こんにちは。バーベキューが好きな「ママはずぼら」のずぼらママです。海鮮バーベキューというと、どんな食材を思い浮かべますか?今回は海鮮バーベキューでおすすめの定番食材に加え、「えっ?それも?」と思うような「実は美味しい食材」、そして失敗なしの海鮮バーベキュー簡単レシピもご紹介します。おうちでも作れるレシピなので、今夜のメニューにもぜひ!

食材選びもレジャーのひとつ! 海辺のキャンプ場に行ったら「お手軽海鮮バーベキュー」を楽しもう

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

せっかく海辺に行ったなら、海鮮バーベキューを楽しみたいですよね!

食材選びもレジャーのひとつ。地元のお魚市場に行ったり、スーパーの鮮魚コーナーをはしごしてみたりするところから始めるのも、とても楽しいです。

普段見慣れないお魚があったり、美味しい食べ方を教えてもらったり、思い出も深くなること間違いなし!

今回は、バーベキューインストラクターの資格を持つ筆者が、海鮮バーベキューにおすすめな食材&レシピをご紹介します。それではどんな食材やレシピがあるのか、見ていきましょう!

【エビ】海鮮バーベキューの定番食材! 美味しく食べるレシピもご紹介

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

海鮮バーベキューといえばエビ!というくらい、定番食材ですね。強めの塩で炭火焼きがおすすめ。最後にレモンをサッと絞れば、もう最高!

【おすすめレシピ】ガーリックシュリンプ

みじん切りにしたニンニクとオリーブオイルをエビにまぶして、最後に塩を振りかけて焼き上げるガーリックシュリンプがおすすめ!

梅昆布茶を塩がわりに使っても美味しく仕上がります。

エビの焼き方のpoint

もちろんそのまま何もせず網の上で焼くのもOKですが、竹串やバーベキュー串に刺して焼くことで真っ直ぐきれいな状態で焼き上げることもできます。その方が豪華に見えますね!

【貝類】はまぐり・ホンビノス貝も海鮮バーベキューの定番 日本酒&醤油を垂らすだけで絶品

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

大きなはまぐりは、海鮮バーベキューで焼くだけでテンションが上がりますよね。ぜひ食材として用意しておきたいところ。

また、ホンビノス貝もおすすめ。はまぐりと同じく二枚貝の仲間で、もともと北米に生息する外来種です。最近では千葉県を中心とした地域で収穫されています。

身ははまぐりよりも厚めで、味も濃厚。はまぐりよりも少し固いのが特徴です。

最近では、高価なはまぐりよりも安価なホンビノスを好んでバーベキューの食材にする方も増えてきました。どちらも美味しいですよね!

【おすすめレシピ】浜焼き

いたって普通の焼き方ですが、これが一番美味しい!

貝が開いたら日本酒をほんの少し垂らし、醤油をサッとかけて食べる方法。バターもお好みでどうぞ。簡単でとっても美味しいです。

【干物】地場産の干物を網でそのまま焼く! 手軽な食材なので海鮮バーベキューに◎

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

おろしたり内臓を取ったりなどの下処理の必要がなく、買ってきたままの形で網焼きできちゃう「干物」は海鮮バーベキューにもおすすめ。

私が先日キャンプ途中に訪れた千葉県富浦市では、北海道の大きなホッケほどある地場産サバの干物を発見!こうしてその土地の魚を食べられるのも、海鮮バーベキューの楽しみのひとつです。

自宅近くのスーパーでは見つけることのできないものがあったりするので、海辺でバーベキューをする時にはお近くの魚屋さんに足を伸ばしてみることをおすすめします。

【マグロ】海鮮バーベキューには意外な食材かも!? でも、実は美味しいんですよ

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

「えっ?バーベキューなのにマグロ?」と思った方も多いはず!そう!その意外性を狙っていくのも海鮮バーベキューの楽しいところ。

筆者おすすめのレシピは、こちらです。

【おすすめレシピ】マグロのタタキ紫蘇風味

タタキと言っても、直火でそのまま炙るのではなく、ちょっとおいしくなる魔法をかけちゃいましょう。

マグロ表面の水分をキッチンペーパーで拭き、オリーブオイルを塗ってしばらく放置。

マグロ全体に紫蘇ふりかけをまぶして、強火で全部の面をサッと炙ったら完成!

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.