僕はよく業務スーパーに行くのですが、新鮮な肉や野菜が安く手に入るだけでなく、不思議な食べもの、びっくりする程おいしい食べものが売られていて、いつも宝探しに行くような感覚で楽しんでいます。今回は、業務スーパーで話題のチーズケーキの紹介と、キャンプで簡単にできる、チーズケーキを使ったアレンジレシピを紹介します。

濃厚美味しい『リッチチーズケーキ』 フルーツソースや濃いめのコーヒーとベストマッチ!

濃厚で美味しい話題の『リッチチーズケーキ』

筆者撮影

冷凍されたカチカチの黄色いかたまり。アイスクリームコーナーにあるのがこの『リッチチーズケーキ』です。500gで348円(税抜き)と言う安さ! コスパのよさも魅力です。

チーズケーキなのに、賞味期限は来年の10月までと、約1年もあります。こまめに食べるには、冷凍のまま容器から出し、熱した包丁で必要なだけ切ってまた冷凍しておくといいでしょう。

筆者撮影

この1皿を1人前とすると、500g/1パックで6~8人前程度のボリュームです。冷凍のまま食べるとあっさり、若干溶けてくると舌にまとわりつくような濃厚なネットリ感が楽しめます。もちろん、味も濃厚。ちょっと私には甘すぎましたが、酸味のあるフルーツソースを添えると、おいしく楽しめます。濃いめのコーヒーとベストマッチです。

リッチチーズケーキで贅沢チーズトースト 少し焼き目をつけると、香ばしくなっておすすめ

キャンプの時、保冷材の代わりにもなる『リッチチーズケーキ』。大人数なら良いのですが、食べ切れなかった時には味変レシピで楽しみましょう。

食べきれず溶けてしまったリッチチーズケーキを、パンに塗って焼いてみました。

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

食べてみるとリッチチーズケーキとはまるで別物に!少しだけ表面に焦げを入れることで香ばしさを追加。クリームチーズの芳醇な香りと、ほんのりとした甘み。これはキャンプだけでなく、家でも食べたくなる一品です。

牛乳パックに入った『レアチーズ』 さっぱりした酸味や程よいチーズ感 ぷるんとした食感がクセに!

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

こういう出会いがあるから、業務スーパーはやめられません。ご覧の通り、牛乳パックに入ったレアチーズケーキです。同様のシリーズで、プリンや羊羹、杏仁豆腐、ゼリーなどがあるのも驚き。この斬新なフォルムと、1kg/248円(税抜き)と言う安さには、思わず手に取らずにはいられません。

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

キャンプにこのまま持って行き、大きなお皿にニュルンと出して飾りつければインスタ映え間違いなし!

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

実際に食べてみると、酸味が利いてサッパリとしています。ほどよいチーズ感と、ぷるんとした食感が良いバランスです。1パック1kgと、約8人前あり、賞味期限は1ヶ月。開封後は早めに消費する必要があると説明書きがありますが、「毎日こればかりでは飽きてしまう!」という方に、味変レシピを紹介します!

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.