ウォーターアクティビティの定番といえばカヤック。でも、「カヤックの選び方」、「初心者におすすめの楽しみ方は?」などと気になっている人も多いのでは。そこで、カヤック初心者の筆者が、購入までどのようにカヤックを選んだか、またどのようなカヤックがおすすめか、カヤック「Convertible Elite(コンバーチブル・エリート)」のレビューまで紹介したいと思います。

【カヤックの選び方】カヤック初心者なら購入する前に検討すべきことは? 使用するフィールド・素材など比較ポイントを解説

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

【カヤック購入前の比較その①】使用するフィールドと目的は何か?

カヤックにはホワイトウォーター(川の激流下り)向きや、フラットウォーター向き、海向き、川向きなどあるため、どのようなフィールドでカヤックを楽しみたいかまず考えましょう。また、カヤックで釣りをしたい場合は、釣り用のカヤックもあるため、どのような目的でカヤックを使用したいのかも一緒に考えましょう。

画像: 【カヤック購入前の比較その①】使用するフィールドと目的は何か?

私はホワイトウォーターに憧れていましたが「初心者はやめたほうがよい」とお店の人に言われました。初心者の場合は、まずフラットウォーターで楽しめるカヤックで技術を習得するのがよいでしょう。

【カヤック購入前の比較その②】ゴム素材とプラスチック素材で特徴が違う!

カヤックの素材は大きく分けて、ゴム素材とプラスチック素材の2種類あります。ゴム素材は空気で膨らますインフレータブルのモノで、特徴はコンパクトになること。ただし、空気を入れる準備に時間と手間がかかるというデメリットがあります。

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

プラスチック素材のモノは、フィールドにつくとすぐに遊べる反面、コンパクトにならないため、車にカヤック専用のルーフキャリ―が必要になることや、収納する場所を確保しなければなりません。

【カヤック購入前の比較その③】シングルやタンデム 人数・用途に合わせて選ぼう!

カヤックには1人乗り用(シングル)と2人乗り用(タンデム)があります。我が家は夫婦で行くため、シングルを2つ買うか、タンデムを1つ買うかで検討しました。

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

また、カヤックには、カヤックの中に座るシットインタイプと、カヤックの上に座るシットオンタイプがあります。シットインタイプは水に濡れにくい反面、沈したとき再乗艇が難しい。シットオンタイプは荷物が多く入れやすく再乗艇しやすい点がありますが、水に濡れやすく寒い日は辛い欠点があります。

【初心者におすすめのカヤック】Advanced Elements「Convertible Elite」 コンパクトで海と川両方で楽しめる

我が家が上記検討した結果・・・

フィールド:海と川両方で遊びたい
素材:コンパクトになるインフレータブル
1or2人乗り:タンデム・シットイン

個人的にはシングルが欲しかったのですが、シングル2つ買う予算がなく迷っていたところ、タンデムにもシングルにもなるインフレータブルカヤックを発見。それがAdvanced Elements社の「Convertible Elite」でした。

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

インフレータブルカヤックは丸みがあるものが多いのですが、このカヤックは先端が細長く、ランディングスティックやフィンが付いていて初心者でもまっすぐ進みやすい特徴があり、また、いくつか実際試乗したとき、インフレータブルのものは底がフニャフニャして安定感が無かったのですが、これはインフレータブルSUPにも使われている「Drop Stitch」のフロアー付きで、硬く丈夫で抜群の安定感ありました。

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

色も明るいオレンジで遭難しても目立ちそうな所や、インフレータブルらしからぬフォルムで、見た目がかっこよかった点も購入の決め手になりました。

画像1: カヤックを購入する前に必見! 初心者向けにカヤックの比較・選び方・おすすめ商品までご紹介!
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) カヤック エアフレーム2コンバーチブルポンプ付 コンバーチブル レッドMC-1418
サイズ:全長:(約)458cm 幅:(約)80cm
収納サイズ:(約)95×56×31cm
重量:(約)25kg
カラー:レッド
大型商品
¥97,260
2020-08-17 23:09
サイズ全長:(約)458cm 幅:(約)80cm
収納サイズ(約)95×56×31cm
重量(約)25kg
カラーレッド

This article is a sponsored article by
''.