夏休みは家族みんなで遊びに出かけることが増えますよね。でも、あまりの暑さに外出したくない時もありませんか? そんな日は、お家で子どもと一緒にドリンクを手作りして楽しんでみましょう。子どもも手伝いやすい簡単で美味しいドリンクをご紹介。自宅で作って、キャンプなどのアウトドア・お出かけに持っていくのもオススメですよ!

手作りドリンクで夏の暑さを乗り切ろう! 作ったジュースをピクニックに持っていくのも楽しい

手作りドリンクで子どもとコミュニケーション

普段は両親たちだけで台所に立つことが多いご家庭もあるかもしれません。その姿を見て、意外と子どもは「手伝いたい」「役に立ちたい」と思っていることも多いです。そんな時、子どもと一緒にドリンクを作れば親子のコミュニケーションにもなり、子どもも達成感を得られます。また、手作りドリンクを通して食に対する興味を生むきっかけにもなります。

子どものテンションや自主性をあげる工夫も

お手伝いや共同作業は子どもの自主性を上げるチャンスです。エプロンをしたりお気に入りのコップやキャラクターモチーフのマドラーを使ったりすることで、子どももワクワクして、さらに楽しいひと時を過ごせます。トッピングやアレンジなどのアイディアを出してもらうのもいいですね。

画像: 子どものテンションや自主性をあげる工夫も

夏にあまりがちなスイカをジュースで美味しく! 凍らせてから作ればスムージーになり食感も楽しい

さっぱり、さわやか! スイカジュース

材料(1~2人分)

  • スイカ可食部:500g
  • レモン果汁:大さじ1~2
  • 砂糖:適量

作り方

  1. スイカの種を取り除き、一口サイズに切る。
  2. スイカの半分は冷蔵庫に入れて冷やし、もう半分のスイカは冷凍庫で凍らせる。
  3. 全てのスイカ、レモン果汁、砂糖を入れてミキサーで混ぜる。

ポイント

夏の風物詩として食べることの多いスイカは、お中元でもらったりして意外と余りがち。そのまま食べてもいいのですが、せっかくなのでジュースに利用しちゃいましょう。

作り方は簡単で、冷やしたスイカと砂糖をミキサーで混ぜるだけ。甘いのが好きな方は砂糖の量を調整してください。レモン果汁などで酸味をプラスするのもオススメです。さらに、凍らせたスイカを利用すれば、スイカスムージーとして楽しむこともできます。子どもたちにはスイカの皮や種を取り除くなどの細かい作業をお願いするといいですね。

画像1: ポイント

塩と砂糖を入れると、麦茶の苦味が弱まり子供も飲みやすい! 水分と塩分が補給できておすすめ

意外な組み合わせ!? スポーツドリンク風麦茶

材料

  • 麦茶:1リットル
  • :3g(小さじ半分)
  • 砂糖:40g(大さじ4と1/2)

作り方

1. 麦茶を煮出す。
2. 煮出した麦茶に塩と砂糖を入れてよく混ぜる。

ポイント

麦茶は冷蔵庫に常備しているご家庭も多いのではないでしょうか。飲む機会が多いだけに、ちょっと飽きてしまった…なんてこともあるでしょう。

そこでオススメしたいのが、塩と砂糖を加えた塩砂糖麦茶です。麦茶の苦味が弱まり甘く飲みやすくなります。少し甘めのスポーツドリンクのような風味になり、いつもと違った麦茶が楽しめます。子どもたちには麦茶に入れた塩・砂糖を溶かすのを手伝ってもらうといいでしょう。

画像2: ポイント
ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.