寝袋といえばマミー型や封筒型が定番ですが、「人型タイプ」というものがあるのをご存知でしょうか。文字通り人の形をした寝袋で、キグルミのように着たまま動けるのが特徴です。ユニークなデザインのモデルもあるので、キャンプ場で着ていたら注目の的になるかも!?そこで、機能的な人型寝袋や選び方やおすすめ商品を紹介します。

着たまま動ける寝袋は防寒着にもなる! 実は災害時にもおすすめな人形寝袋(着る寝袋)のメリット3つ

とにかくデザインが目を引く人型寝袋ですが、見た目がユニークなだけでなく、保温効果が高いので、秋冬キャンプの寒さ対策に役立つ機能的な一面もあります。着たまま動けるのもうれしいポイント。一度使ったら手放せなくなるかもしれません。

①体にぴったいフィットして保温効果が高い

人型寝袋は、保温効果が高いのが魅力。体にピッタリフィットするので、寝袋とのすき間ができにくく、熱を逃しにくい特徴があります。寝ている間に手足を自由に動かしたり、寝返りをうったりがラクにできるので、快適に寝られるでしょう。

体全体がすっぽり包まれているので、寝相が悪くても、寝袋から手足がはみ出すことがなく、寒くて起きてしまう心配もありません。

②寝袋に入ったまま手足が動かせる

人型寝袋の最大のメリットは、寝袋に入ったまま手足が動かせること。キグルミを着ているときのように、寝袋を着用したまま歩くことも可能です。

寒い時期のキャンプやアウトドアで、防寒着代わりにも使えるのがうれしいポイント。また、車中泊や釣りをするときに着用するのもおすすめ。

③日常生活でも使える!災害時の防寒対策にも◎

自由な動きを妨げにくい人型寝袋は、キャンプやアウトドアだけでなく、日常生活で使っても◎ 薄手の生地であればより動きやすいので、冬場などの寒い季節の部屋着にもぴったりです。人型寝袋で暖かさをキープできるので、暖房器具の使用が減ってエコにもつながります。

さらに、万が一の災害に備えて、防災グッズとして1つ持っておくのもおすすめ。避難所など、家の外で夜を過ごさなければならないときに、冷たい床の上や狭いスペースでも暖かく眠れるでしょう。

画像: ③日常生活でも使える!災害時の防寒対策にも◎

人形寝袋(着る寝袋)の失敗しない選び方 身長に適したサイズを選ぼう! 使用目安温度も確認しよう

①身長に適したサイズを選ぶ

人型寝袋を選ぶときは、自分の身長が、商品に記載されている適応身長の範囲であるかを必ず確認しましょう。サイズが大きすぎると、動きにくいことに加えて、寝袋と体の間にすき間ができてしまい、保温効果が薄れてしまいます。

②使用目安の温度も確認

気温が低い場所でも使えるモデルを選びたい人は、商品の使用目安の温度をしっかり確認しましょう。ただし、使用目安の温度の記載がない商品も多いので、確認できないこともあります。心配な人は、使用目安の温度がきちんと表記してある商品を選びましょう。

人型寝袋×通常の寝袋のダブル使いもおすすめ!

また、通常の寝袋と人型寝袋を組み合わせて使うと、さらに暖かくなります。雪中キャンプなどにもおすすめの使い方です。

ここからは、おすすめの人型寝袋を3つご紹介します。

撥水加工&両開きファスナーが便利! キャンプや釣りで大活躍! WE DOの着る寝袋(人形寝袋)

WE DO人型デザイン寝袋

生地に撥水加工がほどこされており、水ぬれを防げます。雨の日や釣りをするときに着用しても安心。体の前側についている両開きタイプのファスナーは、おなかの下までガバッと開くので、着脱しやすくて便利です。

中綿には保温性を高めるホローファイバー(中空繊維)が使われているので、寒い時期のキャンプやアウトドアで活躍します。足先まですっぽり入るので、暖かく快適に過ごせますよ。

画像2: 着る寝袋・人型寝袋おすすめ3選 着たまま動ける! 身体にフィットして保温性抜群
着る袋 寝袋 人型 歩ける あったか ポカポカ キャンプ 登山 車中泊 防災 -5℃-5℃適用 男女兼用 :B07L2N2SG7:LICHTsモール - 通販 - Yahoo!ショッピング
資源削減のため納品書は同梱しておりません。必要でありましたら、Eメールにてご連絡下さい。

【スペック】

  • 重量:約1,650g
  • 素材:表地・裏…ポリエステル、中綿…ホローファイバー
  • サイズ:M…約190cm、L…約200cm、XL…約210cm
ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.