ソーラーランタンは、太陽光で充電する照明器具。電源が必要ないので、キャンプやアウトドアだけでなく、停電や災害時にも役立ちます。また、LEDタイプなら消費電力が少なく、寿命が長いなどのメリットも。そこで、日常生活やおうちキャンプでも使えるソーラーLEDランタンのおすすめを6つ紹介します。

ソーラー充電式LEDランタンがひとつあると便利! 災害時用アイテムとして持っておくのもおすすめ!

画像1: 編集部撮影

編集部撮影

ランタンには様々な種類がありますが、太陽光で充電できる「ソーラーLEDランタン」をひとつ持っておくのがおすすめ。

まずはそのメリットをまとめました。

【メリット】

  • 電池や電源は不要
    →昼間に外に出しておけば夜使える!
  • 電池がないので軽量なものが多い
    →コンパクト収納タイプもある!

LEDなのでガス・ガソリンランタンほどの光量はありませんが、テーブル用テント内を照らす用としては大活躍します。

また、日ごろから太陽が当たる場所に保管しておけば、急な停電時にも活躍してくれます。

ここからは、そんなソーラーLEDランタンのおすすめを6つご紹介します!

【おすすめソーラーLEDランタン①】空気でふくらむコンパクトなランタン! スマホ充電も可能で便利

画像1: 【おすすめソーラーLEDランタン】太陽光で発電するのでアウトドアや災害時にも活躍!
MPOWERD エムパワード アウトドア 2.0 Pro 空気でふくらむ LED ソーラーライト でんでんショッピング Pモール店 - 通販 - PayPayモール
でんでんショッピング Pモール店 | MPOWERD エムパワード アウトドア 2.0 Pro 空気でふくらむ LED ソーラーライト

MPOWERD(エムパワード) アウトドア 2.0 Proは、空気で膨らむタイプのソーラーLEDランタン。折りたたんでコンパクトに持ち運べます。

弱・中・強・点滅の4種類の点灯モードがあり、用途やシーンに合わせて使い分けられるのもうれしいポイント。

ハピキャン編集部員も使っていて、軽量で持ち運びもラク&光量4段階調節で使いやすいそう。

収納時は高さ3.8cmとペタンコに、使用時は空気で簡単にふくらみます。

画像: 編集部撮影 収納時はこんな感じ

編集部撮影
収納時はこんな感じ

内蔵バッテリーの容量は2,000mAhで、最大50時間連続で点灯。

USBポートを備えており、いざというときに、スマートフォンやデジタルカメラなどへの充電も可能です。

画像: 編集部撮影 上部にある突起がUSB接続部分です

編集部撮影
上部にある突起がUSB接続部分です

【スペック】

  • 重量:約156g
  • サイズ:直径127×高さ108mm(折りたたみ時は高さ38mm)
  • 連続点灯時間:最大50時間
  • 光量:最大150ルーメン

【おすすめソーラーLEDランタン②】ぺったんこになる超軽量ソーラーLEDランタン! 持ち運びも便利

画像2: 【おすすめソーラーLEDランタン】太陽光で発電するのでアウトドアや災害時にも活躍!
キャリー・ザ・サン ウォームライト ミディアム ホワイト 24002 ランタン 折りたたみ ニッチ・リッチ・キャッチ - 通販 - PayPayモール
ニッチ・リッチ・キャッチ | キャリー・ザ・サン ウォームライト ミディアム ホワイト 24002 ランタン 折りたたみ

CARRY THE SUN(キャリー・ザ・サン)のソーラーランタンは、折りたたむと1.2cmとぺったんこに!

薄型のスリムなサイズにまとまるので、持ち運びや収納に便利。

サイズはミディアム、スモールの2種類、ライトはウォーム系またはクール系、ベルトカラーはホワイト、オレンジ、ブラックのバリエーションから選べます。

重量はミディアムサイズで86gと軽量

スクエアフォルムがキュートなので、たくさん並べて飾っても◎。イベントやパーティーなどのデコレーションにもおすすめです。

【ミディアムサイズのスペック】

  • 重量:86g
  • サイズ:110×110×110mm(折りたたみ時は210×110×12mm)
  • 連続点灯時間:最大72時間(弱モード時)
  • 光量:最大100ルーメン

【スモールサイズのスペック】

  • 重量: 57g
  • サイズ:88×88×88mm(折りたたみ時は170×85×15mm)
  • 連続点灯時間:最大15時間(弱モード時)
  • 光量:最大30ルーメン
ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.