「今月はピンチだから節約しなきゃ!」なんてときに、安くておいしいご飯を作る強い味方となるのが〝業務スーパー〟です! リーズナブルな食材の宝庫で、うまく活用すれば食品の数を大きく削減できます。かく言う筆者も、業務スーパーのヘビーユーザーで我が家の食卓の9割を占めると言っても過言ではないくらいです。今回はそんな筆者が、業務スーパーのコスパ最強なおすすめ商品5つと、その使い道をご紹介します!

「業務スーパー」とは? 神戸物産が運営する全国展開の業務用食品スーパー 食費の節約におすすめ

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

緑の看板が目印の「業務スーパー」は、神戸物産が運営している業務用食品をメインとするスーパー。世界中から高品質な食材を格安で直接輸入しているため、大容量なのにリーズナブル。

業務用とうたっていますが、一般の方の食卓でも使い勝手の良い食材がたくさん揃っています。全国に800店舗以上あるので、探してみると意外とお住まいの地域にもあるかもしれません。

私が利用している「業務スーパー七尾店」には、業務用食品の他に野菜や肉、魚などの生鮮食品も販売しています。

とても使い勝手が良く、我が家の食材はほとんどここで揃えています。私が業務スーパーで何度もリピートしている食品を紹介していきます!

食費の節約にマストな商品「鶏もも正肉」 安い&いろんな料理で活用しやすい&満腹感ありでコスパも◎

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

節約食品の定番、鶏もも肉。業務ス-パーなら、普通のスーパーで買うよりもっと安く鶏もも肉が手に入ります。ブラジル産の鶏もも肉が2kgで753円、100gあたりなんと約38円です。

2kgと大容量な冷凍商品なので、一般の家庭だと一度で使い切るのは無理でしょう。半解凍にして、小分けにして冷凍しておくと便利です。

買ってきた後しばらく冷蔵庫に入れておくか、急いでいるときは流水で半解凍にしましょう。

醤油、砂糖、みりんを同量で一緒に入れて、味付けした状態で冷凍しておくのもおすすめ。あとは解凍して焼くだけなので、時間がないときもパパっとメイン料理を作れます。

国産の鶏もも肉に比べると少しパサつきがちですが、すぐに食べる用なら気にならない程度です。カレーや唐揚げ、照り焼きなど、さまざまな料理にアレンジできます。

業務スーパーの「やわらか煮豚」はご飯にもラーメンにもおすすめ! 格安大容量だから食費の節約中にも

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

節約中と言えども、たまには鶏肉以外のガッツリお肉も食べたくなりますよね……。

そんなときにおすすめなのが、やわらか煮豚。とろけるように柔らかい煮豚が600gの大容量で460円(税別)と格安です!

冷蔵商品なので、食べる前に湯せんか電子レンジで温めましょう。食べきれない分はカットして冷凍しておけば、日持ちします。

「自炊するの面倒くさいな…」なんてときでもこれを温かい白ごはんの上に乗せるだけで、絶品の丼が仕上がります。

時間がないときにパパっと作って食べたい夜ご飯にもぴったりです。薄くスライスして、ラーメンの具材にもよく合います。

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.