キャンプ用のテントと聞けばドーム型やトンネル型など様々なタイプがありますが、最近では「ワンポールテント」(別名:ティピーテント、モノポールテント)が注目を集めています。その特徴は名前の通り、真ん中に立つ一本のポールと周囲のペグにより完成される円錐型のデザイン。その個性的でおしゃれな見た目からキャンプサイトでの存在感は抜群です。今回はワンポールテントの基礎知識と選び方のポイント、さらにおすすめ商品をご紹介します。

ノルディスクのワンポールテントはデッドスペースが少なく居住性抜群! シンプルデザインでおすすめ

ノルディスク  アスガルド12.6

画像9: DODやコールマンなどおすすめワンポールテント(ティピー)10選 基礎知識&選び方も解説!
NORDISK(ノルディスク) テント レガシーシリーズ センターポール設計 アスガルド12.6 (6人用) 【日本正規品】 242023
※ジップインフロア・インナーキャビンは別売になります。
収容人数:6名(インナーキャビン(別売)をつけると2~3人)
サイズcm:400x375x250
重量 kg:16
収納サイズ cm:114x37
素材:コットン35% ポリエステル65%
耐水圧 mm:350
ペグ:スチール製Vペグ 25本
ポール:スチール製 2本
別売:ジップインフロア・インナーキャビン...
¥129,800
2020-04-21 12:29

【製品情報】
※ジップインフロア・インナーキャビンは別売になります

・収容人数:6名 ※インナーキャビン(別売)をつけると2~3人

・サイズ:400x375x250cm

・収納サイズ:114×37cm

・重量:16kg

ノルディスクのアスガルド12.6です。モンゴルのゲオのような独特なデザインとシンプルな色使いが人気の商品です。

サイドを立ち上げることでワンポールテントに生じがちなデッドスペースを無くしたモデル。

素材はテクニカルコットン(ポリエステル65%、コットン35%)を使用しており、結露が生じにくいというメリットの反面、耐水性はやや劣り、本体重量も16kgとかなりの重さになっています。

インナーテントや地面に敷くテントフロアが別売りである点にも注意。とにかく、快適な居住性にこだわりたい方におすすめのテントと言えます。

ノルディクスの代表モデルティピー型 センターポール1本で簡単に設営できるワンポールテント

ノルディクス アルフェイム12.6

画像10: DODやコールマンなどおすすめワンポールテント(ティピー)10選 基礎知識&選び方も解説!
ノルディスク Nordisk アルフェイム Alfheim 12.6 Basic 6人用テント 並行輸入品 :142013:LOOP(アウトドアショップ) - 通販 - Yahoo!ショッピング
ノルディスクのテントを国内最安値で販売しています。 NORDISKの他のテントやタープも販売していますので、よろしければご来店ください。:142013:ノルディスク Nordisk アルフェイム Alfheim 12.6 Basic 6人用テント 並行輸入品 - 通販 - Yahoo!ショッピング

【商品情報】

・収容人数:2~5人

・サイズ:400x400x高さ275cm

・収納サイズ:99x32cm

・重量:18kg

最後にご紹介するのが、ノルディクスの「アルフェイム12.6」です。ノルディクスを代表するテントの一つでクラシカルなティピー型のテントです。

やや重量がありますが、トップにベンチレーションがついているのでフロアを外せば中で料理や焚き火が楽しめるのもこのワンポールテントの魅力です。

また、こちらもフロアとインナーテントが別売りなので要注意。飽きの来ないシンプルでクラシカルなデザインがお好きな方にノルディクスのテントはおすすめです。

ワンポールテントは設営が簡単だからおすすめ! キャンプ人数やスタイルに合わせてテントを選ぼう!

画像: ワンポールテントは設営が簡単だからおすすめ! キャンプ人数やスタイルに合わせてテントを選ぼう!

ワンポールテントはやはり簡単&スピーディに設営ができる点が大きな魅力です。せっかくのキャンプをテント設営で大幅な時間と体力を奪われてはもったいないですよね。大きさもデザインも様々ですので、人数や使用目的によって選びたいですね。ワンポールテントでさくっと設営して、ゆとりあるキャンプライフを!

他記事でも人数別におすすめのテントをご紹介! テント選びに迷っているキャンパーは必見!

This article is a sponsored article by
''.