冬の寒い時期、キャンプにアウトドアに…もはや必需品となっている使い捨てカイロはお馴染みですね。しかし最近では〝使い捨てではなく〟USB充電して何度も繰り返し使える「充電式カイロ」が注目されています。使い切るごとに買い足したり、使い終わったらゴミに出すこともなくエコで便利な相棒!今回は充電式カイロの選び方とおすすめ商品のご紹介をします。

USB充電式の電気カイロは何度も繰り返し使えるからエコ! 仕組みからメリット・デメッリまで解説

USB充電式の電気カイロの仕組みとは?

その名の通り、充電した電力を使って発熱するカイロで、充電がなくなれば発熱は停止します。充電にはUSBケーブルやACアダプタを使用します。

内部構造は発電素子・サーモスタット・バッテリーで構成されております。バッテリーに電力を貯めておき、そこから発電素子に送電して発熱します。その際に、サーモスタットで発熱温度を調整するという仕組みです。

画像: イメージ画像:Micro-USBケーブル

イメージ画像:Micro-USBケーブル

電気カイロのメリットはたくさん! 充電式だからエコで経済的

まず、前述したように都度買い足す手間と使用後のゴミが出ない点が挙げられます。他にも温度調節機能を持つサーモスタットが搭載されているため、使い捨てカイロのように熱くなりすぎない点もメリットと言えます。

さらに、スイッチONしてから数十秒程度で温かくなり、開封後に温まるまで数分かかる使い捨てカイロよりもすぐに温まります。

ランニングコストの安さも魅力的です。初期費用こそ充電式カイロが高くなりますが、長く使うことを考えると、1回充電で数円程度の電気代だけで済むと言われている充電式カイロは経済的です。

温度や重量など電気カイロにはデメリットも

充電式カイロは使い捨てカイロに比べ、どうしても本体が大きくなったり、重量がある点がデメリットとして挙げられます。また充電しなければ使用できないことや、充電がなくなった場合も電源がない状況では使用不可となります。

使用する機種等にもよるかと思いますが、使い捨てカイロに比べると熱くない!という意見もあるため、好みが分かれるところです。

【USB充電式の電気カイロの選び方】表面温度・稼働時間・付帯機能に注目 自分のカイロを見つけよう

表面温度

カイロとして一番気になるのが温かさですよね。充電式カイロは表面温度が商品によって様々で調節できるタイプもあります。40度前後しか温まらないカイロは低温やけど対策としては良いですが、気温が寒い場所ではそこまで温度が上がらない場合もあります。

特に寒い場所で使う場合には50度前後までしっかり温まるタイプが好ましいでしょう。

稼働時間

充電式カイロは2~3時間程度しか稼働しないタイプから8時間程度しっかり持続するタイプもあります。稼働時間は長ければ長いほど良いですが、その分価格が高くなったり、本体の大きさや重量が増すことにも繋がります。

ちょっとした外の散歩で使うか、1日外出で使うのかといった目的に応じて選びましょう。

その他の機能

画像: イメージ画像:モバイルバッテリー

イメージ画像:モバイルバッテリー

充電式カイロの面白いところですが、各メーカーによって様々な付帯機能が付いていたりします。例えば、スマホなどを充電できるモバイルバッテリーとしての機能やアウトドアシーンなどで役立つLEDライト付きのタイプ、他にも女性に嬉しい手鏡付きなど豊富な付帯機能があります。

選ぶ時にはこの付帯機能にも注目してみると面白いですね。

【おすすめの充電式電気カイロ①】『JOMST電気カイロ』 7800mAhの大容量バッテリーで長時間使用可能

こちらの商品は現在在庫切れとなっています。

こちらの充電式カイロは7800mAhという大容量バッテリー搭載のため、約12時間という長時間の使用が可能です(55℃モード時)。

温度も3段階に調節でき、低温モード/35-42℃、中温モード/48-50℃、高温モード/42-55℃というように使い分けることが出来ます。直接触れると熱すぎる場合には付属の収納袋に入れて使うのがおすすめです。

さらに付帯機能としてモバイルバッテリー機能が備わっているため、1台2役として通年使うことができるのが特徴です。

【製品情報】
・充電式カイロ&モバイルバッテリーの1台2役
※7800mAhの大容量のモバイルバッテリー機能が付属
・3段階温度調整

This article is a sponsored article by
''.