ロードバイクやクロスバイクなどでキャンプツーリングに出かけるなら、空気入れを必ず携帯しましょう。旅の途中で空気が抜けて走れなくなると、キャンプどころではなくなる可能性も。長距離を走るならなおさらマストアイテムです。そこで、携帯に便利な自転車用空気入れのおすすめをご紹介します。

自転車でキャンプツーリングするなら、空気入れを携帯しよう パンクの応急処置機能付きがおすすめ

キャンプツーリングに自転車用空気入れを携帯するなら、荷物になりにくいコンパクトタイプがおすすめ。また、急にタイヤがパンクしたときに応急処置できる機能が付いていると便利です。

ロードバイクやクロスバイクは積載量が少ないから携帯しやすいハンディタイプの空気入れがおすすめ!

ロードバイクやクロスバイクは積載量が少ないため、荷物はできるだけコンパクトにまとめたいもの。携帯用の自転車空気入れはいざというときに使うアイテムであり、大きすぎると邪魔になってしまうので、収納しやすいハンディタイプがおすすめです。サイズがコンパクトな分、エアーを入れるのに時間がかかるものの、エアーマットなどほかのアイテムにも使えて便利。

エアゲージ付きの空気入れがロード・クロスバイクに必須! タイヤの適正空気圧を維持してパンクを防ぐ

ロードバイクやクロスバイクのタイヤは、エアーを入れ過ぎたり、反対に少なすぎたりすると、パンクの原因になります。こうしたトラブルを防ぐには、タイヤの適正空気圧をきちんと守ることが大切。エアーの入り具合を、タイヤを触ったり、乗った感覚で判断したりするのは危険です。特に初心者は、エアゲージの数値を見てきちんと確認しましょう。

電動タイプは空気入れが楽ちんに! 疲れを増やしたくない人におすすめ 

自転車のタイヤに手でエアーを入れるのは、なかなか大変な作業です。キャンプツーリングで余計な疲れを増やしたくない人には、電動タイプの空気入れがおすすめ。手でエアーを入れるよりも早く、作業もラクになります。設定した空気圧に達すると自動停止するので便利ですよ。

米式・英式・仏式 各バルブに合う物を選ぶ 複数人でのツーリングなら兼用モデルの空気入れがおすすめ

ロードバイクやクロスバイクのバルブには、米式、英式、仏式などのタイプがあります。そのため、使用するバイクのバルブ方式に合う空気入れを選びましょう。一緒にツーリングに行く人が乗るバイクのバルブ方式がバラバラの場合、複数のタイプに対応した兼用モデルが便利。3タイプ共通で使えるもの、米式・仏式の2方式に対応などの種類があります。

【上級者向け】急なパンクに備える! 素早く空気を入れられるCO2インフレーターを携帯しよう

キャンプツーリングで困るのが、自転車の急なパンクです。そんなときに便利なのがCO2インフレーター。素早くエアーを入れられるアイテムで、急なパンクの応急処置に重宝します。ただし、扱いがやや難しいので、初心者には不向きです。

画像: 【上級者向け】急なパンクに備える! 素早く空気を入れられるCO2インフレーターを携帯しよう

スリムなボディで携帯に便利でおすすめ! 米式・仏式バルブに自転車以外の空気を入れるモノにも兼用可

RUNACC ミニ携帯空気入れ

軽量かつコンパクトで、バツグンの携帯性を誇る空気入れです。スリムなボディなので、収納しやすく、荷物になりにくいのも魅力。キャンプツーリングのお供にぴったりのアイテムです。風船、浮き輪、サッカーボールなどのエアー入れに対応したバルブが付属しているので、1つ持っていると共用できて便利。

画像1: 【おすすめ自転車用空気入れ】 ロードバイクやクロスバイクでツーリングするなら必須
RUNACC 自転車 空気入れ 仏式・米式 コンパクトで軽量 携帯ポンプ ロードバイク・クロスバイク 多機種に対応
商品の詳細: 「製品仕樣」
品名:RUNACCミニ空気入れ
素材:アルミニウム合金;プラスチック成形材料
サイズ:16cm*3cm*3cm
重量:82g
パンケージ内容:RUNACC空気入れ*1;固定ホルダー*1;バルプアダプター*1;ナット*2
「製品特徴」
「高質量な素材」:RUNACC空気入れ内部は良質なアルミニウム合金を使用しています。外被はプラスチック成形材料とアルミニウム合金(表面層ニッケルめっき加工処理)で構成されています。充気後にポンプは熱くなりません。
「コンパクト・軽量」:全長16cm・重量は僅か80g、驚きの軽さで携帯を更に簡単になります。
「米式・仏式バルブ対応」...
¥ 2,488
2019-10-13 1:00

【スペック】

  • サイズ:16×3×3cm
  • 重量:約82g
  • バルブ方式:米式・仏式
  • 電動の有無:無
  • エアゲージの有無:無

コードレスの電動タイプでお手軽空気入れ 米式・英式・仏式のバルブに対応で合同ツーリングにおすすめ

Tonsim コードレス小型充電式空気入れ

エアー入れを自動で行ってくれる電動式モデル。設定した空気圧に達すると自動的に止まり、エアー入れの手間と時間を省けます。バルブ方式は、米式・英式・仏式の3タイプに対応。種類の違うロードバイクやクロスバイクに乗る人たちとキャンプツーリングに出かけても、空気入れを共用できるため安心です。

画像2: 【おすすめ自転車用空気入れ】 ロードバイクやクロスバイクでツーリングするなら必須
自転車空気入れ 電動ポンプ 電動充電式コードレスエアーコンプレッサー 女性に向けの空気入れ 家庭用 自動車 バイク 自転車、バスケットボールやバレボールなど空気入れタイヤ気圧検知 1000mah*3バッテリ搭載、LEDライト付き、モバイル機能あり、日本語取り扱い説明書付属
(^O^)デジタルLEDデイスプレー気圧検知と気圧設定:本製品とタイヤに連結して、タイヤの気圧をよめます。四つの気圧単位が選択できます、「PSI,BAR, KPA, KG/CM2」。習慣によって、気圧単位を選んで、ご希望の気圧を設定します。
(^O^)LEDライト照明、携帯充電可能:野外の夜場合、LEDライトをつけて、懐中電灯として、照明できます。光線が不足の場合、空気入れも行います。携帯の電力が切れると、電池ボックスを連続して、充電できます。
(^O^)強大な性能、色なシーン適用:最大な気圧が150psi に達する、連続動作時間が20ぐらいです、150 kpa 設定の場合28以上に連続...
¥ 5,399
2019-10-13 1:05

【スペック】

  • サイズ:22.5×5.5cm
  • 重量:440g
  • バルブ方式:米式・英式・仏式
  • 電動の有無:有
  • エアゲージの有無:有
ハピキャン メールマガジン登録
ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.