燻製ってやってみたいけど道具が大変そう・・・手間がかかる、難しそうなんて思っていませんか?実はダンボールと網、スモークウッドがあれば、後はほっとくだけで美味しい燻製が簡単にできちゃいます。今回はおうちキャンプやベランピングでも楽しめる「ダンボールを使った燻製の作り方」をご紹介します。ダンボール燻製は「おぎやはぎのハピキャン」でも挑戦してましたね!

【ダンボール燻製器とは】安価で作りからが簡単! さらに燻製の3つの種類も知っておこう!

画像1: (筆者撮影)

(筆者撮影)

燻製の種類:冷燻 温燻 熱燻(※ダンボール燻製器は温燻)

燻製は温度と時間で大きく三種類に分かれます。

・冷燻(20℃以下で数日)・温燻(60℃~80℃で数時間)・熱燻(80℃以上で10分)

ダンボールスモーカーでは扱える温度により温燻を作ります。ポイントをおさえればほっとくだけで出来上がるので初心者の方でも楽に作れますよ。

初心者におすすめ! ダンボール燻製器は作り方が簡単で安価

ダンボールスモーカーを作るのに必要なのはダンボールと網と割りばし、アルミ皿とガムテープですので高価な燻製器を揃える必要はありません。また、ダンボールは性質上燻製の大敵である結露による水分を吸収してくれます。それになんといっても荷物にならず片付けも簡単、初心者にも優しいですね。

燻製を作る上でおすすめの食材、そして下準備の方法をご紹介! 水分が少ない食材は初心者でも簡単にできる

画像2: (筆者撮影)

(筆者撮影)

燻製を美味しく仕上げるには食材の水分を飛ばすことがポイントです。燻製中に食材に水分がつくと酸化して酸っぱくなっちゃいます。ならば元々水分の少ないものを選べばいいですね。チーズやちくわ、はんぺん等の練り物、ベーコンやウインナー、ポテトチップスやナッツなどが代表的な食材です。

水分の飛ばし方は、日陰で風通しのいいところ(設営後のタープ下なんかがベスト)でドライネットに入れて30分~1時間くらい吊るして置いたり、前日から準備するなら、ラップをかけずに一晩冷蔵庫に入れておくという方法もありです。暑い時期には食材が腐る心配があるので、腐りやすいものは避けましょう。

燻製料理で準備するものを解説! ダンボール燻製器・スモークチップ・食材の3つだけで初心者でも簡単にできる

初心者でも簡単に燻製が楽しめる市販のダンボール燻製アイテムがありますので、早速、試してみました。

市販のものを使ったダンボール燻製に必要なものは以下の3点!

・食材
・ダンボールスモーカー(ダンボール、網、アルミ皿、網の固定具)
・燻製材(スモークウッド)

今回ダンボールスモーカーはダイソーの「簡単ダンボールスモーカー」を使用します。

画像3: (筆者撮影)

(筆者撮影)

ダイソーがSOTOブランドで有名な新富士バーナーと協力して販売している優れものです。

画像4: (筆者撮影)

(筆者撮影)

本体と網、アルミ皿に押さえ用のシールが揃っていて300円(税抜き)というお買い得品です。

画像5: (筆者撮影)

(筆者撮影)

燻製材にはそれ自体を燃やすスモークウッドと熱源で炙るスモークチップがあります。
ダンボールスモーカーは安全面を考慮して熱源を必要としないスモークウッドを使います。

画像6: (筆者撮影)

(筆者撮影)

ウッドやチップにも肉に合うもの魚に合うもの等色々な香りの種類があります。さくら、ヒッコリーはオールラウンドに適していますので、今回はさくらを使います。

SOTO(ソト) スモークウッド さくら

今回使用するのはSOTOブランド(新富士バーナー)のスモークウッドです。三分割されているので使いやすいですよ。

画像1: 【燻製の作り方】ダンボール燻製器で簡単燻製料理 ダンボールは市販でも自作でもOK
SOTO(ソト) スモークウッド さくら
お庭で簡単スモーク!新鮮な国産原木のみを使用の燻煙材。薬品無添加で自然のままの香りをお届けします。
熱源がいらない温燻タイプのスモークウッドなので、簡単・お手軽に燻製が出来ちゃいます♪
燻煙時間は1~2時間なので、お庭のお手入れ前に仕込みをすれば、キレイなお庭を眺めながらビール片手においしい燻製なんてことも。
寸法:50mm×25mm×100mm(×3個)、重量:80g×3個
燻煙時間:約90分(1カット) 3個の断面を連結させて置けば連続約5時間の燻煙が可能 ※燻煙時間は使用状況により異なります。
¥499
2020-04-23 22:08

This article is a sponsored article by
''.