キャンプサイトを彩るキャンプギア。武骨な男前ギアや軍モノギアなど、いろいろなテイストのギアがある中でもウッド系のギアは、自然と調和し優しい雰囲気を作り出してくれるのでとても人気ですね。アウトドア用の木製チェアは、海外製の高価なものが代表格として有名ですが、そのチェアに瓜二つなのに比較的安価なものが出始めています。中でも、筆者所有のハイランダーとフィールドアの2メーカーのチェアを比較してみたいと思います。

【ハイランダー&フィールドア比較⑦:その他】肘掛けや足の保護キャップなど細かい部分もチェック! 

『ハイランダー』『フィールドア』、ふたつの木製チェアを実際に使ってみて気付いた細かいディテールについてお話します!

画像21: 筆者撮影

筆者撮影

まず、肘掛けの感じです。写真右がハイランダー、左がフィールドアです。

色味や質感などの見た目にも差がありますが、実際に肘掛けを使ってみると、ハイランダーの方が滑らかです。

フィールドアのほうは、ハイランダーより角の部分の面取りが少し甘いようで、ちょっと痛いです。あくまで「比較してみると……」という比較結果なので、「すごく気になる!」というほどではありません。

画像22: 筆者撮影

筆者撮影

写真を見ると、若干ハイランダーの方が肘掛けの角度が上向きになっています。こちらは好みによりますね。

また、今メインで販売されているハイランダーの新仕様製品は、◆背面裏側に本などが収納できるメッシュポケットとシェラカップなどを引っ掛けておけるようなDカンがついています。

筆者所有のものは旧仕様のものなので付いていないのですが、格段に使い勝手が良くなっていますね。

筆者撮影

足の保護キャップはどちらにも標準で付属しています。

このキャップによりフローリングに傷がつく心配がなく、室内でも使うことができます。

【ハイランダー&フィールドア比較:結論】安心感を求めるならハイランダー コスパならフィールドア

ここまでハイランダーの『ウッドフレーム』とフィールドアの『クラシックチェア』を徹底比較してきました!

結果、ハイランダーの木製チェアの方が若干お高いですが、金具の仕様の差かなと思います。そのほかの大きな違いは筆者は見つけられませんでした。

結論としては、「とにかくリーズナブルにキャンプギアを揃えたい!」とお考えならば、フィールドアがおすすめです。また、耐荷重はフィールドアの方に軍配が上がるので、体が大きめな方はフィールドアの方がいいですね。

キャンプシーンでは椅子を何度も移動することも考えられるので、「金具が外れにくく、安心感があった方がいい!」と考えるのであれば、ハイランダーの方をおすすめします。

どちらのチェアを揃えても、キャンプサイトがぐっとおしゃれな雰囲気になります。ぜひ木製チェア選びの参考にしてみてくださいね。

画像3: ハイランダーのウッドフレームチェアとフィールドアのクラシックチェアを徹底比較!
ウッドフレームチェア コットン(新仕様)
安定感抜群のウッドフレームチェア!
パーツがばらせるのでコンパクトに収納でき持ち運びも簡単
流行りのロースタイルキャンプにもおススメ。
商品詳細
・フレーム材質:ブナ
・生地:コットン
・サイズ:55×53×63cm
・収納サイズ:57×13×11cm
・座面高:約31cm
・重さ:3.3kg
・耐荷重:80kg
製品の性質上、フレーム、アームレストにどうしても小さな傷や金具部分にはバリがある可能性がございます。あらかじめご了承ください。
画像4: ハイランダーのウッドフレームチェアとフィールドアのクラシックチェアを徹底比較!
FIELDOOR クラシックチェア 【カーキ】 木製 × コットン ローチェア コンパクト収納 脚キャップ 収納バッグ付 耐荷重100kg アウトドア キャンプ
サイズ 使用時 : (約)54.5cm×61cm×66cm 折りたたみ時 : (約)63cm×12cm×15cm
材質 キャンバス(コットン) / 天然木(ブナ材) 他
重量 (約)3.65kg 耐荷重 100kg
付属品 チェア本体 / キャップ / 収納バッグ / 取扱説明書(日本語)
製品の性質上、木製フレームにムラや小さな傷が入っている可能性がございます。 ※商品は、モニターによって色合いが異なって見える場合があります。 ※仕様・デザインは改良のため予告なく変更することがあります。
¥7,250
2020-07-17 14:46

ハイランダーやフィールドア以外にもおすすめチェアを紹介中 キャンプでも自宅でも快適な生活を!

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.