こんにちは! 最近キャンプ場では夜更かし気味のくにぱぐです。皆さん、シュラフ、マット、コットといった「キャンプで使う寝具」には、かなりこだわりがある方も多いのではないでしょうか? 反面、なぜか疎かにされがちなのがピロー(枕)。今回、このピローの決定版のような良いものをデカトロンで見つけたので、早速紹介します。

関東初上陸のデカトロン 実はピローの品揃えが凄かった!

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

「デカトロン」はフランスに本社のあるスポーツ用品メーカーで、最近日本でも店舗が増えてきました(オンラインショップもあります!)。

メーカー開発の自社ブランドだけでラインナップを充実させているため、初心者向けから上級者向けまでが近しいコンセプトで並んでおり、とても分かりやすい品揃えが特徴です。

アウトドア用品については「QUECHUA (ケシュア)」ブランドで知られていますが、ここだけで一揃えできるぐらいに充実しています。特に私が驚いたのがピロー(枕)のラインナップです。

日本の他のアウトドア用品店に行きますと、シュラフ、コット、マットの異様な品揃えの良さに比較し、ピローの種類の少なさは首を傾げるばかりです。

「枕が変わると眠れない」

という人も少なくない中、なぜピローが軽視されているのかは不思議でした。

しかし デカトロンは数百円〜2500円弱というお手頃な価格帯で、かなり豊富な種類のピローがあるのです。はっきり申し上げて「世のキャンパーはピローだけ探しにメガトロンに行っても損はしない!」と断言できます。

最高の夢が見られる! デカトロン「QUECHUA (ケシュア) キャンプ ピロー・枕 Air Dream」

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

私が今回購入したのは、「QUECHUA (ケシュア) キャンプ ピロー・枕 Air Dream」です。オンラインストア価格は2,490円。

画像1: 【関東初上陸のデカトロン】キャンプで快眠! コスパ最強のライター愛用ピロー(枕)を紹介
QUECHUA (ケシュア) キャンプ ピロー・枕 Air Dream
### QUECHUA (ケシュア) キャンプ ピロー・枕 Air Dream
キャンプでの睡眠に。 

デカトロンのラインナップの中ではこれが一番ハイグレードなピローとなります。とはいえ2500円しないのですから、そこまで高額という感じはしません。

このピロー、店頭でも触れることができます。まず驚いたのが、50×30×12/8cmという大きなサイズです。

これは、ご存じの通り、ユニフレームの焚火テーブルとほぼ同じ大きさ。私が普段自宅で使っている枕と遜色ないサイズ感です。

キャンプ用ピローというと、頭を乗せるのがやっとというサイズのものが多く、それらは決して寝心地がよいとは言えないため、この大きさだけでも驚きでした。

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

当然収納サイズも大きくはなりますが、オートキャンプで積載量に影響が出るようなものではなく、寝心地を優先するならまったく気にはならなりません。

しかも、専用バッグに収納するので、実際の大きさよりもコンパクトな印象があります。

デカトロン「QUECHUA (ケシュア) キャンプ ピロー・枕 Air Dream」の良い点 圧巻のスマートバルブで、あっという間に使える!

次に使用感です。

まず、手触り。化学繊維で織物感を出された手触りはサラサラとしており、ビニール材質のようなものとの差は歴然で、なかなか快適です。直接肌を密着させて寝ても不快感はないでしょう。

そして、最大の驚きは「スマートバルブ」と呼ばれるインフレーター式のエア吸入・排出システムです。

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

スマートバルブとはこのねじ込み式のバルブこと。バルブを開けた瞬間、およそ1秒から2秒で枕の中に空気が満たされます。

「およそ8割膨らむので、あとは口で空気を吹き込んで下さい」

とホームページには書かれていますが、私の感覚的に言うと、バルブを開けただけでかなりパンパンに空気が入ります。あまりにあっという間に膨らむのが驚きだったので、動画にしてみました。

お好みの量の空気が入ったら、スマートバルブを締めればOKです。ねじ込み式なので、圧をかけたら取れるということはありません。

空気を抜く時も簡単です。

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

スマートバルブの中にはこのような弁がついており、これを爪の先などでめくるだけで空気が抜けていきます。

折り畳みながら弁をめくれば、たちまち収納可能なサイズになります。これはかなり感動しますよ。

デカトロン「QUECHUA (ケシュア) キャンプ ピロー・枕 Air Dream」 自宅で使う際の注意点

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

このピロー、実際に寝てみると、そこいらの家具屋で買ってきた5000円クラスのものより寝心地が良いです。

大きさがあることに加え、高さが二段階になっているので、好みの方を使えば、たいがいの人の体型に合うようになっています。

インフレーター式ということもあり、熱が篭りにくいのも大きな特徴でしょう。私は買ってきた当日から、家用のピローとしてもこれを活用しています。とてもよく眠れます。

アウトドア用品でこんなに使い勝手のよいピローが2500円程度で買えるのは驚きの一言です。

注意すべき点としては、カバーがついていないこと。そのまま使っても良さそうな肌触りの良さがありますが、汚れやすい感じもありますので、自分でカバーを用意してやるといいでしょう。

特に普段から使う場合、そうしないと余計な手間がかかると思いますよ。

デカトロンには他にも様々なピローがありますが、どれもかなりしっかりとした作りで、とても寝心地が良さそうです。実際に足を運んで触ってみると、良いものが選べると思いますよ!

デカトロンのバリエーション豊富なピローでキャンプの夜を快適に過ごそう

今回レビューした「QUECHUA (ケシュア) キャンプ ピロー・枕 Air Dream」以外にも、デカトロンでは様々なアウトドア用ピローを販売しています。

オンラインストアで購入可能なものは下記となります。

画像2: 【関東初上陸のデカトロン】キャンプで快眠! コスパ最強のライター愛用ピロー(枕)を紹介
FORCLAZ (フォルクラ) キャンプ・ 登山・ハイキング エアー枕・ピロー
数日間のトレッキングに。快適な眠りをサポート。
画像3: 【関東初上陸のデカトロン】キャンプで快眠! コスパ最強のライター愛用ピロー(枕)を紹介
QUECHUA (ケシュア) キャンプ 枕 コンフォート
キャンプやビバーク時にも快適に眠れる、環境にやさしいキャンプ用枕。
画像4: 【関東初上陸のデカトロン】キャンプで快眠! コスパ最強のライター愛用ピロー(枕)を紹介
QUECHUA (ケシュア) 登山・ハイキング エアピロー(インフレータブル)
キャンプやトレッキングで快適に眠れる枕。

枕一つでキャンプの夜の快適さが大きく変わると言っても過言ではありません。キャンプだから、と諦めず、自分に合う枕を見つけて快適な睡眠を楽しんでくださいね。

▶︎▶︎ キャンプの快適睡眠のアイテムはこちらの記事でも紹介しています!

ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.