ウィンタースポーツを代表するスノボ。初めての方や初心者の時は、どんな持ち物が必要なのかわからないと思います。この記事では、「スノボに必須の持ち物7選」「スノボにあると便利な持ち物7選」をそれぞれご紹介します。

これだけは持っていこう! スノボ必須の持ち物7選

スノボをする上では絶対に欠かせない持ち物をご紹介します。これがないとスノボはできません!

1. スノーボード

Snapmart

まずはスノーボードです。これがないと始まりませんよね。身長や技術レベル、デザインやタイプ(通常の滑降かアクロバットか)など、豊富な種類のスノーボードがあります。

ほとんどのスキー場でレンタルできるので、持っていなくても大丈夫です。ただし、自身に合うサイズがない場合もあるので、上達を目指す方はスノボ専門店で購入して持っていきましょう。

2. ブーツ

123RF

続いてのスノボ必須の持ち物はブーツです。

ブーツはスノボのアイテムの中で最も重要なアイテムです。自分の体とスノーボードを繋げる部分ですので、サイズや足の形が合わないと、足が痛くなったり抜けてしまい、大怪我の原因にもなります。

ブーツは事前に試着して、自分の足に合うかきちんと確認してから用意しておきましょう。

ブーツもスキー場でレンタル可能なので、初心者の内はレンタル品を活用するのもいいですね。

3. バインディング

123RF

次に、バインディングです。バインディングは『ビンディング』とも呼ばれる、ボードとブーツを固定するための器具です。スノボを行う上で必須のアイテムですが、基本的にはボードに取り付けて持っていくため、まず忘れることはありません。

ボードとバインディングの調整は、事前に家で行うのがベストです。足の位置、角度、センターなど、その日の滑走スタイルによって調整しておけば、ゲレンデで時間を取られることはありません。

4. ウェア

123RF

スノボウェアも必須アイテムですね。

新雪がどんどん降る、東北・北陸・北海道地方はほとんど心配ないのですが、晴れの日のゲレンデは雪が溶けてシャバシャバになっていることが多いです。

上級者であれば転ぶことはないので軽装でも問題ありませんが、初級~中級者は、しっかり防水加工が施されているウェアを購入しておきましょう。

好きなデザインを見つけて自分だけのスノボスタイルを確立すると、スノボがさらに楽しくなりますよ。

5. ゴーグル

123RF

ゴーグルも必須の持ち物です。雪に反射する太陽は想像以上に眩しいので、サングラスの代わりとして使用します。

また、風を切ってゲレンデを滑降するので、天候やスピードによっては目を開けていられません。飛んできた雪から視界を守るためにも、ゴーグルはスノボの必須アイテムです。

画像1: 【スノボの持ち物】ブーツやゴーグルやヘルメットだけじゃない! スノボの持ち物14選
DRAGON(ドラゴン) スノーゴーグル D1 OTG ディーワン オーティージー [並行輸入品]
D2モデルをサイズアップし、フレームタイプのフラットレンズゴーグルとして最高レベルの視界を確保した 「D1 OTG ディーワン オーティージー」
インターナショナルフィットモデル
ラージフィット
¥3,880
2020-02-22 12:03

6. グローブ

123RF

グローブもスノボをする際に必ず必要なものです。雪の上を滑るので、防寒・防水がしっかり施されているグローブを持っていきましょう。スノーボードはエッジが鋭いので、ケガの対策のためにも必ずグローブをしておきましょう。

選び方のポイントは、防水・防寒・防風の3点を兼ね備えていることが重要です。加えてメーカーによって防臭や発熱タイプなどがあるので、デザインと追加機能で選ぶと失敗しにくいですよ。

画像2: 【スノボの持ち物】ブーツやゴーグルやヘルメットだけじゃない! スノボの持ち物14選
DESCENTE(デサント)ムーブスポーツ 大人用 メンズ スキーグローブ ヒートナビ 手袋 DGL-7011
DESCENTE(デサント)
DGL-7011
2020-02-22 12:05

7. ヘルメット・プロテクター

画像6: 123RF

123RF

ヘルメットとプロテクターも必須の持ち物です。

スノボは思いがけない方向にエッジが効いてしまい、後ろに倒れることが多くあります。ヘルメットをしていないと、後頭部を強打して大怪我に至る場合があります。ヘルメットは自分の身を守るためにも必ず持っていきましょう。

プロテクターも同様です。特にヒジ・ヒザ、そしてお尻のプロテクターをするようにしましょう。「お尻?」と思われた方もいるかもしれませんが、プロテクターの中で一番大事な部分です。

初心者の内はたくさん転ぶので、しょっちゅう尻もちをつきます。下がパウダースノーであれば痛くありませんが、ほとんどのゲレンデはたくさんの人が滑った後の硬い雪で覆われています。硬い雪の上に何回も尻もちをついていると、お尻がかなり痛くなります。

せっかくスノボに来たのですから、最後まで楽しく滑りたいですよね。そのためにはヘルメットとプロテクターは必ず持っていきましょう。

画像3: 【スノボの持ち物】ブーツやゴーグルやヘルメットだけじゃない! スノボの持ち物14選
スノーボード ケツパッド ヒップ プロテクター ヒップパッド 耐衝撃パッド S サイズ
厚み2cmの特殊吸収素材EVAを使用
マジックテープ前開き仕様で着脱楽々
前面はメッシュ加工で通気性抜群
お尻と腰回りを衝撃と寒さから徹底的にガード
後部だけでなく、側面にも耐衝撃素材を配置
2020-02-22 12:07
ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.