一人で過ごす自由気ままな時間が魅力のソロキャンプ。一方で、一人でのテント泊や設営に不安を感じる方も多いのではないでしょうか。本記事ではソロキャンプを始めるために必要なテントについて、選び方や商品紹介、注意事項など5つのチェックポイントに沿って紹介いきます。

初心者ソロキャンプのススメ!「ソロキャンプ=上級者」じゃなくても大丈夫!

ソロキャンパーと聞くと、知識が豊富なキャンプ上級者のイメージがあるかもしれません。たしかにグループキャンプなら、詳しい人と一緒に行くと心強いし、わからない時は助け合って、できる人がやれば良いので、初心者向けといえるでしょう。

とはいえ、ソロキャンプをやりたい! 気になる! と思っているアナタなら大丈夫。ソロキャンプの魅力は、一人で時間を自由に使えること。たとえ設営に時間をかけたって、誰に文句を言われることもありません。

ちなみに筆者はキャンプを始めて約1年後、ファミリーキャンプ5回を経てバイクでのソロツーリングキャンプに挑みました。ソロキャンプはじっくりとキャンプやギアに向き合い、スキルアップできる絶好のチャンスでもあります。

次にキャンプでまず最初に揃えたいおすすめテントを、押さえたいポイントと共に紹介します。本記事を読んでソロキャンプへの不安を解消し、安心して出発しましょう!

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

初心者のソロテント選びのポイントは3つの「使いやすさ」!

使いやすさ①:大きさは2~3人用がおすすめ

「ソロキャンプなんだから大きさは1人用でしょ?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、大きさは2~3人用を目安にしましょう。テント内のスペースに余裕があれば、荷物をストイックに制限したり、タープ等ほかのアイテムで雨対策を万全にしなくても、とりあえず室内に放り込んでしまえばテントが守ってくれます。

「テントを大きくすると荷物がかさばらない?」と思うかもしれませんが、同じ形状のテントで比較すると、1人用と2~3人用は収納時の大きさにさほど違いはありません。初心者こそ少し大きめのテントを買って、スペースに余裕を持たせましょう。

また、筆者のようにファミリーキャンプもする方であれば、ソロキャンプと両方で活用できます。

使いやすさ②:テントの形状はクロスフレーム型ドームテントがおすすめ

クロスフレーム型とは、ポールを2本クロスさせ、弓状に張ったところにシートを吊り下げるタイプの、初心者から上級者まで多く使われている主流なテントの型です。

構造がシンプルでパーツも少なく、設営方法が覚えやすい、持ち運びしやすい、地面や天気など環境の影響を受けにくいといったメリットがあります。

使いやすさ③:コスパの良い有名メーカーを選んで「情報」と「安心」も手に入れよう

最近では安さを追求すればネット通販で極限まで安いテントが手に入りますが、初心者の方は「安さ」「品質」「使い勝手」、そして「情報量」で選びましょう。

安さと品質のバランス、いわゆるコスパが良く使いやすいのは、やはり有名メーカーです。加えて、多くの人が使っており口コミやネット上の情報も入手し易いのがポイント。

ソロキャンプは基本一人です。周りのキャンパーや管理人さんにも聞けますが、多くの人が使用しているモデルであれば、いざという時に自分で調べたとしても問題解決できる確率がグンと上がり、安心感にもつながります。

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

三大おすすめクロスフレーム型ドームテントはこちら!

1.コールマン(Coleman) テント ツーリングドーム LX<2~3人用>

最初にご紹介するのは、筆者も愛用しているコールマンのツーリングドームです。2〜3人用で、購入当初は夫と小さな子どもの家族3人での宿泊にも使用していました。

ポールの片方をテント下部のポケットに挿入して固定するポールポケット式で、一人でも設営しやすい設計です。また通気性に優れ、前後に加え上部にもメッシュがあり、風通し良く快適に過ごせます。

画像: 筆者撮影 インナーテント設営中の家族(コールマンテント ツーリングドーム LX )

筆者撮影 インナーテント設営中の家族(コールマンテント ツーリングドーム LX )

画像1: ソロキャンプ初めの一歩!おすすめテント紹介とチェックポイントを解説
コールマン(Coleman) テント ツーリングドーム LX 2~3人用
¥ 15,872
2019-09-23 2:12

2.スノーピーク(snow peak) テント アメニティドーム<3人用>

入門用テントとして絶大な人気を誇る、スノーピークのベストセラーテントです。インナーテントとフライシートにはわかりやすく色分けされたテープが付いており、インナーテントの上からフライシートをかぶせる時に同じ色同士をくっつけるようになっています。

同じようにフレームのパーツも色分けされていて、設営しやすいよう工夫されています。

画像2: ソロキャンプ初めの一歩!おすすめテント紹介とチェックポイントを解説
スノーピーク(snow peak) テント アメニティドーム (新品番)
¥ 30,950
2019-09-23 2:17

3.モンベル(montbell) クロノスドーム 2型 2人用

特許を取得している独自の「バーティカル・クロス・システム」を採用することで天頂部が広い居住空間を可能にしています。

ポールとソケットが一体となっているので、設営・撤収もより素早くできるのは嬉しいですね。通気性も抜群で室内の温度調節も簡単にできる、工夫が詰まったテントです。

画像3: ソロキャンプ初めの一歩!おすすめテント紹介とチェックポイントを解説
モンベル(mont‐bell) クロノスドーム 2型 (2人用)
ポールを直角に交差させるという独自のバーティカル・クロス・システム(特許取得済)の採用で広い居住空間を可能にした3シーズン対応のテントです。ショックコードでポールとソケットが一体となっているので素早い設営・撤収が可能。抜群の通気性も備えるので、ツーリングやトレッキング、バックパッキングなどにも幅広く使えます。本体用、ポール用、ペグ用のスタッフバッグが付属します。2人用。
¥ 24,624
2019-09-23 2:21
ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.