8月23日(金)から25日(日)の3日間、愛知県北設楽郡東栄町にある体験交流館・のき山学校にてハピキャン初の野外イベント(主催:愛知県)が開催されました!今回は、ご家族で楽しめるようなデイキャンプでのイベントが盛りだくさん!キャンプ界で有名な方たちのワークショップや三河山間地域の魅力を存分に体感していただけるブースなどとても充実した内容だったので、GSD東海編集部も現地を訪れました。前編に続き、レポート後編では、デイキャンプの様子や地元ブースなどをご紹介します。

▼前編を読んでいない方は、こちらから

イベントデイキャンプ体験しました!

画像1: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

今回のイベントは、会場となった「のき山学校」のグラウンド内でご家族でデイキャンプができる企画でしたので、私もご家族に交じってデイキャンプ体験をさせてもらいました!

【のき山学校】

住所:愛知県北設楽郡東栄町大字下田字軒山13-7
電話・FAX 0536-76-1722
イベント公式HPはこちら
のき山学校の公式HPはこちら

初日はあいにくの雨でしたが、キャンプに天候の不便はつきものですね。負けじと雨の中、朝からタープを張ってみました。そんな私たちのキャンプサイトはこんな感じで、レイアウトしました!

画像2: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

さて今回のデイキャンプでは、会場で出展されている地元・設楽町のジビエの森の鹿肉を頂くことが出来ます。

画像: 筆者撮影

筆者撮影

ジビエは臭みが気になってしまうことがよくありますが、今回頂いた鹿肉は全く臭みがなく、脂身も少ないので、おいしくそしてヘルシーにいただくことができました!鹿のお肉の味は、わかりやすく言うと味にクセがなく、後味がさっぱりしているので脂部分の少ない鶏肉が好きな方におすすめです。

一度ジビエを食べてみたいという方は、レストランも併設されている奥三河高原ジビエの森へ行ってみると良いですよ。

奥三河高原ジビエの森
愛知県北設楽郡設楽町津具字野向2番地1
公式HPはこちら

そして、今回のイベントにデイキャンプで参加されている2組の家族にもインタビューさせてもらいましたよ。

画像3: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

1組目は、愛知県豊橋市から参加したというこちらのご家族。キャンプ歴はまだ1年だそうですが、長男(9歳)、長女(4歳)と家族4人で普段から自宅の敷地にある畑でテントを張ってキャンプ体験をしているのだとか。何を楽しみにこのイベントに来ましたか?との質問には「バーベキュー!」と子供たちが元気に答えてくれました。ピザ体験やガーランド作りも楽しんでくれたそうです。

画像4: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

2組目は、3歳の男の子がいらっしゃるこちらのご家族。番組「おぎやはぎのハピキャン」を見てこのイベントにも応募してくれたとのこと。ありがとうございます!

ご夫婦でのキャンプ歴は約8年とベテランですが、出産後はしばらくお休みしていたそうで、お子さんの成長と共に、最近またキャンプを再開されたとのこと。次に行ってみたいキャンプ場は?との質問には群馬県の「カンパーニャつま恋キャンプ場」と答えてくれました。ご家族で、これからたくさんのキャンプの思い出を作ってくださいね!

TRAVEL HOUSE(トラベルハウス)で軽トラ体験してきました

画像5: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

今回イベント会場内には、たくさんの軽トラが停まっていました。

荷台に大きな箱を積んだ軽トラの名前はTRAVEL HOUSE(トラベルハウス)。箱の中は部屋として改装されていて、ご夫婦が二人で軽トラキャンプをしたり、趣味を楽しむための動く部屋として使用できるワクワクする秘密基地のような軽トラです。

ドアを開けて中に入ると、とても広い空間が広がっています。部屋は大きく上下に2つに分かれています。

画像6: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

こちらは下の部分です。私は身長が154cmなので十分な広さが取れます。座っていても余裕です。

画像7: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

上の部分は高さこそありませんが、軽トラの運転席の上まで部屋があるので、足を奥まで伸ばすことが可能です。軽トラは乗車定員が2人までなので、こちらの部屋も2人であれば十分に快適に過ごすことができます。

画像8: Photographer 吉田 達史

Photographer 吉田 達史

こちらの部屋のお値段はなんと88万円(税別)。キャンピングカーは高くて買えない・・・という方でもこの価格なら購入することが可能ではないでしょうか?また釣りやバイクなどの趣味の部屋として使用される方も多いので、自分だけのマイルームを作ることも可能です。

TRAVEL HOUSE(トラベルハウス)概要
トラベルハウス公式HPはこちら

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.