アウトドアワゴンという便利グッズをご存じでしょうか。キャンプをする方なら誰もが知っているほど有名ですが、実はキャンプ以外でも大活躍の万能アイテムでもあります。今回は数ある中でも大人気の「コールマン・アウトドアワゴン」について、実際にキャンプや日常で使用する筆者がレビューします。購入を検討されている方に耳寄りな情報が満載ですので、是非チェックしてみて下さい。

アウトドアワゴンとは? 使用用途はキャンプだけじゃもったいない! 日常からスポーツまで幅広く大活躍

画像: 筆者撮影 コールマンのアウトドアワゴン

筆者撮影 コールマンのアウトドアワゴン

キャンプ道具は大きく重いため、持ち運びには向いていないアイテムが多くあります。そこで便利なのがアウトドアワゴンです。

アウトドアワゴンとは車輪付きの荷物運び用のカートであり、重い荷物も楽々運ぶことが出来ます。使用用途はキャンプではもちろん大活躍ですが、日常生活でも様々なシーンで活躍してくれます。

特にマンションに住んでいる方は大きかったり重い荷物を下まで運搬したり、逆に外から運び入れる際にも重宝します。我が家では家のゴミがたまった時にアウトドアワゴンで一気に運んでいます。何度も往復する手間が省けてとても便利です。

他にも例えば、野外での部活などでスポーツ用品を大量に運ぶことも出来ます。

このように様々なシーンでの荷物運搬に大活躍のアウトドアワゴンですが、今回は数ある種類の中でも大人気のコールマンのアウトドアワゴンについてレビューしていきます。

コールマン アウトドアワゴン

画像1: 【レビュー】コールマン・アウトドアワゴンはキャンプでも日常でも大活躍の万能アイテム!
コールマン(Coleman) アウトドアワゴン 2000021989
生産国:中国
サイズ:使用時/約106×53×100(h)cm、収納時/約18×40×77(h)cm、荷台/約88×42×31(h)cm
重量:約11kg
材質:スチール、他
耐荷重:約100kg
付属品:フック付ラバーバンド、収納ケース
¥8,172
2020-05-19 16:54

【製品情報】
●使用時サイズ:約1,060×530×1000(h)mm 

●収納時サイズ:約180×400×770(h)mm

●荷台サイズ:約880×420×310(h)mm

● 重量:約11kg 
●耐荷重:約100kg 
●付属 品:フック付きラバーバンド、収納ケース

【使って実感!】コールマン・アウトドアワゴンの4つのメリット!

【その1】大容量&耐荷重100kgの安心感!

画像: 筆者撮影

筆者撮影

荷物を運ぶためのアウトドアワゴンですから、まず気になるのはその容量と耐荷重でしょう。サイズは約1,060×530×1000(h)mmとなっており、テントやテーブル、イス、シュラフなど大型の道具でも十分収容できるサイズです。

我が家のキャンプ準備ではアウトドアワゴンで2回も往復すれば荷物の運搬は完了出来てしまいます。アウトドアワゴン無しで運んでいたら少なくとも5~6回は往復が必要になるので、その効果は絶大です。

戸建て住まいの方などキャンプ用品と車が近い場合はまだしも、アパートやマンション住まいの方にとっては1回でも往復回数は減らしたいですよね。

また、約100kgまでの耐荷重を持っており、どんなに入れても100kgを超えることは滅多にありませんので、実質重さを気にせずガンガン積み込めます。我が家の約16kgもあるテントも楽々運べるので、最初に使った時の感動は忘れられません。

【その2】コンパクトに収納できる!しかも収納時に自立可能!

画像: 筆者撮影 自立した収納時の様子

筆者撮影 自立した収納時の様子

キャンプ用品を揃えていくと誰しも悩むのが「収納」ですよね。アウトドアグッズはスペースを取るものが多く、保管に頭を悩ませている方も多いはず。

しかし、コールマンのアウトドアワゴンは上の写真のようにとてもコンパクトに折りたたむことが出でき、収納時のサイズは約180×400×770(h)mmです。隙間のスペースをうまく活用できるサイズ感ですね。

さらに、収納時に自立することも大きなポイントです。何気ないことかもしれませんが、自立式だと壁に立てかけたり、寝かせて地面におく必要がなく、場所を選ばず保管できるため、ありがたいポイントです。

他のメーカーのアウトドアワゴンでは収納時に自立しないタイプもあるため、やはりコールマンのアウトドアワゴンに軍配が上がります。

【その3】簡単に広げる&折りたたむことが可能!

画像: 筆者撮影 伸縮時の様子

筆者撮影 伸縮時の様子

ワゴンにする時は縦横方向に広げるだけでワゴンになり、収納するときは上の写真の矢印の輪の部分をまっすぐ上方向に引っ張るだけで簡単に収納することが出来ます。

時に大きな力は必要とせず、女性や子供でも簡単に伸縮出来る点も嬉しいポイントですね。

【その4】専用のテーブル&レインカバーでさらに便利に!(充実のオプションパーツ)

画像: 筆者撮影 専用テーブル装着時

筆者撮影 専用テーブル装着時

画像: 筆者撮影 専用レインカバー装着時

筆者撮影 専用レインカバー装着時

画像: 筆者撮影 車輪ロック

筆者撮影 車輪ロック

アウトドアワゴン本体以外で別途購入が必要なオプションパーツとして専用の「テーブル」と「レインカバー」があります。

車輪を動かないようにロックして専用テーブルをつければ即席テーブルに早変わりします。折れないよう骨組みを入れて使用するため、食事も十分に楽しめる安定感があります。

さらに、専用のレインカバーは雨天時の荷物運搬で大活躍でしょう。大切な荷物を濡らさずに運搬できる便利アイテムです。

ただし、ワゴンの容量を超えて上に積み上げてしまうとカバーを付けることが出来ませんので、そこだけご注意ください。

コールマン(Coleman)アウトドアワゴンテーブル 2000033140

画像2: 【レビュー】コールマン・アウトドアワゴンはキャンプでも日常でも大活躍の万能アイテム!
コールマン(Coleman) アウトドアワゴンテーブル 2000033140
開け閉めも自由自在、ケース付属のアウトドアワゴン用テーブル
使用時サイズ:約100×55×7(h)cm
重量:約1.7kg
材質:ポリエステル、FRP、MDFボード
耐荷重:約5kg
付属品:収納ケース
¥2,780
2020-05-19 17:13

コールマン(Coleman)アウトドアワゴンレインカバー 2000033141

画像3: 【レビュー】コールマン・アウトドアワゴンはキャンプでも日常でも大活躍の万能アイテム!
コールマン(Coleman) アウトドアワゴンレインカバー 2000033141
耐水圧:約2,000mm, 使用時サイズ:約97×50×36(h)cm 収納時サイズ:約32×21×4(h)cm, 重量:約0.2kg 材質:ポリエステル, 付属品:収納ケース ※アウトドアワゴン本体は別売です。 雨風から荷物を守る、アウトドアワゴン用レインカバー 商品コード21015101221商品名コールマン(Coleman) アウトドアワゴンレインカバー 2000033141JAN4992826711443型番2000033141※他モールでも併売しているため、タイミングによって在庫切れの可能性がございます。その際は、別途ご連絡させていただきます。※他モールでも併売しているため、タ...
¥ 2,544
2020-05-19 17:17

【ちょっと残念!】コールマン・アウトドアワゴンの2つのデメリット!?

【その1】本体重量が約11kgで少し重い

耐荷重が100kgという丈夫な作りなので仕方ありませんが、本体重量が約11kgという重さがデメリットとして挙げられます。

持ち上げる時などは女性や子供には大変な作業になるでしょう。ただし、ワゴンですので基本的にはキャリーケースのように引っ張って転がす使用がメインなので、そこまで苦にはなりませんが...。

【その2】大人気ゆえにカブりやすい

非常に便利なコールマンのアウトドアワゴンですが、それだけに他のキャンパーとカブってしまうことも多々あります。特に筆者も購入したレッドカラーはオリジナルの定番として大変人気となっています。

カブるのを避けたい方は、他のカラーリングを検討してみるといいでしょう。

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.