ロードバイクを買いたい!けど、まだ知識がなくて何を基準にどのようなものを購入すればいいのかイマイチわからない!という方も多いかと思います。バイク(自転車)の中でも、特にロードバイクは専門性の高い知識が時には必要となりますし、価格も高額となるためすぐには手が出ませんよね。よく知らずに買って後悔することのないよう、購入前に基礎知識を深めておきましょう。

<超基本> そもそもロードバイクって何なのか教えます!  間違えやすいクロスバイクとの違いも解説!

ロードバイクを購入するなら、まずはロードバイクが何者なのかしっかり理解しておきましょう。似ている自転車としてよく例えられるクロスバイクと比較してみます。

ロードバイクの特徴

舗装路用として「長距離&高速走行に特化している」ことがロードバイク最大の特徴です。車体が軽量で、地面との摩擦を減らすためタイヤが細くなっていたり、空気抵抗が少ない前傾姿勢になるようにドロップハンドルになっています。

その反面、停止を繰り返したり、低速で走ることの多い街中では乗りにくい自転車ともいえます。

画像: ロードバイク イメージ写真

ロードバイク イメージ写真

クロスバイクの特徴

ロードバイクほどでなく適度な前傾姿勢を取り、フラットなハンドル、ママチャリに近いタイヤ幅とクッション性もあり、街乗りに適した「オールラウンダー」であることがクロスバイクの特徴です。比較的軽量で走行性能も高く、様々なシーンで幅広く活用できます。

画像: クロスバイク イメージ写真

クロスバイク イメージ写真

両者の違いを大きくまとめると、ロードバイクは競技や趣味性が強く、クロスバイクはスイスイ走れる実用性の高い自転車であるということです。

ママチャリよりもスイスイ走りたいけど、日常でもガンガン使いたいという方はロードバイクよりもむしろクロスバイク向きかもしれません。

「ロードバイク買ったけど、全然乗らなくなった」という悲劇にならないようもう一度用途や目的を見つめ直してみましょう

<ロードバイク購入方法> 選択肢は完成車orオーダー車の2パターン 初心者は前者の完成版がおすすめ!

画像: <ロードバイク購入方法> 選択肢は完成車orオーダー車の2パターン 初心者は前者の完成版がおすすめ!

ロードバイクを購入する方法は、パーツが全て揃った完成車を買うか、パーツごとにカスタマイズするオーダー車を買うかの二択です。

オーダー車は各パーツを自分好みにカスタマイズできる魅力がありますが、初心者は完成車がおすすめです。完成車はセットになっているため安く購入できますし、そもそも初めて買う人がいきなり高度な知識を求められるカスタマイズは無理がありますよね。

オーダー車は慣れてきて2台目が欲しくなったら検討してみましょう。

<フレーム素材選び> ロードバイクはアルミ・カーボン・クロモリの3種類が主流! 初心者はアルミ製が◎

画像: <フレーム素材選び> ロードバイクはアルミ・カーボン・クロモリの3種類が主流! 初心者はアルミ製が◎

自転車においてフレームは、いわゆる車体のことで骨組みとなる重要なパーツですね。この素材が重いのか軽いのかによっては車重そのものを左右するといっても過言ではありません。

そこでフレーム素材に注目してみましょう。現在、ロードバイクにおいて主流となるのが「クロモリ」「アルミニウム」「カーボン」の3つです。それぞれの特徴を解説していきます。

※一部のメーカーからは「チタンフレーム」のロードバイクも販売されていますが、その特性上、加工がしずらく素材自体も高価なためオーダーメイドで生産しているという状況です。そこで今回の候補から外しています。

【アルミ】
安価で比較的軽量であるため、エントリーにおすすめです。硬い素材なので乗り心地のしなやかさは劣りますが、反応性がよく初心者に扱いやすい素材です。

【カーボン】
炭素繊維からなる素材で、アルミよりも軽量で振動の吸収性が高いことが特徴。その反面、耐久性が低かったり、高コストであることがデメリットです。

【クロモリ】
鉄ベースの合金であり、しなやかで乗り心地が良いとされています。ただし、重いという軽量さが売りのロードバイクにとって大きなデメリットがあります。

ちなみに、フレームが細くクラシックなデザイン性を好むファンが多い素材でもあります。

初心者におすすめなのはやはり安価で比較的軽量な「アルミ」でしょう。予算が許せばさらに軽量のカーボンがいいでしょう。

ただし、趣味で乗ることの多いロードバイク、見た目の好みも大事ですので、クラシカルなクロモリのフレームに惚れ込んだらそれも正解と言えます。

ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.