ダッチオーブンのシーズニングの正しいやり方や、使用後のお手入れ方法などを解説していきます。屋外でも美味しいお料理が作れるダッチオーブン。手入れが大変と誤解されている方もいますが、慣れてしまえば簡単です。サビなどの困った時の対処方法もお伝えしますので参考になさってください。

【注意事項】ダッチオーブンの手入れについて 洗剤や金属タワシは厳禁!

ダッチオーブンを使った後は、絶対に洗剤で洗ってはいけません

これは、ダッチオーブンになじませた油を取らないようにするためです。

また、金属タワシでゴシゴシこするのもやめてください

一見綺麗になったように見えたとしても、ダッチオーブンに傷をつけていることになり、その後のサビの原因になります

画像10: 筆者撮影

筆者撮影

【お手入れ手順】ダッチオーブンのお手入れ方法5つのステップを解説

それでは、具体的にお手入れの5ステップを見ていきましょう。

(1)料理をダッチオーブンから出したら、キッチンペーパーなどで汚れを拭き取ってください

画像11: 筆者撮影

筆者撮影

(2)お湯を注いで沸騰させましょう

必ずお湯を使ってください

熱いダッチオーブンにいきなり冷たい水をかけると、最悪の場合ダッチオーブンが割れてしまうことがあるからです。

画像12: 筆者撮影

筆者撮影

(3)鍋底に「コゲ」などが付いている場合は、タワシ等で落とします

亀の子タワシか竹製のヘラなどで、焦げや汚れを取りましょう。

画像13: 筆者撮影

筆者撮影

(4)水分をよく拭いてから火にかけて、水分を完全に蒸発させるのが重要です

シーズニングのところでも解説した通り、細かい穴の中の水分をしっかりととばしてください。

画像14: 筆者撮影

筆者撮影

(5)オリーブオイルを全体に塗り火にかけ煙が出るまで加熱しましょう

画像15: 筆者撮影

筆者撮影

フタも同様の工程でお手入れすることで、サビを防ぎましょう。

上記の行程が全て完了したら、自然冷却で冷めるのを待って保管します。

【保管方法】ダッチオーブンのサビ防止に! 湿気対策をして風通しの良いところで保管

ダッチオーブンが十分に冷えたら、保管の作業に移ります。

ダッチオーブンにはサビ防止の目的で油が塗ってありますから、そのまま箱に入れると箱が油で汚れます。

そこで、ダッチオーブンを新聞紙などで包んでから箱に入れるようにしてください。

画像16: 筆者撮影

筆者撮影

新聞紙は、湿気を吸ってくれるという特性もありますから、油が箱につかないだけでなくサビ防止にも効果が期待できます。

本体の中に、丸めた新聞紙を入れて保管するのも良いアイデアです。

画像17: 筆者撮影

筆者撮影

本体に蓋をそのまま置くと、湿気がこもる危険性があります。

本体に割り箸などをおいた上に蓋を載せるなどして隙間をあけ、風通しが良くなるようにしてください。

画像18: 筆者撮影

筆者撮影

保管場所もできるだけ風通しの良い場所を選びましょう。

また、ダッチオーブンは結構重いので、しっかりとした棚などに保管してください。

鋳鉄製のダッチオーブンを落とすとヒビが入ったり、割れたりすることがありますから注意してください。

画像19: 筆者撮影

筆者撮影

This article is a sponsored article by
''.