家庭でできる伝統的な遊びのひとつに「折り紙」があります。紙を折る動作は3歳ぐらいの子供でも充分に楽しめる上に、指先を使う練習にもなります。そのため、子供だけでなく大人の老化防止にも有効なんだとか。今回は子供と作れるものと親が作ると子供に尊敬される?!かもしれない上級者向けの折り紙をご紹介します。さらに!...実はファミリーキャンプにももってこいの遊びなんです。

折り紙3:動く鶴「パタパタ鶴」 は実は簡単! 定番のつるの折り方を少し応用するだけで作れちゃう

「パタパタ鶴」の折り方

画像3: illustration by イワモトマイコ

illustration by イワモトマイコ

①点線で三角に折ります。

②さらに半分のサイズの三角に折ります。

③上を開くように折り紙を広げ下につぶすように折ります。

④裏表をひっくり返して、もう一度同じように折ります。

⑤点線の位置に折り目をつけてから、上に開くように広げ、左右を折りたたみます。

⑥裏表をひっくり返して、もう一度同じように折ります。

⑦中を引き出して左右とも点線で折ります。

⑧片側のみ点線で折り、顔の部分を作って完成です。

※星印の部分を持って尾を後ろに引いたり戻したりすると羽がパタパタと動きます。

「パタパタ鶴」のポイント

画像: 筆者撮影 パタパタ鶴を動かすときの持ち方

筆者撮影 パタパタ鶴を動かすときの持ち方

⑥までの工程は定番の鶴と同じ折り方です。紙質がかたいものだと尾を引っ張ると破れてしまうかもしれません。羽が動きにくい場合は、羽を前向きに広げるようにして軽く折るとパタパタしやすくなります。

折り紙4:器にもなる「蓮の花」の折り方 簡単な折り紙や定番の鶴に飽きてしまった上級者さんにおすすめ

「蓮の花」の折り方

画像4: illustration by イワモトマイコ

illustration by イワモトマイコ

①点線部分にあらかじめ折り目をつけておき、四角に折り畳みます。

②さらに点線で四角に折りたたみます。

③裏返して点線で四角に畳みます。表と裏の紙の重なりが図のようになっていたらOKです。

画像: 筆者撮影 残り1ヶ所折りこめば手順④は終り

筆者撮影 残り1ヶ所折りこめば手順④は終り

④表側を点線で折ります。

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

⑤裏側を向けてひっくり返して立ち上がるように4ヵ所すべてめくっていきます。

画像: 筆者撮影 ⑥完成まで一歩手前

筆者撮影 ⑥完成まで一歩手前

⑥さらに裏側を広げるように4ヵ所めくっていけば完成!

「蓮の花」のポイント

画像: 筆者撮影 花の中心を折り上げるアレンジ

筆者撮影 花の中心を折り上げるアレンジ

かなり折りたたむので、大きめの折り紙だと折りやすくなります。⑤と⑥の部分は急いでやろうとすると破れてしまいますので、ゆっくりと力加減を調整しながらしていきます。

コツさえつかめばサッと作れます。見た目がとてもきれいなので、子供だけでなく大人の方にも喜ばれることが多い折り紙です。花の中心に小物をおくこともできますよ。

動く鶴「パタパタ鶴」など親子で楽しめる折り方をご紹介! 折り紙は雨の日のファミリーキャンプにもおすすめ◎

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

おうち時間はもちろん、キャンプ場での突然の雨などでテントから出られない時は、小道具いらずで気軽に取り組める折り紙遊びがもってこいです。また、晴れの日のキャンプでも折り紙を使って自然のなかにある「折り紙と同じ色探し」の道具としても楽しめます。

緑や黄色、茶色は比較的見つかりやすいですが、青色がむずかしい…!フィールドワークにも使える折り紙。ファミリーキャンプにも持参しましょう。

折り紙以外にもファミリーキャンプにおすすめな遊びをご紹介中

This article is a sponsored article by
''.