煮込めば煮込むほど、とろとろの食感になる牛すじ。「とろとろでおいしい牛すじ料理を自分で作りたい!」と思う方も多いでしょう。ただ、牛すじをおいしくいただくには、下処理をしなければいけません。今回は、なぜ牛すじは下処理をする必要があるのか、初心者でも簡単にできる牛すじの下処理方法に加え、簡単にできる牛すじレシピを、贅沢に3つご紹介していきます!

【下処理・下ごしらえをした牛すじの簡単レシピ1】 圧力鍋でビーフカレーの牛すじがとろとろに!

【簡単ビーフカレー】圧力鍋で牛すじがとろとろ食感に! 

画像7: 筆者撮影

筆者撮影

牛すじ料理の定番である「牛すじビーフカレー」のレシピをご紹介します! 牛すじビーフカレーには、圧力鍋を使っていきます。圧力鍋を使うと、牛すじがとろとろになるのはもちろん、短時間で野菜にも火が通るので楽ちんです。

【材料(2人分)】
・牛すじ 300g
・玉ねぎ 1個
・にんじん 1/2本
・生姜 1かけ
・にんにく 1かけ
・クミンシード(なくてもよい) 小さじ1
・ガラムマサラ(なくてもよい) 小さじ1
・油 大さじ1
・水 300ml
・市販のカレールー 適量
・オイスターソース 小さじ2 
・コンソメ 小さじ1

【レシピ】
①圧力鍋に油をひいて、クミンシードを炒める
②クミンシードの香りが出てきたら、下処理済みの牛すじと玉ねぎ、にんじん、生姜、にんにく、水、コンソメを入れて、高圧で15分~20分加圧する
③火を止めて、ロックピンが完全に下がっているのを確認してから蓋を開け、市販のカレールーを入れて混ぜる
④ガラムマサラとオイスターソースを入れ、味を調えたら完成!

圧力鍋ひとつで牛すじの下処理からカレー作りまでできる時短レシピです! いつもとは一味違った牛すじカレー。ぜひお試しください。

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.