こんにちは、ママキャンププランナーのサリーです。8月23日、愛知県の奥三河地区で行われた、ハピキャン初のデイキャンプイベントに参加してきました。数々のワークショップが開催され、子連れで思いっきり楽しんだ様子をレポートします。

イベント当日は雨予報

このイベントは8月23日(金)~25日(日)の3日間行われ、毎日ゲストが変わりました。23日はたけだバーベキューさん、タケトさん。24日は、はなわさん。そして25日はヒロシさんです。

我が家は23日に参加。朝10時に奥三河に到着しました。この日は日中雨予報が出ていたこともあり、キャンセルの方もいらっしゃった様子。

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

会場は廃校になったのき山学校。こちらは車で乗り入れができなかったので、少し離れた駐車場で荷物を降ろし、会場まではマイクロバスで移動しました。

そして会場では、おぎやはぎさんの等身大パネルがお出迎え。家族でぱちりと並んで撮影しました。

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

サイトには、なんとブルーシートが一面に敷いてありました。実は地面が泥のため、雨でぐちゃぐちゃになってしまうので、あらかじめスタッフさんが敷いてくれたとのこと。

「シートの上から、ペグ打ってもらっていいですからね~」との言葉に、こんなの初めてと言いながら楽しく設営しました。

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

5歳の次男は濡れたブルーシートの上を、わざと滑って転ぶ遊びにはまりまして…着替え車に置いてきちゃったよ~!やめて~!とお願いしましたが聞くわけもなく。ただ、彼はこの遊びがこの日一番楽しかったと言っていたので、よしとします。

たけだバーベキューさんのワークショップ

最初のイベントは、たけだバーベキューさんによる、BBQをおいしく食べるためのワークショップ。

この日なんと遅刻してしまったたけだバーベキューさん、タケトさんからチクリチクリと責め立てられる掛け合いに、思わず参加者から笑いが起こりました。

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

つかみもオッケーで場が盛り上がった所で、いよいよBBQの実演です。

この日のBBQ食材は、

・野菜
・牛肉
・ジビエ(鹿肉)
・焼きそば
・バナナ

です。

野菜はそのまままるごとで焼くと、パプリカがなんともやわらかくて甘い!ナスも身がとろりとしていました。

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

お肉は表面をある程度焼いたら、焼きそばを作る時に使うようなアルミの大皿をかぶせると、中に熱が対流してジューシーな焼き上がりになる技も登場。

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

ジビエはじっくりとスキレットで火を通し、バターを何度もかけて焼いていきます。

画像7: 筆者撮影

筆者撮影

焼きバナナは、「バナナ泡」と呼ばれる泡が、皮の隙間からぷつぷつ出てくることが食べごろ。

シメの焼きそばは、添付の粉末ソースではなく、オリジナルの味付けに。甘口の焼き肉のたれと、バターで味付けすることで、いつもとは違うこっくりとした味わいに。

画像8: 筆者撮影

筆者撮影

色々なバーベキューの技とともに、笑いの要素もあり、さらにその料理も参加者が味見できてしまうとあって、大満足のワークショップでした。

タケトさんのDIYワークショップ

さて、お次はタケトさんのワークショップ。得意のDIYで作ったものは、ティキトスというアメリカ生まれのリングダーツです。

画像9: 筆者撮影

筆者撮影

板をやすりがけで滑らかにして、インクでハピキャンマークをスタンプ。金具と紐を付ければ完成です。

画像10: 筆者撮影

筆者撮影

できあがったティキトスを、実際にキャンプで使用してみました。木にボードをくくりつけて、ひもでつながったリングを遠くから放し、ボードのフックにかけるのです。大人も子供もみんなで楽しめるゲームでした!

盛りだくさんのワークショップ

画像11: 筆者撮影

筆者撮影

他にもハピキャンステッカー作りや、スパイス作り、ガーランド作りなど、どれも無料でいいの!?というほどの充実したワークショップでした。大半は小学生にちょうどいいくらいの作業で、7歳の長男はとても楽しめた様子。

画像12: 筆者撮影

筆者撮影

5歳の次男はというと、おせんべい作りに夢中。炭火でじっくりと時間をかけて焼いてはひっくり返します。最後に秘伝のたれをかければ、特製おせんべいの完成。

画像13: 筆者撮影

筆者撮影

「もっとやる~!」と、焼く作業も、食べる作業も楽しかったようです。

愛知高原・奥三河のご当地キッチンカーも登場

画像14: 筆者撮影

筆者撮影

イベントということで、近隣の有名店がキッチンカーで出店していました。岡崎市にある「いづみ」さん。この日は暑かったので、さっそくかき氷を注文。

画像15: 筆者撮影

筆者撮影

ふわふわで、シロップも中に入ったヨーグルトアイスもおいしい絶品でした。他にもカレーや挽き立てコーヒーなど、屋台気分で色々食べられました。

「Cafeのっきぃ」でティータイム

会場であるのき山学校には、カフェが併設しています。雨が強くなってきたので、ちょっと休憩。ここはなんと理科室だったそうです。

画像16: 筆者撮影

筆者撮影

手作りケーキをいただきました。ノスタルジックな教室の中で、ゆるりとした時間を過ごせました。

画像17: 筆者撮影

筆者撮影

ハピキャンデイキャンプイベント、大満喫!

画像18: 筆者撮影

筆者撮影

実は今まで、こういったキャンプイベントに参加した経験がなく、今回初めてでした。まだ子供たちが小さいので、飽きてしまわないか不安だったんです。でも実際参加してみると、お祭りのような雰囲気にわくわくしっぱなしでした。

普段はテレビの中でしか見れない芸人さんと近くで同じ時間を過ごせたり、親子でワークショップに参加したり。キャンプの気分を楽しみつつ、いつもとはひと味違うデイキャンプに親子ともども大満足でした。またこういったイベント、ぜひ参加したいです!

こちらの記事もどうぞ!

奥三河ベースで初披露された、はなわさん制作の「愛知高原・奥三河の唄」はこちら!

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.