夏はきゅうりのおいしい季節ですね。水分たっぷりのきゅうりは体にこもった熱を冷やしてくれ、夏バテ予防に効果的!今回はきゅうりと相性の良い塩昆布やツナ、ちくわなどを使った、絶品やみつきレシピを5つご紹介します。

やみつき夏レシピ①きゅうりとトマトの塩昆布和え

画像: やみつき夏レシピ①きゅうりとトマトの塩昆布和え

きゅうりとトマトの塩昆布和えは、簡単に作れて彩り鮮やかな一品。きゅうりとトマトのみずみずしさを味わえるレシピです。

きゅうりとトマトの塩昆布和えの材料

・きゅうり 1本
・プチトマト 8-10個(またはトマト 1個)
・塩 ひとつまみ
・塩昆布 15g
・ごま油 小さじ2分の1

きゅうりとトマトの塩昆布和えの作り方

1.きゅうりは縦半分に切り、5㎜幅程度の斜め切りにする。プチトマトは半分にカットする。トマトの場合は一口大にカットする。

2.きゅうりに塩をもみ込み、しんなりしてきたら軽く水洗いし、キッチンペーパーで水気をよく拭き取る。

画像: きゅうりとトマトの塩昆布和えの作り方

3.きゅうりとトマトに塩昆布とごま油を和えたら完成!

味付けは塩昆布とごま油だけでOK!塩昆布の塩気と旨みに加えて、ごま油の香ばしい風味がやみつきになります。きゅうりを塩もみする際は、たくさん塩を入れるとしょっぱくなってしまうので、ひとつまみで充分です。また、しょっぱくならないよう、軽く水洗いするのもポイント。ちょうどいい塩気にすることで、家飲みやオンライン飲み会のおつまみにもぴったりです!

塩昆布は、野菜やお肉と混ぜるだけで味が決まるのでおすすめです。

画像1: 【夏レシピ】きゅうりと相性抜群の塩昆布、ツナ、ちくわなどを使った絶品やみつきレシピをご紹介!
くらこん 塩こんぶ 150g
原材料:昆布(北海道産)、醤油(大豆・小麦を含む)、食塩、たんぱく加水分解物(大豆を含む)、甘味料(ソルビトール、甘草)、調味料(アミノ酸等)、カラメル色素、増粘多糖類
商品サイズ(高さx奥行x幅):26cm×16cm×2.7cm
¥486
2020-05-19 15:51

やみつき夏レシピ②きゅうりとちくわのカレーマヨ炒め

画像: やみつき夏レシピ②きゅうりとちくわのカレーマヨ炒め

きゅうりとちくわを、カレー粉とマヨネーズで炒め、子どもも好きな味付けにしました。カレーのスパイシーな匂いが食欲そそる、やみつきレシピです。

ちくわときゅうりのカレーマヨ炒めの材料

・きゅうり 1本
・ちくわ 2-3本
・塩こしょう 少々
・マヨネーズ 大さじ1
・カレー粉 大さじ2分の1

ちくわときゅうりのカレーマヨ炒めの作り方

1.ちくわときゅうりを約5㎜幅の斜め切りにする。

画像: ちくわときゅうりのカレーマヨ炒めの作り方

2.フライパンに中火で油を熱し、ちくわときゅうり、塩こしょうを入れて炒める。

3.ちくわに焼き目がつき、きゅうりがしんなりしてきたら、弱火にしてマヨネーズを入れて全体に絡める。

4.カレー粉を全体にまんべんなく振りかけ、軽く炒めたら完成!

さっと炒めるだけなので、とても簡単!ちくわはしっかり焼き目がついているほうが、香ばしくておいしいです。カレー粉は焦げやすいので、弱火にするのを忘れないようにしましょう。

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.