キャンプ用の寝具は、マットも寝袋も約60〜70cmを大人1人分の幅として作られているものが多いですよね。ですので、よほどその幅で寝慣れていない限り、大人でも子どもでも窮屈さを感じてしままいます。特に子どもは寝相が悪いので、寝冷えが心配になりますよね。我が家でも、子どもが乳幼児の頃から失敗を繰り返し、小学生になった今でも試行錯誤の対策を講じていますので、本日は我が家の体験談を元にご紹介します!

子どもたちの寝相は最強!まずは3つの対策から

画像: 次男1歳:大野路キャンプ場にて 撮影は10月

次男1歳:大野路キャンプ場にて 撮影は10月

我が家の子ども達の寝相は三者三様にツワモノ揃い。長女&次男は上に登って行く派。長男は足元に下がって行く派で、さらにそれぞれ回転が加わる日もあります。ですので、頭の上にも足元にも寝冷え対策が必要になります。

さらに!夜中に寝ぼけてムクッと起き上がったと思ったら突然倒れこんで来たりするので、マットに隙間があったりすると、額を打ってしまう危険性もあるのです。

対策① 頭を打たないように!

画像1: 筆者撮影

筆者撮影

まずは基本ですが、テントの下の大きめの石はどけてから、グラウンドシートやインナーマットを使ってテントをたてます。

乳幼児に厚めのエアーマットを使用する際には、隙間にウレタンマットや銀マットを敷いて、寝相が悪くて落ちた時に痛くないように対策をとってあげてください。心配な場合は、あまり厚みのないマットにするか、地面の柔らかい芝生サイトにしておくと安心ですよ。

対策②戻すのが楽な敷布団形式に!

画像2: 筆者撮影

筆者撮影

封筒型・マミー型どちらのタイプの寝袋でも、寝袋からはみ出てしまった時に、眠っている子どもを中に戻すのは重労働です。

自分の寝袋から出て立ち上がり、子どもの寝袋のファスナーを開けて運び入れ、ファスナーを閉める。1晩に何度も寝袋からはみ出してしまうこともありますので…考えただけでうんざりしますよね。

だから私は、マットを横一面に敷き詰め、あえて封筒型の寝袋を開いて敷布団がわりにして使っています。どこに転がってしまっても、掛け布団がわりの寝袋を引き寄せれば問題解決(笑)。1年中このスタイルで対応しています。

対策③結露からガード

画像: 次男2歳:森のまきばオートキャンプ場にて 撮影は12月

次男2歳:森のまきばオートキャンプ場にて 撮影は12月

「朝、気付いたらテントの端に追いやられていて、結露で衣服がビショビショになっていた」なんていう経験はありませんか?

テントの中と外の気温差で、寝袋や衣服が湿ってしまっていた経験は少なからずあるはずです。ただでさえ寝汗をかきやすい子ども達は特に、テントに直に体が触れてしまうことのないよう、頭の上は衣類やバッグなどの荷物でガードしてあげましょう。両端に両親が寝ることで、横は大人が守っています。

画像3: 筆者撮影

筆者撮影

テントの壁部分の結露もさることながら、床部分(マットの裏側やインナーの底)が結露してしまうと乾燥撤収に余計時間がかかってしまいます。体温を地面に伝えないようにマットを敷いておくと、快適に眠れるだけでなく、片付けも楽になりますよ♪

注意!敷き布団作戦のデメリット

画像4: 筆者撮影

筆者撮影

「子どもがどこに転がっていっても大丈夫」「結露で寝室の底が濡れにくい」などのメリットがある寝袋敷布団作戦ですが、寝室の大半にマットや寝袋を敷き詰めるので、荷物が増えてしまうというデメリットがあります。

通常ならマット+5人分(5枚)の寝袋でいいような季節にも、敷布団がわりの寝袋2〜3枚をさらに持つことになるので、その分積載スペースが必要になります。ご注意ください。

授乳期の子どもと寝る

画像: 次男1歳:outside BASEにて 撮影は 9月

次男1歳:outside BASEにて 撮影は 9月

私の経験上、授乳期の子どもと寝るのは封筒型(横60cm程度)・マミー型どちらも結構寝にくいものです。子どもを寝かす位置を左右交換したい時に、中で抱いたまま動くのがとても大変。そういった点でも、封筒型を開いて敷いてしまうのがオススメだと思います。

ただし、1〜2歳の頃は、大人と一緒に寝ると肩口が大きく空いてしまい、子どもの体がとっても冷たくなります。念のため子どもにスリーパーを着せておくと安心です。(夏の高原などでしたら、ベストを1枚着せておくといいと思いますよ。)

寝る時の服装は?

画像: 次男1歳:北軽井沢Sweet grassにて 撮影は7月

次男1歳:北軽井沢Sweet grassにて 撮影は7月

キャンプ場だからといっても、基本的にパジャマに何を着ても構いません。なれないものだと寝にくいこともあると思いますので、家庭用のパジャマもOKです。ただし、テントの外に出るときには予想以上に冷えている場合がありますのでご注意ください!

私は暑い寒いを調節しやすい&虫に刺されにくいように、夏でも袖の長い薄手のもので寝るようにしています。

快適温度には余裕を持って!もしもの時に備えた毛布、上着を準備しよう!

画像: 次男1歳:成田ゆめ牧場キャンプ場にて 撮影は10月

次男1歳:成田ゆめ牧場キャンプ場にて 撮影は10月

寝袋の快適下限温度=予想最低気温の場合は、ちょっと危険。

急に気温が下がることもありますし、天気予報の基準点とキャンプ場の気温が同じとは限りません。夏場でも、もしもの時にかけられる予備の寝袋や毛布、上着などを持っておくようにしましょう。積載に余裕がない場合は、キャンプ場でレンタルするのもOK。枕元などすぐに掛けられる位置にあると、冷え込みが予想以上だった時にサッとかけてあげられるので安心ですよ。

備えあれば憂いなし!大人も安心して快眠を

画像: 次男1歳:精進湖キャンピングコテージにて 撮影は6月

次男1歳:精進湖キャンピングコテージにて 撮影は6月

積載スペースの問題から予備の寝袋やマットを持参するのが厳しい時には、荷物や両親で壁を作り、とにかく子どもがマットから落ちて端に行ってしまわないようにガードします。

寝袋から脱走して寝冷えしてしまう心配がある場合には、スリーパーを着せたり、厚着させて寝かせたり、レンタル毛布などを利用するのもオススメです。

備えあれば憂いなし!安心して、大人もぐっすり眠りましょう♪

ファミリーキャンプは、こちらの記事もチェック!

This article is a sponsored article by
''.