こんにちは、みーこパパです。キャンプを始めると真っ先に触れることになるであろう専門用語、ペグ。テントやタープを地面に固定するための杭のことを示す用語ですが、こちらのペグについての使い分け方、打ち方の基本から応用までをくわしく解説いたします。

ペグの種類は地面で使い分ける!

材質などの違いで様々な種類のペグがありますが、基本的には地面の状態によって使い分けます。種類ごとに、使える地面を詳しくみていきましょう。

鍛造ペグ

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

まずは鍛造ペグ。鉄を焼入れ・鍛造したもので、強度があり多少の石なら粉砕できます。重いのですが、それも安定感を出すのに役立っています。

テントの下部分に打ち込むのであれば20~30cm、タープのメインポールやテントのロープなど、風の力を大きく受ける場合は30~40cmほどの長さがあれば安心です。多少長くても抜ける時は抜けますので、28~30cmが持ち運びを考えてもベストかと。

画像: 筆者撮影:溶岩質の固い地面に刺さる鍛造ペグ

筆者撮影:溶岩質の固い地面に刺さる鍛造ペグ

土、砂利、岩盤などの地面で威力を発揮しますので、キャンプ場であれば鍛造ペグ一種類あれば十分なほどです。最初の買い足しペグにおすすめです。

こちらのエリッゼステークは鍛造ペグの中でも人気商品です。私も使っていますが、強度があり頼れるペグです。何を買うか迷ったら、こちらで大丈夫です。

鍛造ペグを打ち込む際には、しっかりした金属のハンマーが必要です。ホームセンターで買える金づちでも大丈夫ですが、ゴムハンマーだとハンマーの方が負けてしまいます。

キャンプ用のハンマーはペグ抜きもしやすいように工夫されています。見た目も格好いいので、できればキャンプ用の物が欲しいですね。

ステンレスペグ

画像: 筆者撮影:ユニフレームのパワーペグSUS

筆者撮影:ユニフレームのパワーペグSUS

鍛造ペグ並の強度を持ちながら、鍛造ペグよりも軽い。そんな夢のようなペグが、こちらのステンレスペグです。見た目からして強そうな鍛造ペグに比べると、そんなに強そうに見えませんよね。私もそう思っていましたが、実際に使ってみるとびっくりするほど強度がありました。

これも土、砂利、岩盤など多くの地面に対応可能です。泥汚れを水洗いしても、ステンレスなので錆びにくい。貫通力もありますので、こちらも最初の買い足しにおすすめできるペグです。

スチールペグ

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

ちょっといいテントに付属していることが多いです。そこそこの強度があり、土や砂利の地面では普通に使えます。ただし石を貫通できるほどではなく、火山地周辺の溶岩混じりのキャンプ場では入らない経験をしました。

安いので買いやすいのですが、鍛造ペグには一歩劣る印象です。20cmぐらいの長さであれば、あえて買う必要もありません。

50cmなど長くて抜けにくいものを、常設テントなどに使っているのはよく見かけます。重くても安くて強度もあるので、持ち運びに目をつぶれば活躍します。

アルミペグ

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

ピン型、V型、Y型など断面の形が色々です。ピン型は先述の通りあまり使えませんが、V型とY型は接地抵抗が大きく、地面が土のサイトではそこそこ使えます。強度はそれほど無く、硬い地面では簡単に曲がってしまいます。

軽量なので山岳系テントなどに付属することが多いです。荷物を軽くしたい場合にはおすすめですが、使えない地面も多いことは覚悟してください。

プラスチックペグ

画像2: 画像出典:123RF jp.123rf.com

画像出典:123RF

jp.123rf.com

柔らかい土のサイトであれば、このプラスチックペグも使えます。少し固く、石混じりになってくると厳しいです。とても柔らかい砂地などでは、鍛造ペグなどは抜けてしまうのですが、プラスチックペグの方が断面積が大きいので若干抜けにくくなります。

画像: 筆者撮影:強風で折れたサンドペグ

筆者撮影:強風で折れたサンドペグ

サンドペグという砂地専用のペグもあります。浜辺などで張る場合はこちらの方が強いのですが、所詮プラスチックなので強風で折れます。この場合、重いものに括り付ける方が確実です。

プラスチックペグは金属ハンマーで強く打つと割れてしまうので、優しく打ちこみましょう。

This article is a sponsored article by
''.