3:07

2)吸水速乾性に優れたインナーを選ぼう

HOTヨガ以外のクラスでも、体を動かすことで汗をかきます。

吸水速乾のヨガウェアはどんなに汗をかいても、衣類が重くなったりせず、最初から最後まで快適な着心地で不快感なく集中してヨガをおこなえます。

そして、女性目線で一番重要な点は下着です。

クラス中にトップスがズレたり、ピタッとしたヨガウェアの場合、下着のラインが見えたり、汗をかいた時、下着が透けたりするのも避けたいですよね。

ヨガウェアには伸縮性に優れた速乾吸収のブラトップブラトップ付きのタンクトップ、アウターに響かず見た目も可愛いインナーショーツもあります。

これらは快適かつ、見た目もスマートに着用できるのでとてもおすすめです。

▼おすすめのスポーツブラ

画像2: 【ヨガの服装】インストラクターが教えるウェアの選び方&おすすめのアイテム
新作 ヨガウェア トップス / スポーツブラ / 水陸両用 タンク型 [SPOUT] [202011] ストレッチ UVカット 速乾 サイズ S M L ヨガウエア ブラトップ カップ付き パッド付き フィットネス SUP おうちヨガ 家ヨガ
【水陸両用】 【SPOUT】 レディース SUP スポーツブラ タンク型 [202011] ラッシュガード サップヨガ ヨガウェア ヨギーニ 水着素材で、そのまま水の中に入れるスポーツブラ。 SUP、サーフィン、ボディーボード、ヨガ、ランニング、ダンス等、あらゆるスポーツにお使い頂けます。 素材は、水着等によく使われる[ライクラ素材]を使用しているため、よく伸び、窮屈感もなく、程よいフィット感です! 素材 ナイロン:80% ポリウレタン:20% ※よく伸びる素材を使用しています。 カラー トロピカルネイビー・リーフ・ティアレ・タイダイブラック サイズ S:アンダー約60〜68センチ M:...
¥ 2,400
2020-08-23 3:06

伸縮性&吸水速乾性については、ヨガウェアを選ぶポイントとしておさえておくのがおすすめです!

ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.