国立公園内にある「ライジングフィールド軽井沢」は、手付かずの大自然が残る美しい森の中にあるキャンプ場。豊富なレンタル品やグループでも泊まれる大型の常設テントも人気です。スカイアスレチック「アウルアドベンチャー」では子供から大人まで夢中で遊べるのも魅力。家族や友人との絆を深めるにはうってつけの「ライジングフィールド軽井沢」の魅力をご紹介します!

「ライジングフィールド軽井沢」の特徴

画像1: 編集部撮影

編集部撮影

キャンプサイトはオートサイト「センターフィールド」、林間サイト「スィートフィールド」、丸太フレームのオリジナル大型常設テントサイト「タタンカプレミアム」の3つの電源サイトと、丸太フレームの簡易常設テントサイト「タタンカ」、林間フリーサイトの「野営フィールド」という電源なしサイトが2つ。

丸太フレームのおしゃれな常設テントはグループキャンプに最適

工夫次第ではラグジュアリーキャンプを楽しむことができインスタ映えも期待できますよ!

画像2: 編集部撮影

編集部撮影

中でも6組限定の「スィートフィールド」は林間に囲まれた雰囲気あるサイトで、木漏れ日の中でゆったりとした時間を過ごすには最高のロケーションです!

テント道具一式などレンタル道具も充実していて、炊事場やシャワールームなどの施設は清潔感があるので、キャンプ初体験の人でも快適に過ごすことができます。

画像: 編集部撮影:管理棟内には子供が遊べるキッズコーナーも

編集部撮影:管理棟内には子供が遊べるキッズコーナーも

管理棟に併設されたストアでは、おしゃれなキャンプグッズからBBQに必要なお肉、薪や炭などが並んでいて、見ているだけでわくわくしますよ!

また猫、犬、ウサギなどペットは2匹までは無料のためペット連れの家族でも安心して利用できます。

画像3: 編集部撮影

編集部撮影

場内にある「小瀬温泉」が利用できるのはキャンプ宿泊者のみですが、一日の疲れをあったかい温泉でゆっくりと癒せるもの最高ですね。

「ライジングフィールド軽井沢」おすすめポイント

「ライジングフィールド軽井沢」に訪れたらぜひ体験しておきたいのが場内にあるスカイアスレチック「アウルアドベンチャー」

編集部撮影

丸太とロープで作られた5階層のスカイアスレチックを、大人向け・子供向けの段階別に楽しむことができます。最年少2歳、最年長76歳と幅広い年齢の方々が挑戦。

安全講習や安全器具の装着など安全管理は徹底しているので、運動が苦手な人でも楽しく遊べますよ。

画像5: 編集部撮影

編集部撮影

「ライジング・フィールド軽井沢」は国立公園内の施設のため、野生動物や手付かずの自然がある環境が魅力

そんな大自然を満喫したい人は「野営フィールド」にテント泊するのがおすすめ。

起伏あるルートを100m~200m程歩いた先には自然界に近いロケーションが現れ、夜は野生動物の鳴き声が間近に聞こえるほど静かな空間。

日常生活では味わえない雰囲気のなか、テントで一夜を過ごしてみるのもいかがでしょうか。

「ライジングフィールド軽井沢」利用者の声

画像6: 編集部撮影

編集部撮影

「電源付きサイトのスィートフィールドを2家族で利用しました。1区画がかなり広くテント2張でも余裕のスペースです。巨大な芝生広場では4歳と1歳の子供たちが裸足になりながらペットと一緒に走り回っていました。

炊事場はお湯が出るだけでなく冷蔵庫も使えるので、夏場は大活躍でした。「アウルアドベンチャー」は当日予約も可能でしたし、ワークショップや工作体験などのアクティビティーも豊富であっという間に時間が過ぎてしまう感覚のため、充実した休日を過ごすことができました。」

(キャンプ歴:2年、訪問時期:9月中旬、誰と:家族・友人と)

ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.