キャンパーのなかには、いつのまにか小物類が増えてしまい、整理整頓に四苦八苦…なんて人も多いことでしょう。そんな状態では、自宅での収納時はもちろん、キャンプ場に行くときにも「あれどこいった? 」「これがない! 」なんてことになりがちです。そこで今回は、自宅での収納&移動時に活躍する便利なギアケースをご紹介します!

ソフトタイプとハードタイプがあるギアケース それぞれのメリットや使い分け方は?

「ギアケース」とは、こまごまとしたキャンプ道具をまとめて収納できるボックスのこと。うまく活用すれば収納時に整理整頓できることはもちろん、用途ごとにアイテムがまとまっていればキャンプ時にも道具をスムーズに取り出せます。そんな便利なギアケースには、ソフトとハードの2種類があります。それぞれの特徴をふまえて、用途に合ったものを選んでください!

ソフトタイプは折りたためるので使わないときに場所を取らない

ソフトタイプのメリットは、使わないときには折り畳めること。ギアケース自体の収納にも困りません。また、ハードタイプでは「ギリギリ荷物が入らない」という場所でも、硬いケースではないからこそ、ちょっとしたスペースに押し込めるのもいいところ。ものによっては小分けにできる仕切りや、保護パッドなどが付いているものもあります。

ハードタイプは重ねて置ける&テーブルとして使えるものも

樹脂や金属などを素材としているハードタイプは作りがしっかりしているので、ナイフや包丁といった調理器具や工具、照明器具などを入れても安心です。荷崩れもしにくく、重ねて置けるため車載時にも活躍してくれます。また、荷物を出したあとは、テーブルや棚として使える商品もあります。

ソフトタイプもハードタイプも、どちらか一方ではなく使い分けることでスマートな収納が可能になります。ここからは、両タイプのおすすめギアケースを紹介していきます。

画像: ハードタイプは重ねて置ける&テーブルとして使えるものも

【ソフトタイプ】可動式の仕切りで荷物の仕分けが楽々 トランクに入れやすいサイズで優秀

1.ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)コンテナボックスBCギアコンテナ

容量約80L、重量約2100gの、ソフトタイプのギアケースです。底の素材は840Dナイロンを使用していて、摩擦に強くなるよう補強されています。藍色の地にワイルドなキャンプ柄が施されていて、個性的ながらも派手過ぎずにテント周りになじんでくれます。

留め具はファスナー式。69cmの持ち手がついていて持ち運びがしやすくなっています。側面には4カ所のグラブハンドルもついているので、ちょっと運ぶ、持ち上げる、引っ張るときにもとても楽です。

メインスペースは3枚の稼働可能な仕切りがついており荷物の仕分けがしやすくなっています。ポケットはないので、散らかりそうな小物はポーチに入れるのがおすすめ。乗用車のトランクルームに入れやすい大きさを考慮している点も非常に気が利いています。価格はAmazonで20,000円前後です。

画像1: 収納&移動で大活躍! キャンプ道具の収納におすすめなギアケース3選
[ザ・ノース・フェイス] コンテナボックス BC ギアコンテナ
TNFの定番、BCシリーズと同じTPEファブリックラミネート素材を使用した大型のギアコンテナバッグ。アウトドアグッズを気兼ねなく入れて持ち運べる気軽さが特長で、メインのスペースには3枚の稼働可能な仕切りが付いているので荷物の仕分けも容易です。当モデルから乗用車のトランクルームにも入れやすいサイズにリサイズされ、オートキャンプなどにもさらに持ち出しやすくなりました。キャリーハンドルの他に、本体の側面に4ヶ所のグラブハンドルが付き、持ち運びもしやすくなっています。
2019-08-26 10:32

【ハードタイプ】変形して棚にもなるコンテナ 竹製の持ち手がスノーピークらしさを演出

2. スノーピーク(snow peak) ファニチャー シェルフコンテナ 50

容量約50L、重量約5.5kg。鈍く光るスチールの金属感が非常にワイルドな印象を与えてくれます。竹製の持ち手とのコンビネーションもスノーピークならではで非常にお洒落。同じものを3個まで積み上げることができて、重ねてもずれないような設計になっているので、走行時など多少の振動で崩れることはありません。

そして、このギアケース最大の特徴がボックスを開いてW型に変形すればシェルフとして活用できること。開いたW型の状態で積み上げることもでき、荷物の取り出しも自在です。

キャンプ場まではモノを運ぶコンテナとして、キャンプ場についてからは棚として、自宅での保管時は頑丈なボックスとして使うことができ、非常に便利です。オプションで「マルチファンクションテーブル竹」などを接続し、ちょっとしたテーブルとして使うこともできます。価格はAmazonで13,000円前後です。

画像2: 収納&移動で大活躍! キャンプ道具の収納におすすめなギアケース3選
スノーピーク(snow peak) ファニチャー シェルフコンテナ 50 UG-055G
ガーデン用のギアを入れてヤードに保管したり、キャンプシーンでコンテナBOXとしてなど、用途は自由自在です。風合いのある素材やデザインも楽しめます。1コンテナには20kgまで積載可能。3段まで重ねられます。
¥ 13,176
2019-08-26 10:35

【ハードタイプ】シンプルイズベスト! 耐荷重100kgで椅子としても使えるギアケース

3. 無印良品 ポリプロピレン頑丈収納ボックス(大)

容量約50L、重量約2.8kg。無印良品らしいシンプルなデザインのギアケースです。

持ち手は蓋のロックも兼ねていて、運搬時に蓋が取れて荷物が散乱…なんてこともありません。積み重ねは3つまで可能です。同じシリーズで(小)や(特大)もあるので、そろえて購入すれば統一感を出せます。普通車のトランクに積むのならば(大)がおすすめです。

耐荷重は100kgなので、ギアケースとしてだけでなく椅子としても使うことができます。蓋は覆う形になっているので、雨天時も中身が濡れる心配はありません。アウトドアシーンだけでなく、ベランダ収納としても人気の商品です。価格は公式サイトで1,800円前後です。

かっこいいギアケースを使いこなして、キャンプ収納をもっと快適&スタイリッシュに!

画像: かっこいいギアケースを使いこなして、キャンプ収納をもっと快適&スタイリッシュに!

キャンプ道具を整理整頓して収納できるギアケース。スペースの自由度が高いのはソフトタイプ、頑丈さや自宅保管なども重視するのならばハードタイプがおすすめです。記事を参考に自分のスタイルに合わせて選んでみてくださいね。お気に入りのギアケースに荷物を詰め込み、キャンプをより便利に楽しみましょう!

こちらの記事もどうぞ!

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.