こんにちは!キャンプにはウイスキー一本持参しないと不安になるくにぱぐです。今回は「キャンプにおける本来の燻製の楽しみ方」に立ち返って、下ごしらえナシ、燻すだけであっという間に美味しくなるメニューをいくつかご紹介します。食べてみないと味の想像がつかないようなものをメインに取り揃えてみたので、定番のチーズやゆで卵に飽きた人は是非試してみてください。基本的な燻製のやり方についても少し詳しく触れてみますので、ほかのメニュー作成の時にも役立ててくださいね!

キャンプ場で下ごしらえなしでサッと燻せば、すぐに美味い! 簡単にできる燻製の方法と燻製器をご紹介

画像: ※画像はイメージです。筆者撮影。

※画像はイメージです。筆者撮影。

これまでさまざまな燻製料理にスポットを当ててきましたが、私としても振り返ってみると「少し面倒な料理が増えてきたかな~」という気がしており、今回はその反省も踏まえて、「とにかく燻すだけ」で簡単に美味しくなる食材を紹介します。

  • 下ごしらえが一切ないこと。
  • あまり一般的ではなく、意外性があること。

を意識したラインナップにしてみました。

以下、少し前置きがながくなりますが。

  • 本来キャンプで行なう「燻製」はそんなに手間隙のかかるものではなく、短時間でサッと燻せばその場ですぐに美味い、が基本だと思います。
  • アウトドアショップに売られている、フォールディング式で小~中型の燻製器などはそのためのギアであり、大きな肉の塊や大量のチーズなどを何時間もかけて燻すのには、実は適していません。

今回は下記のような燻製器で作りやすいメニューと、改めて燻製の初歩的なやり方について、取り上げていきます。

加熱も同時にできて手間いらず! キャンプ場で他の調理器具不要! 短時間で味と香りをつける「熱燻」

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

まず、改めて今回のような「熱燻」と呼ばれる燻製の作り方を最初にまとめておきます。

「熱燻」とは、バーナーのような熱源で燻製器をガンガン熱し、80度以上の高温に燻製器内を保つことで、短時間で食材にしっかりとしたスモーキーな味と香りをつける方法です。

加熱も同時にできるため、これだけで調理ができてしまうので、煮たり焼いたりといった手間もいりません。私は燻製器以外の調理器具を一切キャンプ場に持ち込まず、熱燻だけで1泊を乗り切ってしまうこともよくあります。

燻製器

上記のようなものでなくても構いません。ダッチオーブンでもできますし、使い古した鍋にアルミホイルを被せるだけでも使えます。以前紹介したようにメスティンを使う方法もあります。ただし、ダンボール製のものは燃えてしまう可能性があるため、熱燻には不向きです(あれはもっと温度の低い温燻向きです)。

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

また、鍋などを利用する場合、スモーク源を燻製器の底に置いて、そこから出てくる煙が当たるよう、中空に網が敷けることがポイントです。
例えば、画像のようにアルミホイルを厚めに敷いてそこに網を乗せたり、タコ糸で網を吊るすなど、一工夫が必要ですね。

スモーク源

スモークチップとスモークウッドという2種類があります。ウッドはやや着火が難しいですが、着火後2時間程度は使えるので、続けてたくさんの燻製を作りたい時に向いています。チップは熱燻以外には使えないデメリットがありますが、使う量をコントロールしやすく、着火をする必要もないという良さがあります。今回はどちらを使っても構いません。

また、いずれもさまざまな種類がありますが、最初は「サクラ」がオススメです。サクラは簡単に濃い色と香りがつくからです。

それ以外の種類は好みがあると思うので、いろいろと試してみるといいでしょう。ちなみに私は「ウイスキーオーク」がお気に入りです。

スモーク源には「ピートパウダー」という泥を乾燥させた粉を振り掛けると、よりよい色がつきます。また、ザラメや少量のウイスキー、乾いた茶葉や果物などを一緒に燃やすことで、また違った味わいになるので、この辺も試してみてはいかがでしょうか。

熱源

燻製器を外側から熱する道具です。キャンプ用のバーナーで問題はありませんが、ゴトクが小さい場合、燻製器が倒れてしまう可能性があるので、注意してください。そんな場合は、ゴトクだけを別途用意すればOKです。

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

また、バーベキューで使った炭火でも大丈夫ですし、やや難しいですが焚火でもいけます。炭火の場合は燻製器が十分に熱せられるまで、すこし時間がかかります。燻製器内部は80度以上を維持しよう 事前に食材の水分を拭き取っておこう!

難しいことは一切なし! 事前に食材の水分を拭き取って、燻製器内部は80度以上を維持しよう

難しいことはほとんどありません。

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

(1)
まず、燻製器に網をセッティングし、スモーク源を燻製器の底に入れます。

画像5: 筆者撮影

筆者撮影

(2)
ウッドの場合だけ、事前にウッドを燃やしておく必要がありますが、これはライターなどでは無理で、バーナーで行ないます。ウッド側面の一番面積が小さいところを2分程度炙り続け、炎が出た状態で1分放置すると、しっかりと着火します。これより時間を短くすると、点いていたつもりが失火します。面倒な場合は、焚火に放り込んでおくと、1分程度で安定した煙が出ます。チップの場合、熱だけで発煙させるので、大匙3杯ぐらいのチップを燻製器の底に敷いておけばそれで完了です。    

画像6: 筆者撮影

筆者撮影

(3)
次に、燻製器を熱源にかけます。温度計があれば80度以上まで温度が上がるのを待ち、なければ数分熱してから食材を入れるます。火はそのまま落とさないこと。それだけです。真冬など極端に温度が上がりにくい場合、画像のように燻製器をまるごとアルミホイルで囲ってしまうと、かなり温度が上がりやすくなります。

食材は基本的にそのまま入れるだけでよいのですが、事前に水分はなるべく拭き取ること。これをしないと、エグみが出ることがあるからです。食材による差はありますが、5~30分ほどそのまま燻せば、たいがいのものは美味しい燻製になります。

以上が燻製作りの初歩、ということになります。

ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.