こんにちは!キャンプ大好きシンガーソングライターの福富まいです。お家時間が増え、大好きなキャンプにもなかなか行けない日々がつづいている・・・そんなみなさんに、今回はご自宅でも簡単に燻製料理が作れてお家時間を楽しくしてくれるアイテム、SOTO「スモークポットCoro」についてご紹介させていただきます。燻製初心者の私でも、簡単に燻製ができちゃいました!

SOTOの燻製鍋「スモークポットCoro」4つのおすすめポイント 初心者でも手軽に燻製料理を楽しめる

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

お家でも簡単に使用できる燻製機、SOTO「スモークポットCoro」のおすすめポイントをご紹介いたします。

・SOTO(ソト) スモークポットCoro(コロ)

セット内容:フタ、温度計、金網、鍋本

1.スモークポットなら煙の心配をせずに自宅で気軽に燻製料理を楽しめる

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

一般的な燻製機に比べ密閉性が高い作りなので、自宅の換気扇があれば煙の心配なしに燻製ができるんです。

さらに陶器製なので食材に熱をしっかり伝えつつ、滞留する煙であっという間に燻製が仕上がるのも嬉しい!

2.SOTO「スモークポットCoro」は見た目が可愛い燻製鍋

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

なんと言ってもこのコロッとした丸い形が可愛い!燻製機とは思えないコンパクトさでお家での収納にも便利ですよね。

置いておくだけでも可愛い「スモークポットCoro」は、つばき、うぐいす、藍と可愛い3色のカラーバリエーション。私はつばき色を愛用中です!可愛いデザインなので、贈り物にも喜ばれそう!

3.説明書付き&シンプルな手順で、燻製初心者でも簡単!

イラスト付きの説明書が付属されているので、燻製初心者の私でも失敗することなく、安全にチャレンジできました!手順も少ないため、気軽に燻製ができます。

4. SOTO「スモークポットCoro」は洗えるからお手入れ楽々!

付属の温度計以外は、普通のお鍋と同じように洗えちゃうので、お手入れがとっても楽チンなんです!陶器製品なので、キャンプ時の持ち運びには注意が必要です!

画像1: 【おうちキャンプ】手軽な燻製レシピ SOTOの燻製鍋「スモークポット Coro」を使用
ソト(SOTO) スモークポットCoro(コロ) つばき ST-126TB
原産国:日本(美濃焼)
本体サイズ:幅23×奥行23×高さ16.5cm
本体重量:1.56kg
材質:鍋本体=耐熱陶器、フタ=磁器、金網=鉄(クロ-ムメッキ)
容量:1200ml
付属品:温度計、オリジナルレシピ集
¥4,500
2020-04-28 22:43

初心者の筆者がおうちキャンプで燻製料理に挑戦 SOTO「スモークポットCoro」を使用する際に必要な物

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

SOTOスモークポットCoro(コロ)を使用して、燻製初心者の私が実際にお家キャンプしてみました。

用意するもの

  • ご自宅のガスコンロまたはレギュレーターストーブ
  • お好きな食材(今回は、たこ、ほたて、チョリソー、カマンベールチーズ、ベーコン、ゆで卵)ゆで卵は、味付けのため食塩水につけておくとおすすめ!
  • 包丁、まな板、お皿
  • 換気扇または良く換気のできるお部屋
  • 燻製チップ(今回はお肉にもお魚にもよく合うポピュラータイプのヒッコリーを使用しました)

SOTOの燻製チップは種類が豊富でおすすめ 香りが異なり相性があるので食材によって使い分けよう

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

他にも色々な燻製チップの種類があるので、燻製したい食材によって使い分けてみましょう。

SOTO燻製チップの種類

  • さくら:香りが強めでお肉との相性が良い。他のチップとブレンドすることで朝かな類にも合います。
  • りんご:甘くマイルドな香り。鶏肉や白身魚との相性が良い。
  • くるみ:上品な味わいに。オールマイティーに使用できます。
  • ヒッコリー:香りもよくお肉にもお魚にもよく合うポピュラータイプ
  • なら:お魚との相性が良い。色付きがよく初心者向けです。
  • ブレンド:広葉樹のブレンドチップ。全ての食材に使用できます。
  • ウイスキーオーク:洋酒が染み込んだ樽が燻製材になっていて、鶏肉や白身魚との相性が良いです。

・SOTO スモークチップ ヒッコリー

画像2: 【おうちキャンプ】手軽な燻製レシピ SOTOの燻製鍋「スモークポット Coro」を使用
ソト(SOTO) スモークチップス ヒッコリー(オニグルミ) 500g ST-1314
寸法:210x330mm
内容量:1.7L(500g)
¥396
2020-04-28 22:47
ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.