フレッシュジュースがキャンプやバーベキューで作れたら、アウトドアでのこなれ感を演出できますよね。しかしミキサーを持っていくのは大変...。そこで今回は、基本のミキサーを使った作り方とミキサーなしで作る方法を写真付きレシピでご紹介します!

家にあるものでできる!フレッシュジュースをミキサーなしで作るレシピ

ミキサーを使わないフレッシュジュースの作り方は、おろし器ですりおろしたり、しぼり器で果汁をしぼる方法のほかに、もうひとつ存在します。

それは、食品保存袋を使用したやり方です。お肉やお魚を保存するときに使う食品保存袋は、ファスナーをきっちり閉めれば中の液体は漏れませんからジュース作りにうってつけなのです。食品保存袋があれば、キャンプやピクニックでも新鮮でしぼりたてのフレッシュジュースを味わえます。

画像: 【写真付レシピ】簡単フレッシュジュース作り!ミキサーなしで作る方法も伝授
【大容量】 リード冷凍も冷蔵も新鮮保存バッグ M 54枚
商品の説明
特徴
・冷凍、冷蔵兼用。これ1枚で冷蔵・冷凍保存から電子レンジ解凍まで使え、面倒な使い分けの手間を省きます。・厚手で丈夫な「抗菌加工フィルム」を採用。食材の保存や下ごしらえなどにも清潔に使えます。・抜群の密閉力「ガイドライン付きダブルジッパー」。・食材の乾燥や、冷凍やけ、ニオイ移りを防ぎ、鮮度をしっかり守っておいしさを保ちます。・使い出のあるMサイズ大容量は、たっぷり入った54枚入り。
発売元/製造元/輸入元
ライオン
¥ 533
2019-09-10 10:17

フレッシュジュースはミキサーで作るものと当たり前のように思っていましたが、考えてみるとたしかにミキサーなしでも作れそうですよね。そこで今回は、私の自宅にある食品保存袋と果物を使ってフレッシュジュースを作ってみました。

必要なものは、食品保存袋と果物、そして自分の手のみ!それではさっそく作っていきましょう!

画像: 家にあるものでできる!フレッシュジュースをミキサーなしで作るレシピ

食品保存袋で作れるキウイのフレッシュジュースのレシピ

食品保存袋でフレッシュジュースを作るときは、なるべくやわらかい果物がおすすめ。なぜならミキサーの代わりに自分の手で揉んでジュースにするからです。みかんやバナナもミキサーなしでも作りやすいので、お好きな果物を使ってやってみてくださいね。今回は自宅にあったキウイを使用します。

【材料(1人分)】

  • キウイ:1個
  • 水:100~150ml
  • 食品保存袋:1枚

※食品保存袋は少し大きめのサイズを選ぶと、揉んだときにあふれにくくなります。私は今回1人分の量に対して、袋はMサイズを使用しました。

【作り方】

1.キウイの皮を剥き、揉みやすいようにカットします。

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

2.食品保存袋を準備してカットしたキウイと水を入れます。

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

3.ファスナーを確実に閉じてひたすらキウイを揉みます。念のため、揉むときは必ず片方の手で袋上部をギュッと握っていてください。ファスナーを十分に閉じていなかった場合、揉んだときにキウイや水が上へ移動してあふれる可能性があります。今回私が使用した食品保存袋は、ファスナーが2重になっている商品なので、問題なく使用できました。

少し食感を楽しみたい人は粗目に、しっかりジュースにしたい人は念入りに揉んでなめらかにしましょう。

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

4.揉み終わったら中身をグラスに移して、キウイのフレッシュジュースの完成です。

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

飲んでみるとキウイの酸味もあり、さっぱりした味でおいしかったです。キウイの食感も入っていて、果肉入り飲むヨーグルトのキウイ版のような感じでした。

あまり熟していなくてキウイが酸っぱいときは、お好みではちみつを加えると酸っぱさが減り、飲みやすくなりますよ。

硬い食材はミキサーで!りんごと人参のフレッシュジュースのレシピ

硬い食材だと手で揉むのも時間がかかり大変ですよね。手軽に作りたいときはやはりミキサーがおすすめです。野菜を入れたフレッシュジュースにしてもおいしいですよ。

【材料(1人分)】

  • りんご:1/2
  • 人参:5cmくらい
  • 水:100~150ml

【作り方】

1.まずはりんごと人参をカットします。皮を剥かずにそのまま作るフレッシュジュースもありますが、今回は皮も剥いて作ります。皮ごと作りたい人は、よく水で洗ってから行ってください。

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

2.ミキサーに切った食材と水を入れ、ふたをします。ふたをしたら、片手でふたを押さえてスイッチON。

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

3.30秒~1分ほどで細かくなるので、お好みの細かさになったらスイッチを止めます。グラスに移して完成です!

画像7: 筆者撮影

筆者撮影

野菜ジュースが苦手な人は人参を少なくしてりんごを多めに。反対に野菜ジュース大丈夫な人は、人参を多めにしてもいいでしょう。いろいろ試して自分好みの分量を見つけてみてくださいね。

水を◯◯に変えるだけでOKなフレッシュジュースのアレンジレシピ

ココア入り牛乳を使ったバナナのフレッシュジュース

果物や野菜と一緒に入れる水は、ほかのものを入れてもおいしくできます。たとえば、牛乳を入れるとまろやかな味に。さらに牛乳にココアを追加するのも、普段とはまた違うフレッシュジュースができますよ。果物は、バナナを使うとミキサーなしでも簡単に作ることが可能です。

【材料(1人分)】

  • バナナ:1本
  • 牛乳:100~150ml
  • ココア:お好み

※食品保存袋かミキサーを用意してください。

【作り方】

  1. バナナの皮を剥いて適当な大きさにカットします。
  2. ミキサーなしで作る場合は食品保存袋を、ミキサーありならミキサーを準備し、カットしたバナナをその中へ入れます。
  3. さらに牛乳とココアを加え、あふれないようファスナーorふたを閉じます。ミキサーなしは手でよく揉んで、つぶしていきます。ミキサーありはスイッチを入れて約30秒~1分間よく混ぜます。お好みの硬さになるまで行いましょう。
  4. 最後にグラスへ移せば、ココア入り牛乳とバナナのフレッシュジュースの出来上がりです。

炭酸水を使ったオレンジのフレッシュジュース

さっぱりしたフレッシュジュースが作りたいときは、水の代わりに炭酸水を加えるのも◎。炭酸水にはオレンジやパイナップルが合いますよ。炭酸水はミキサーに入れずに、直接グラスへ注ぐのがポイントです。オレンジがないときは、炭酸入りのオレンジジュースを使用しても作れます。

【材料(1人分)】

  • オレンジ:1/4
  • パイナップル(カットしてあるもの):1/2
  • 炭酸水:100~150ml
  • シロップ:お好み

【作り方】

  1. オレンジは皮を剥いて中身だけにし、パイナップルと一緒にミキサーへ投入します。
  2. ミキサーのふたをしてスイッチを入れてよく混ぜます。時間は約30秒~1分が目安。
  3. スイッチを止めて中身をグラスへ注ぎ、最後に炭酸水も追加しよく混ぜたら、お好みでシロップをかけて出来上がり!
画像: 炭酸水を使ったオレンジのフレッシュジュース

フレッシュジュースのレシピはアレンジ自在!ドリンク作りを楽しもう

画像: フレッシュジュースのレシピはアレンジ自在!ドリンク作りを楽しもう

新鮮な果物や野菜をしぼったフレッシュジュースは、ジュースにすると一度に多くの食材を摂ることが容易になるので、普段果物や野菜をしっかり摂れてない人にもおすすめです。使う食材をいろいろアレンジするのも楽しいですよ。朝でもすぐ作れるため、習慣にしてみてもいいのではないでしょうか。ミキサーを持っていないくても、またミキサーがない場所でも作れる飲み物ですので、キャンプやバーベキューでも楽しめます。ぜひ一度レシピを参考に作ってみてくださいね。

こちらの記事もどうぞ!

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.