登山やキャンプで使用するエアーマットは、快適な睡眠を得るために非常に重要で、シェラフ(寝袋)と同じくらい大切なアイテムになります。どんなエアーマットを選ぶかによって、睡眠の質が変わってくるとも言われるほど重要です。本記事ではエアーマットの役割や選び方、さらにキャンプ・登山などシーンを選ばず使用できる筆者オススメ商品をご紹介します。

エアーマットは地面からクッション材として硬さを和らげる&冷えから守る役割を持つ

画像: エアーマットは地面からクッション材として硬さを和らげる&冷えから守る役割を持つ

まず初めに…エアーマットの役割は大きく分けて2つあります。1つは「地面の硬さを和らげるクッション材としての役割」で、もう1つは「地面の冷えから守る=断熱効果としての役割」があります。

役割1.地面の固さやデコボコを感じさせないようにする!

エアーマットは空気を入れて使用するため柔らかく、地面の固さやデコボコを和らげ、快適な睡眠へと導いてくれます。芝生なのか土なのか、砂利が多い砂地なのかで異なりますが、硬い土や砂利の上では、マットなしではとても寝られません。

寝袋があればいいと思っている方が多いかもしれませんが、その下に敷くマットは本当に大切なアイテムなのです。

役割2.断熱効果で冷気を遮断する!

もう1つの役割が断熱効果です。底冷えという言葉を聞いたことがあると思いますが、冬場は特に底冷えがヒドく、暖かい寝袋を使用していたとして底冷えで寝られないことがあります。

エアーマットを地面と身体の間に挟むことで、冷気を遮断できるんです。冬場だけでなく、夏場でも意外と地面からの冷気が伝わりますので、ぜひエアーマットを使うようにしましょう。

エアーマットにも種類がある? インフレーター(インフレータブル )とエアー タイプの違いを解説

エアーマットには大きく分けて、「インフレーター(インフレータブルとも呼びます)」と「エアー」のタイプが2種類あります。

そもそも「インフレーター(インフレータブル )◯◯」とは、空気を注入し膨らませて使う商品で、インフレータブル SUP(スタンドアップパドルボード)やインフレータブル ボート(ゴムボート)などその名前を冠した製品がたくさんあります。

そういった意味を考えると、総称としての「エアーマット」も「インフレーターマット」も同じでは?と思いますが、断熱性のある厚手の生地でできていたり、ポリウレタンなどのクッション材が内部に入っているなどで違いを区別しているように思えます。

そこで2つのタイプの違いを見てみましょう。

インフレータータイプ

画像: インフレータータイプ

インフレータータイプには、バルブを緩めることで自動的に空気を取り込み、勝手に膨張してくれる完全自動のものと半自動のタイプがあります。

半自動の場合はある程度の空気が入ったあとは、手動で最後まで膨らませる必要があります。

メリットとしては設営が簡単なところ、ウレタンが入っているので生地が厚く寝心地がいいところが特徴です。

しかし、デメリットとしては生地が厚めの場合が多く(一概には言えませんが…)収納する時に完全に空気を抜かないと収納バッグに入らないなどちょっとしたコツが必要です。

エアータイプ

画像: エアータイプ

エアータイプといえば、写真上のような「エアーマット(エアーベッド)」が代表的なものですが、一見しただけではわからないインフレータータイプのような比較的厚みのないものも数多く存在します。

こちらの場合、比較的空気が入る量が多いのでクッション性がよく、デコボコな場所でも快適に睡眠を取ることができます。収納サイズも空気を抜いてしまえばとても小さくなり、持ち運びに適しています。

デメリットは内部に空気を入れる手間があるところ、穴が空いてしまった場合に使用ができなくなってしまうことです。

ただし、信頼あるアウトドアブランド商品の場合、生地が厚く作られていたり摩耗や傷にも強い素材で作られていたりするものも多く、鋭利なガラスや石でない限り穴があく心配は少ないと言えるでしょう。

次にキャンプ・登山などシーン選ばずに使用できる軽量なエアーマットを4選紹介していきます。

筆者オススメ1.付属のエアーバッグでラクに膨らむ!特殊二重バルブで空気漏れを防ぐ

Naturehike(ネイチャーハイク)エアーマット

画像1: 【エアーマット4選!】筆者おすすめ! キャンプ・登山などシーンを選ばず使える軽量タイプをご紹介!
エアーマット インフレータブルマット インフレータブルバッグ付 エアーマット スリーピングパッド 枕付き 軽量 コンパクト 防水防湿 車中泊 キャンプ 防災用品 収納バッグ付 Naturehike
■ 特殊な二重バルブを使用しているので、空気の漏れを効果的に防ぎ、付属のインフレータブルバッグを使用して空気を入れることが簡単にできます。インフレータブルバッグは防水バッグとしてもご使用できます。 ■ ナイロンの生地はTPUコーティングしており、防水仕様になっています。 ●ブランド: Naturehike ●材質: ナイロンTPU ●サイズ: 約59cm*198cm*6.5cm 重量:530g ●収納サイズ: 約30cm*10cm ●インフレータブルバッグ: 約70cm*35cm 重量:100g ●原産国: 中国 ※日本語説明書は付属いたしません。 発送方法宅急便での発送になります。 お...
¥ 4,100
2020-09-24 13:08

ジワジワと人気が出てきているアウトドアブランド「ネイチャーハイク」のエアーマット。特殊な構造により地面からの冷気を防ぎ快適性が保たれています。また、付属のバッグで空気入れが楽にできるのも嬉しい点です。

エアーマットは使っていると空気が少しづつ漏れてしまうことがありますが、特殊な二重バルブを採用しているので、空気漏れ対策が非常に強くなっています。

防水コーティングが施された生地なので、水に強いのも特徴です。

筆者オススメ2.バルブを開ければ自動で空気が入るセルフインフレータブル!快適性・収納性に優れる

NEMO(ニーモ・イクイップメント)ゾア NM-ZR-20R セルフインフレータブル

画像2: 【エアーマット4選!】筆者おすすめ! キャンプ・登山などシーンを選ばず使える軽量タイプをご紹介!
NEMO(ニーモ・イクイップメント) ゾア20R NM-ZR-20R
NEMO ZOR(ゾア)は季節を問わず重量と保温性のバランスのとれたパッドを持ち歩きたいミニマリストのためにNEMOが開発した超軽量・コンパクトなスリーピングパッドです。極限までの軽量化を図り、かつ保温性を維持するためにフォームに縦横2方向の肉抜き加工(2アクシスコアリング)を施しています。驚くほどコンパクトに収納できるため、バックパック内の省スペース化にも大きく貢献します。 ※専用スタッフサック、コンプレッションストラップ、リペアパッチが標準で付属します。 ●素 材: 20Dポリエステル ●サイズ: 幅51cm×長さ183cm ●厚 さ: 2.5cm ●重 量: 380g ●収納サイズ...
¥ 12,650
2020-09-24 15:15

アメリカのアウトドアブランド「ニーモ・イクイップメント」のゾアシリーズ。以前は玄人向けなブランドイメージでしたが、ここ数年で認知度も高まってきていて、使用している登山者も多くなっています。

バルブを開けると自動で空気が入るので使用時にとてもラク!

UL(ウルトラライト)ハイカー向けに作られたエアーマットで、極限までの軽量化、かつ保温性を維持するためフォームに縦横2方向の肉抜き加工を施しています。

広げたサイズは幅51cm×長さ183cmに対し、収納時は11cm×23cmで380gという軽さ!とにかく収納性・携帯性にこだわるなら断然オススメです。

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.