近年、メディア露出が増え一気に知名度を上げているワークマン。作業服をはじめとした現場仕事をする人のための商品を扱う店ですが、実はキャンプなどアウトドアでも使える商品がたくさんあります。今回は、そんなワークマンで偶然見つけたジェントス製LEDヘッドライトをキャンパー目線でレビューします!

夜のキャンプ場って 暗くてちょっと怖いんです

画像: 筆者撮影 「夜のキャンプ場はテントから少し離れると真っ暗!」

筆者撮影 「夜のキャンプ場はテントから少し離れると真っ暗!」

自然豊かなキャンプ場は、日が沈むと真っ暗! 自分のテントから少し離れた途端に何も見えなくなってしまうので、足元の石や木の根に気づかず、つまづいてしまうことがよくあります。更に、私はかなりの方向音痴。自分のテントに戻ろうと歩いていたはずが、いつの間にか真っ暗な森の中に迷い込んでいた!なんて経験も(泣)

そんな理由で、真っ暗なキャンプ場を歩くのはちょっぴり怖い私。お手洗いなどでどうしても自分のテントを離れなければならない時は、LEDランタンを持ち歩くようにしています。でも、ランタンの光は、あくまでも周囲を明るくするためのもの。足元や道の先を照らすのには向いていません。なんとかならないものか・・・。

1000円札1枚! 小型LEDヘッドライトの実力は?

そんな時に、ワークマンで便利そうなアイテムを発見しました。それがこちらのGENTOS(ジェントス)LEDヘッドライトです。

そういえば、キャンプ場でも頭にライトを着けている人を何度か見かけたことがあります。ヘッドライトならフリーハンドで使えるので、キャンプや登山などのアウトドアで使うのに良さそう。ワークマンでは何種類かのヘッドライトを取り扱っていましたが、私が購入したのはその中でも最も安価なもの。当時のお値段は税込みで980円でした。

ヘッドライト本体にはあらかじめテスト用電池が入れてあったので、開封してすぐに使えるのは嬉しいなと思いましたが…なんせ1000円札1枚ほどのを出してお釣りが来るようなお値段のヘッドライトです。ちゃんとライトとして使えるのか、少々不安。ということで、このテスト電池をそのまま使用して、性能をチェックしてみました。

画像: 筆者撮影 「ワークマンに売っていたGENTOS 小型LEDヘッドライト HC-24BK」

筆者撮影 「ワークマンに売っていたGENTOS 小型LEDヘッドライト HC-24BK」

ジェントスというメーカーをよくよく調べてみると、信頼のおける国内メーカーで、ヘッドライトをはじめデスクライトやランタンなども作っている会社。LEDライトの世界ではハイクオリティな商品を提供しているみたいです。

画像: 【商品レビュー】ワークマンで購入したジェントス製の小型LEDヘッドライトはキャンプでも使える?
ジェントス GENTOS ヘッドライト 小型ヘッドライト クリップヘッドライト HC-24BK
本体質量32gの軽量&コンパクトヘッドライトです。 付属のヘッドバンドをつけてヘッドライトとしても使用可能。 背面にクリップも搭載されており、付替えができ、帽子のつばに付けたり、リュックのベルトに付けたりすることも可能の2Way仕様。 ■使用光源:高輝度チップタイプ白色LED×1個 ■明るさ(約):20ルーメン(最大時) ■輝度(約):110カンデラ(点灯) ■使用電池:リチウムボタン電池CR2032×2個 ■点灯時間(約):15時間(点灯)/ 140時間(点滅) ■照射距離(約):20m(最大時) ■保護等級:防滴仕様(IPX4準拠) ■落下耐久:1m落下耐久 ■本体サイズ(約):W4...
¥ 1,058
2019-09-23 0:59

20ルーメンの明るさを写真で検証!

以下は、パッケージに記載されていたスペックです。

使用光源:高輝度チップタイプ白色LED×1個
明るさ:約20ルーメン(最大時)
使用電池:リチウムイオン電池CR2032×2個(テスト用付属)
点灯時間:点灯 約15時間/点滅 約140時間
照射距離:20m(最大時)
本体サイズ:約40×36×40(cm)

明るさは約20ルーメンと書かれていますが、これではどの程度の明るさなのかピンときませんね?実際に暗い場所で、「何も光源の無い状態」と「GENTOS 小型LEDヘッドライトを点灯した状態」を比べてみました!

画像: 筆者撮影 「20:00頃 自宅駐車スペースの写真」※光源無しの状態(白線に注目)

筆者撮影 「20:00頃 自宅駐車スペースの写真」※光源無しの状態(白線に注目)

ただの真っ黒な画像にしか見えませんが、実はこちら私の自宅駐車スペースの写真です。夜8時頃、完全に日が沈んでから撮りました。よくよく見ると、写真の左端にうっすらと白線が写っているのがわかるかと思います。

それではここで、ワークマンで買ったGENTOS 小型LEDヘッドライトのスイッチを入れてみましょう。

画像: 筆者撮影 「自宅駐車スペースの写真」※GENTOS 小型LEDヘッドライトONの状態

筆者撮影 「自宅駐車スペースの写真」※GENTOS 小型LEDヘッドライトONの状態

おお~・・・いいですね! ライトで照らされて、足元がバッチリ見えるようになりました。ライトを当てている場所(上記写真中央)以外は暗いままなので、必要以上に明るいという心配もなさそうです。

キャンプ場で持ち歩くライトとしては十分な明るさではないでしょうか。これなら私も、石や木に引っかかることなく安心して歩けそうです。

ライトとしての使い勝手もチェックしてみました!

【◎】着けていても気にならない軽さ!電池を含んでもたった32g

画像: 筆者撮影 「本体質量32gに注目」

筆者撮影 「本体質量32gに注目」

パッケージにも記載されている通り、こちらのヘッドライトは超軽量。電池を含んでもたったの32gしかありません。なので、着けていても重さはほとんど感じずストレスフリー。重たいライトは持ち運びも大変なので、軽量なのはありがたいです。

【◎】首にかけても使える!ヘアスタイルが気になる女子には好評

画像: 筆者撮影 「ゴムバンドが延びるから首にかけても使える」

筆者撮影 「ゴムバンドが延びるから首にかけても使える」

付属のゴムバンドの長さは、お好みで調節可能。頭に着けるのはもちろん、ちょっと長めに調節して首にかけて使うこともできます。「頭にゴムバンドを着けると髪がぐしゃっと乱れてしまうのが気になる」という女子キャンパーさんには、首かけスタイルがオススメ。

【◎】上下の入れ替えも可能なクリップ付き

画像: 筆者撮影 「クリップ付属で使い方もアレンジ次第」

筆者撮影 「クリップ付属で使い方もアレンジ次第」

ヘッドライトの裏側には、取り外し可能なクリップが付属しており、クリップタイプのライトとして使うこともできるようになっています。クリップの挟む部分が上でも下でも取り付けられるようになっているので、上下を気にしなくていいのは嬉しいポイント。

【△】防水機能は無し!水濡れには注意が必要

こちらのヘッドライトは防水ではありません。説明書には「水中で使用しないでください」と記載されていました。水没させると故障してしまう恐れもあるので水辺で利用する場合は注意が必要です。

また、説明書での記載は確認できませんでしたが、防滴でもありません。雨や水しぶきがかかるのも避けたほうが良さそうですね。

ワークマンには安くて魅力ある商品が多数!

画像: 筆者撮影 「ワークマン外観」

筆者撮影 「ワークマン外観」

超軽量で明るさも申し分無しのジェントス製の最安ヘッドライト。作業中に手元を照らしたり、テント内で探しものをしたりするのにも使えるため、ひとつあると重宝するアイテムだと思います。このようにワークマンのお店には安価ながら魅力ある商品を多数取り揃えているため、あなただけの“コスパ良しキャンプグッズ探し”をしに立ち寄ってみてはいかがですか? きっと一役買ってくれますよ。

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.