肌寒い時期のキャンプには、温かい夕食が嬉しいですよね。バーベキューもいいのですが、ポトフ、ビーフシチューなど煮込み料理や鍋モノが特に美味しく感じられます。今回はそんなあったか料理の中からチーズフォンデュを提案。食べている雰囲気だけでもおしゃれですが、さらに専用鍋でインスタ映えもアップ…。ファミリーキャンプの新定番としてフォンデュを簡単に作ってみませんか?

キャンプ道具を使ってお手軽チーズフォンデュを作ってみよう! 手持ち鍋でもおいしく簡単にできる!

画像: キャンプ道具を使ってお手軽チーズフォンデュを作ってみよう! 手持ち鍋でもおいしく簡単にできる!

チーズフォンデュ専用の鍋があれば、他の料理をしない!と決めて使えるのでなにかと便利ですが…まだ持っていない方などは、普段キャンプで使っている道具を代用してみてはいかがですか。チーズフォンデュ作りは敷居は高くなく、気軽に誰でも作れますので挑戦してみることをおすすめします。

それではどういったキャンプ道具で作れるのか、それぞれ例を挙げながら説明いたします。

ダッチオーブン

チーズフォンデュ用の鍋のように、コトコトとゆっくりチーズを温めてくれるのがダッチオーブンの良いところです。ファミリーキャンプの場合は、子どもたちが食べ終わった後も大人たちでのんびりお酒を飲みながらチーズフォンデュを楽しむことができます。

ただし、焦げ付きやすいのがダッチオーブンのデメリット。焦げ付かないようにすることはなかなか難しいので、食べ終わった後はゴシゴシ洗うつもりで楽しみましょう

テフロン加工の鍋

焦げ付かないといえばテフロン加工された鍋。キャンプ用でなくても、自宅で普段使っている、少し深さのある鍋なら問題ないでしょう。チーズが焦げ付いてしまった場合も処理しやすくおすすめです。

強いて言えば、テフロン加工の鍋はダッチオーブンほどではないものの、キャンプ用の調理器具よりは少し重たくかさばるので、荷物に余裕のあるキャンプにおすすめしたい方法です。

画像: テフロン加工の鍋

使い捨てのアルミ鍋

焦げ付いたものをそのまま処分できるよう、はじめから使い捨てのアルミ鍋を使用するというのも一つの方法です。火加減に気を使わずチーズを食べやすい状態にできるのは嬉しいですね。

アルミ鍋を2つ用意して、白ワインを入れた大人用と、入れていない子ども用に手軽に分けられるのもおすすめできる点です。鍋自体が軽いので、風の強い日などは注意して使用しましょう。

画像: 使い捨てのアルミ鍋

カマンベールチーズを丸ごと使う!

焼きカマンベールと同じことですが…円柱状になっているカマンベールチーズの上部を薄く切り落とした状態でアルミホイルなどで包み、火にかけることによってチーズ自体が器になってチーズフォンデュを楽しむこともできます。

画像1: カマンベールチーズを丸ごと使う!

詳しいレシピなどは気にせず、中のチーズが溶けたところにワインなどで簡単に味付けをして食べられるので簡単です。インスタ映えのするおしゃれなチーズフォンデュが楽しめますよ。

ただし、この方法だと、多人数で楽しむ場合は大きなチーズを用意する必要があり、ちょっと割高になってしまいますね。1〜2人でキャンプをするときに適している方法かもしれません。

画像2: カマンベールチーズを丸ごと使う!

材料は3つだけ! キャンプにおすすめお手軽チーズフォンデュは牛乳と片栗粉とピザ用チーズでできる

画像: 材料は3つだけ! キャンプにおすすめお手軽チーズフォンデュは牛乳と片栗粉とピザ用チーズでできる

一番手軽なチーズフォンデュは、温めた牛乳に片栗粉をまぶしたピザ用チーズを入れる方法。くわしくレシピを見ながら作るのもよいのですが、結局足りなくなった時には適当に牛乳やチーズを足して食べられますので、この方法がおすすめです。

とろみも好みで調整するとよいでしょう。ビニール袋に片栗粉を入れて、ピザ用チーズと一緒に袋を振れば調理器具も汚さずにきれいに片栗粉をまぶすことができますよ。

大人が楽しむ場合は白ワインを加えると温まります。子どもも一緒に楽しむ場合は、一番最初に白ワインを入れ、アルコールを飛ばしてからチーズを溶かすようにしましょう。

チーズフォンデュに何を入れる? 炭火で焼いたソーセージなどキャンプならではの具材も選んでみよう!

画像: チーズフォンデュに何を入れる? 炭火で焼いたソーセージなどキャンプならではの具材も選んでみよう!

チーズの準備ができたら、いよいよ具をつけて食べます。

チーズフォンデュの具に決まりなんてありませんから、それぞれが好きなものを持ち寄り、鍋のチーズに入れて楽しむのがよいでしょう。レシピを見ていると、トマトやニンジン、ブロッコリーなどが定番ですね。

横でバーベキューをしている場合は、炭火で焼いた鶏肉やソーセージなんかも ぴったりです。ジャガイモやニンジンなどの根菜類やブロッコリーは自宅で茹でてくるか、自宅で切ってきて茹でるだけにしておくと調理が簡単です。

フランスパンなども丸ごと持ってくると余らせてしまうかもしれません。自宅で食べやすいようスライスして、残った分は翌日の朝食にできるようにしておくとよいですね。

チーズフォンデュはファミリーキャンプにぴったり! 肌寒い時期は鍋を囲んでみんなで温まろう!

画像: チーズフォンデュはファミリーキャンプにぴったり! 肌寒い時期は鍋を囲んでみんなで温まろう!

チーズフォンデュは各々が好きな具を好きなだけ食べられるバイキングのような楽しみがあるので、子どもにも非常に人気のメニューです。バーベキューだとお肉ばかり食べてしまいがちですが、チーズフォンデュはお野菜も彩りよく並べれば、(野菜が苦手な)子どもも楽しんでたくさん食べてくれますよ。おしゃれな盛り付けでぜひインスタ映えを狙ってみましょう。

切らずに丸ごと茹でた野菜を持っていけば、その場で食べやすい大きさに切るお手伝いにも繋がりますね。柔らかく茹でていれば、簡単に切ることができるのでおすすめです。細かいレシピは気にせず、楽しむことが大切ですよ。

肌寒い時期のキャンプも、みんなでチーズフォンデュの鍋を囲んで楽しく温かく過ごしましょう!

This article is a sponsored article by
''.