みなさんは長芋をどのように料理していますか? 「すりおろしてとろろにする以外の方法がわからない……!」と思う方も多いかもしれません。でも、とろろ以外にも美味しい長芋料理があるんです! 今回は、誰でも簡単に作れる、長芋を使ったグラタンレシピをご紹介します。ご自宅ではもちろん、キャンプでもサッと作れるのでおすすめ。長芋料理に悩んだときは、ぜひ参考にしてみてくださいね。

おいしい新鮮な長芋をゲットしよう! 切り口を見るのも◎ 見分けるのには太さやヒゲの有無がポイント

画像1: 123RF

123RF

スーパーや市場で長芋を購入するとき、どのような見分け方をしていますか? せっかく買うなら、新鮮な長芋をゲットしたいですよね。

長芋の見分け方としては、カットされていない1本のままの長芋の場合は、太くてまっすぐ伸びていてヒゲが残っているものを選びましょう。中でも持ったときにズッシリと重みを感じるものがおすすめ!

カットされている長芋の場合は、断面をよく見るようにしましょう。新鮮な長芋はみずみずしく、鮮度が悪い長芋は変色していたり、黒くシミのようなものができていたりします。

長芋の保存方法には新聞紙やラップを活用! とろろにして保管するのも◎ 日光の届かない暗い場所へ

画像2: 123RF

123RF

長芋を大量にもらったり購入したとき、「できるだけ長く保存したい」と思いますよね。そんなときの保存方法をご紹介していきます。

1本のままの長芋は新聞紙にくるみ、風通しが良く日光の届かない暗い場所に保存しましょう。1ヶ月以上はその状態での保存が可能です。

カットしている長芋の場合は、断面が空気に触れることのないよう、ラップでしっかり密着させます。両サイドともカットされている場合は、両方ともラップで密着させるようにしましょう。その状態で冷蔵庫に入れると、約1週間程度は保存できます。

また、すりおろした「とろろ」をジップロックに入れて、そのまま冷凍保存することもできます。その場合は、使う分だけ割り、自然解凍して使いましょう。ちなみに時間をかけて自然解凍したほうが、とろろの風味が感じられますよ!

【おすすめ長芋レシピ①】長芋たらこグラタン 混ぜ合わせて焼くだけの時短料理! おつまみにも最適!

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

混ぜ合わせるだけの簡単レシピ『長芋たらこグラタン』をご紹介します。

ご自宅ではオーブンで作りましょう。キャンプではアルミホイルを被せて、最後にガスバーナーでチーズをあぶると焦げ目がついて見た目もよくなりますよ!

もんじゃ焼きのような風味で、おつまみにピッタリです!

作り方(1人分)

【材料】
◆ 長芋・・・1/4本
◆ たらこ・・・1/2本
◆ めんつゆ・・・大さじ1
◆ 醤油・・・小さじ1
◆ 塩・・・少々
◆ チーズ・・・少々

1.長芋をすりおろし器ですりおろす
2.すりおろした長芋にたらこを入れてよく混ぜる
3.めんつゆ、醤油、塩を入れる
4.グラタン皿に全て流し込む
5.チーズをまんべんなくのせる
6.オーブントースターに入れて、チーズに焦げ目がつくまで焼いて完成(約7~10分)

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.