キャンプに行くときは、子供も自分の荷物を用意することでワクワク感がアップしますね。キャンプや通園で活躍するのがキッズリュックです。今回ご紹介するコールマンのキッズリュック「ウォーカーミニ」はホイッスルなどの安全機能や、可愛いキャンプ柄のデザインもあり、ちびっ子キャンパーにおすすめです。

【我が家愛用中】コールマンのウォーカーミニ キッズリュックがファミリーキャンパーにおすすめの理由

我が家は5歳と3歳の子供と一緒に、今年の春からキャンプデビュー。キャンプに慣れてくると子供もオモチャなど自分の荷物を持っていきたがるように。初めのうちはベビーの頃から使っていた小さめのリュックを使っていましたが、ボールやラジコンなど大きめのおもちゃは入らず、大きめのリュックが必要になりました。ちょうど保育園用のリュックもサイズアップが必要な時期だったので、キャンプにも通園にも使えるリュックを探すことになりました。

画像: 筆者撮影「可愛いキャンプ柄に一目ぼれ」

筆者撮影「可愛いキャンプ柄に一目ぼれ」

たくさんの店でキッズリュックを探すも、大きすぎたり開口部が狭かったりと、なかなか良い商品が見つからなかったのですが、ある日立ち寄ったコールマンショップで一目ぼれしたのがコールマンの「ウォーカーミニ」です。子供が背負った感じもちょうどよく、何よりキャンプ柄のデザインが魅力で即決し、毎日活躍してくれています。

画像: 筆者撮影「通園バッグに便利なネームタグ入れ付き」

筆者撮影「通園バッグに便利なネームタグ入れ付き」

3歳の子供も背負いやすいキッズリュック 超軽量300gのコールマン「ウォーカーミニ」がおすすめ

コールマンのキッズリュック「ウォーカーミニ」のサイズは10L。大きすぎず、約300gと軽いので遠足や通園にぴったりです。我が家では保育園の通園リュックとして毎日活躍しており、主に着替えやオムツなどを入れています。軽いので3歳児でも無理なく背負うことができています。キャンプの時には子供がオモチャをたくさん詰めて持っていきます。

画像: 筆者「着替え、オムツ、水筒などが入ります」

筆者「着替え、オムツ、水筒などが入ります」

Coleman(コールマン) KID'S(キッズ) WALKER MINI(ウォーカーミニ) キッズリュック デイパック

画像: 【ママ必見】コールマン「ウァーカーミニ」キッズリュック キャンプや通園におすすめ
Coleman(コールマン) KID'S(キッズ) WALKER MINI(ウォーカーミニ) キッズリュック デイパック 子供用リュック 10L 軽量 リフレクター付き ホイッスル付き WALKERMINI キャンプバレー
★遠足や通園に最適な軽量10Lミニパック。★お弁当や水筒、お菓子、おもちゃもすっぽり入る!★サイドには500mlサイズまで収納可能なペットボトルポケットを装備。★背負った時にズレないようにチェストコード付き。★汗をかきやすい背中部分はメッシュ仕様。クッション性・通気性が抜群です◎★リフレクター付きで夜間の視認性も向上。★肩ひもの長さはスライドタイプで調節もラクラク♪余った部分はまとめられるので邪魔になりません。
¥ 3,780
2019-12-29 10:18

【商品情報】

  • サイズ/約W24m×H37cm×D14cm 容量/10L
  • 重さ:約295g~約305g
  • ポケット/(外側)フロントファスナーポケット×1、メッシュポケット×2 (内側)メッシュポケット×1

チャックで開ける部分が広いのでガバッと開けることができ、子供でも中のものを取り出しやすくなっています。サイドのポケットには500mlサイズのペットボトルも収納可能で、こまめに水分補給が必要な子供には嬉しいつくりですね。

画像: 筆者撮影「開口部が広いので出し入れしやすい」

筆者撮影「開口部が広いので出し入れしやすい」

汚れに強く通気性もいいコールマンの子供用リュック カラーも豊富でキッズキャンパーにおすすめ

ウォーカーミニの魅力の一つが、豊富なデザインのラインナップ。ブルー、グリーン、ネイビードット、ネイビーボーダー、キャンプバレー、キャンプマップ、ピンクの7種類のデザインがそろっています。おすすめはキャンプ柄の「キャンプバレー」と「キャンプマップ」。キャンプグッズを語るうえで欠かせない「コールマン」ならではのデザインで、ちびっ子キャンパーにぴったりです。

画像: 筆者撮影「背中はメッシュ素材で快適」

筆者撮影「背中はメッシュ素材で快適」

汗をかきやすい背中部分はメッシュ仕様なので、通気性が良く夏でも快適に使えます。ポリエステル素材で汚れが付きにくいので、砂や泥で汚れることもあるキャンプでも重宝します。

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.