キャンプなどアウトドアシーンでお湯を沸かしたり、料理をするためのバーナーは欠かせないギアのひとつですね。種類も様々ですが中でも、それぞれの火力を調整でき2口あるツーバナーは、調理が同時にこなせるため持っているととても便利なんです。そこで今回は「ツーバーナー」の基本的な情報や選ぶときのポイント、商品を徹底レポ!高出力でコスパに優れたアウトドアの定番のコールマンのツーバーナーやユニフレームのツインバーナー US-1900 など筆者のおすすめ商品を厳選9選でご紹介します。

【おすすめツーバーナー⑦】イワタニ カセットガス テーブルトップ ハイスペック仕様の燃焼機能が◎

7.イワタニ カセットガス テーブルトップBBQグリル CB-TBG-1

画像7: 【初心者必見】現在大人気の「ツーバーナー」の選ぶときのポイントとおすすめ9選!
イワタニ カセットガス テーブルトップBBQグリル CB-TBG-1
本体サイズ:[使用時] 幅627×奥行439×高さ409mm、[収納時] 幅627×奥行419×高さ150mm/商品重量:約7.7kg (ボンベは含まず)/カラー:チャコールグレーメタリック/材質:[本体] 鋼板、[水皿] ホーロー用鋼板、[ごとく] ホーロー用鋼板、[バーナー] 鋼板 (ステンレス)、[点火つまみ] ABS樹脂、[グリルプレート] ADC (フッ素塗装)/最大発熱量:3.3kW×2 (2,800kcal/h×2)/連続燃焼時間:約70分 (片側バーナー燃焼、気温20~25℃のとき強火連続燃焼にてカセットボンベを使い切るまでの実測値)/点火方式:圧電点火方式/安全装置:圧...
¥25,980
2020-05-19 14:51

ご家庭のカセットコンロでお馴染みのブランド、イワタニですが、こちらの商品はアウトドアを意識して作られたツーバーナーです。

2本のCB缶を水平方向に平置き装着でき底面がフラットなので安定感がある上、安全装置も搭載しており、初心者にはオススメの商品です。

本体にはプレートが付属していますが、外せばゴトクが装備されているためケトル、フライパン、鍋など多彩な調理が可能なんです。

ハイスペックな機能性

また、水皿を深くしたり、炎口を小さく細かく配置することによって風の影響を受け難くした構造にするなどハイスペックな燃焼機能を備えています。

カセットコンロで有名なイワタニだから、カセットガスもコンビ二や量販店など身近に売っています。

さらに「カセットフー専用アクセサリーシリーズ(別売り)」を使えば簡単に「鉄板焼き」「網焼き」「たこ焼き」などができます。キャンプでたこ焼き!...一度作ってみたい料理ですね!

画像8: 【初心者必見】現在大人気の「ツーバーナー」の選ぶときのポイントとおすすめ9選!
イワタニ カセットフー アクセサリーシリーズ 網焼きプレート CB-P-AM3
サイズ(約):外形/直径290×高さ66mm、焼き網/直径250mm
本体重量:約940g
素材・材質:受け皿・輻射版/スチール(ホーロー加工)、焼き網/スチール(メッキ加工)
原産国:中国
保証期間:1年間
セット内容・付属品:本体、焼き網×2枚
¥2,100
2020-05-19 15:32
画像9: 【初心者必見】現在大人気の「ツーバーナー」の選ぶときのポイントとおすすめ9選!
イワタニ フッ素加工 たこ焼きプレート CB-P-TAF
本体サイズ(約):26×21×3.9cm
重量(約):730g
素材:アルミニウム合金、フッ素樹脂加工
¥2,300
2020-05-19 15:27

【おすすめツーバーナー⑧】イワタニのスタンド・卓上1台2役コンロ! タイヤ付きで持ち運びも便利!

8.イワタニ スタンド型BBQグリル グリルスターII CB-SBG-2

画像10: 【初心者必見】現在大人気の「ツーバーナー」の選ぶときのポイントとおすすめ9選!
イワタニ スタンド型BBQグリル グリルスターII CB-SBG-2
本体サイズ:幅816×奥行519×高さ1072mm/商品重量:約11.3kg/カラー:サンセットオレンジ/材質:[本体] 鋼板、[水皿] ホーロー用鋼板、[ごとく] ホーロー用鋼板、[バーナー] 鋼板 (ステンレス)、[点火つまみ] ABS樹脂、[グリルプレート] ADC (フッ素塗装)/最大発熱量:3.3kW×2 (2,800kcal/h×2)/連続燃焼時間:約70分 (片側バーナー燃焼、気温20~25℃のとき強火連続燃焼にてカセットボンベを使い切るまでの実測値)/点火方式:圧電点火方式/安全装置:圧力感知安全装置、容器装着安全装置、容器受口加圧機構/容器着脱方式:誤装着が起きない「マ...
¥55,000
2021-03-09 16:03

もう1つイワタニのツーバーナーを紹介します。こちらのツーバーナーはスタンド型にも卓上コンロにもなる1台2役となっています!

ツーバーナー本体とスタンドは取り外しが可能なので、卓上コンロとして使う時も邪魔になりません。さらに、スタンドにはタイヤが付いているので、折りたためば本体を転がして持ち運ぶことが出来る優れもの!無駄がありません。

カセットボンベの装着はマグネット着脱式を採用。正しく装着しないとガスが出ないため、初心者でも安心して使えます。また、何か異常加熱があればカセットボンベが自動で外れます。

これ1台あればキャンプでのBBQとお家での料理どちらにも対応できる、そんなツーバーナーです。スタンド付きでテーブルが小さくても使えるのが魅力ですね!

【おすすめツーバーナー⑨】フッ素加工で掃除しやすい 総合アウトドアブランドで相性抜群の製品多数!

9.スノーピーク(sonw peak) ギガパワーツーバーナー スタンダード

画像11: 【初心者必見】現在大人気の「ツーバーナー」の選ぶときのポイントとおすすめ9選!
スノーピーク(snow peak) ギガパワー ツーバーナースタンダード GS220
アイアングリルテーブルユニット
サイズ:収納時/500×110×360mm、風防装着使用時563×293×383mm、スタンド装着時563×514×383mm
材質:ステンレス、アルミアルマイト加工、ブラス
重量:7.0kg
出力:2800kcal(×2)
ガス消費量:250g/h
¥37,180
2020-12-24 22:36

スノーピークにもツーバーナーがあります。家庭同様キャンプでも2口コンロがあると料理の幅が広がります。オートイグナイタが装備されているので安全に着火することができます。

付属のスタンドで卓上で使用することができ、フッ素加工が施されているので吹きこぼれて本体が汚れてしまった場合でもお掃除がしやすいのも嬉しいポイントです。

オプションや相性のいい製品がたくさん

スノーピークのツーバーナーは同ブランドのフィールドクッカーPro.1にセットされている大・中のビリーポットも余裕でセットすることができます。大型のクッカーが使えるのでソロキャンプからファミリーキャンプと人数が多くても対応できるツーバーナーです。

スノーピークの脚の長さが選べるアイアングリルテーブルに装着することもでき、一番長い脚を装着すればスタンディングにちょうどいい高さです。

キャンプやアウトドアでは持ち運びやすさも重要ですがオプションの専用バッグに入れると持ち運びしやすくなるのでおすすめです。

This article is a sponsored article by
''.