夜釣りには必須アイテムの『ヘッドライト』。頭に装着することで両手がフリーになり、暗闇でも手元を明るく照らしながら作業することができます。ただ、ヘッドライトの種類がたくさんありすぎて、「どのライトがいいんだろう……」と悩んでしまいますよね。そこで今回は、夜釣りにおすすめのヘッドライトを、その特徴とともにご紹介していきます。ぜひヘッドライト選びの際の参考にしてくださいね。

夜釣りには必須アイテムである『ヘッドライト』自分にぴったりなものを選ぼう

画像1: 123RF

123RF

夜釣りの際に欠かせないのが『ヘッドライト』です。コスパやスペック、デザインなどこだわりポイントは人それぞれだと思いますが、満足のいくヘッドライト選びをしたいもの。

コスパ重視・機能性・重量・デザイン性の4つに分けて、おすすめのヘッドライトをご紹介していきます。

その1:コスパ抜群のヘッドライトを探している人におすすめ! お手頃価格の明るいヘッドライト

GENTOS(ジェントス) CP-095D

画像1: 夜釣りで大活躍するおすすめのヘッドライト4選と使う時に押さえておきたい注意点
GENTOS(ジェントス) LED ヘッドライト 小型 【明るさ95ルーメン/実用点灯7.5時間/赤色サブLED】 単3形電池1本使用 CP-095D 登山/釣り ANSI規格準拠
サイズ:約幅60×奥行41×高さ31mm / 本体重量:約65g(電池含む)
最大照射距離:約55m
素材・材質:PC(ポリカーボネート) /原産国:中国
セット内容・付属品:本体、ヘッドバンド、テスト用電池(単3形アルカリ電池×1本) /使用電池:単3形アルカリ電池×1本
明るさ:High/95ルーメン、Eco/20ルーメン、赤色LED/1ルーメン
使用光源:高輝度チップタイプ白色LED×1灯、5mm赤色LED×1灯
実用点灯(約):High/7.5時間、Eco/20時間、赤色LED/65時間
機能:1m落下耐久、耐塵・防滴(IP64準拠)
¥1,280
2020-05-12 15:52

ライトメーカーの中でも、ヘッドライトや懐中電灯、工事現場用のライトで圧倒的なシェアを誇っているのが『GENTOS』というブランドです。

『GENTOS』の中でも、手ごろなお値段でコスパが良く、夜釣りにおすすめのヘッドライトは『CP-095D』という商品。

明るさは95ルーメンと手元で作業する際の明るさには全く問題ありません。また、照射距離は55mあるので、暗闇の中歩く足元を明るく照らすのはもちろん、歩きながら先の路面状況の確認ができるのでおすすめですよ。

その2:防水・防塵性を求めている人はコレ! 優れた防水規格のヘッドライトで安心の夜釣りを

Black Diamond(ブラックダイヤモンド) ストーム375

画像2: 夜釣りで大活躍するおすすめのヘッドライト4選と使う時に押さえておきたい注意点
Black Diamond(ブラックダイヤモンド) ストーム 375ルーメン BD81090【日本正規品】 (オクタン)
【カラー】ブラック、グラファイト、サンド、ダークオリーブ、オクタン、アズール
【総重量】120g/【全光束】375ルーメン
【電池】単4アルカリ×4本(付属)
【照射距離】100~9m(高~低照度)
【電池寿命】310時間(低照度)/【防水等級】IP67
¥4,840
2020-05-12 15:53

ヘッドライトを購入する際に、「確実な防水性・防塵性が欲しい!」という方におすすめなのは、有名ブランド『Black Diamond』の『ストーム375』です。このヘッドライトは、Black Diamondが販売しているものの中でも、最上位のヘッドライトなんですよ。

375ルーメンというと、真っ暗な状況の中で作業したり、歩いたりするには全く問題のない明るさ。さらに、照射距離は高照度45m、低照度9mと明かりが全くない道を歩くときでも安心できる照射距離なんです。

また、IP67という防水規格で、水深1mで30分水没させても正常に作動するので、夜釣りで水しぶきを浴びるような場所での使用も問題ありません。

バッテリー残量は6段階表示されるため、使うたびにバッテリー残量の確認ができるのも嬉しいポイントですね。いざ使おうとしたときに「バッテリー切れ」を防ぐことができますよ。

お値段はややお高めですが、明るさはもちろん、高い防水・防塵性を求めている人におすすめです。

ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.