キャンプはテント、タープ、シュラフ、着替え、食料など荷物が多くなりがちです。キャンプ先で釣りやバーベキュー、ハイキングなどの予定があるのならばなおのこと、全てを車に積み込むことができない場合、強い味方になってくれるのが収納スペースをプラスできるルーフキャリアの存在。ラックタイプかボックスタイプか検討中のみなさん! それぞれのメリット、デメリット、おすすめ品などを紹介していきます。

ルーフラックは安くて大きなものが積みやすい ルーフボックスは防水性があり、安定感抜群

ルーフキャリアには形状による違いがある!

キャンプは何かと荷物が多いもの。車が小型だったり、人がたくさん乗っていたりするとキャンプに必要な荷物を積み込むことが難しくなってしまうでしょう。そんなときに活躍してくれるのがルーフキャリアです。

ルーフキャリアとは、車の屋根(ルーフ)に取り付ける荷台(キャリア)のこと。形状としては2本のレールにアタッチメントを取り付けてスキー板やサーフボードなど長尺モノを積んだりするタイプから四角いバスケットのようなラックタイプ、さらに箱に蓋のついているボックスタイプなどがあります。

今回は、キャンプ用品をたくさん持っていくという目的のもと、ラックタイプとボックスタイプをピックアップしてご紹介したいと思います。

ルーフラックとルーフボックスのメリット・デメリット

ルーフラックとルーフボックスにはそれぞれメリット・デメリットがあるので、比べて選びましょう。

  • ルーフラックのメリット
    • 蓋の無いバスケットのような形状なため、積み荷の高さ・大きさ・形などの自由度が高い。
    • 導入費用が比較的安く済む。
  • ルーフラックのデメリット
    • 雨天時は荷物が濡れてしまう。
    • 走行中に空気抵抗が大きくなるので安定感が悪くなる。
  • ルーフボックスのメリット
    • 密閉性、防水性が高い。
    • 流線形状なので空気抵抗が少なく、走行中も安定感がある。
  • ルーフボックスのデメリット
    • 導入費用が比較的高額。
    • ボックス容量によって積載量が決まるため、自由度が低い。

次にオススメしたいルーフラック、ルーフボックスを紹介していきます。(オススメ商品の他に、ルーフへ装着するには別途ベースキャリアが必要になります)

画像: ルーフラックとルーフボックスのメリット・デメリット

無骨&空気抵抗を考慮したデザイン 積荷を傷つけずに積みこめるルーフラック(ルーフバスケット)

1.ヤキマ(YAKIMA)ロードウォーリアー ルーフラック(ルーフバスケット)

外寸は112cm x 100cm x 16.5cmで耐荷重は約50kgです。無骨でワイルドなデザインが「アウトドアを楽しむぜ! 」という気分を盛り上げてくれます。

一方、機能面はその見た目に反して、きめ細やかな配慮が行き届いており、車に取り付けた際にねじが短く取り付け金具からとびださないため、荷物を傷つけることなく積載することができます。

フロントについているロゴ入りのプレートはフェアリングと呼ばれるもので、ルーフラックの弱点である空気抵抗を減らす役割を果たしています。

左右両開きで積み込み&取り付け簡単 自動ロックで防犯性も高いルーフボックス

2. CARMATE(カーメイト) ルーフボックス inno BRS624

外寸は185×84×34.5cmで容量350L。左右両側から開閉可能なデュアルオープンなので、助手席側、運転席側のどちらからでも荷物の積載ができ、ボックス内に満遍なく荷物を詰めることができます。取付け金具も操作しやすいので、ルーフボックスの着脱も容易です。

ボックスの内部には荷物を固定するワンタッチバックルベルトが付属しているので、悪路でも荷物が揺れて壊れたり傷がついたりするのを防ぐことができます。

ロックは2カ所でカバーをしめると自動的にロックがかかり、防犯性もしっかりとしています。開けるときはプッシュボタンを押すだけなので片手で作業ができます。

工具不要で取り付け&取り外し! ソフトタイプでコンパクトに収納できるルーフボックス

3.スーリー(THULE)レンジャー90

外寸は110 x 80 x 40 cmで容量は280Lです。少し珍しいソフトタイプのルーフキャリアで、使用しないときは丸めて専用のバッグに収納すれば場所を取りません。

車のトランクに入れておいてもいいでしょう。年に数回くらいしかルーフボックスを使わない人や屋根につけっぱなしにはしたくないという人に向いています。

独自の装着システムであるイージースナップクイックマウント・システムを採用しているので、車への取り付け、取り外しも工具不要で簡単に行えます。

完全防水ではありませんが、耐水素材を使っており、溶接シーム、密封式ファスナーで、多少の雨ならば中まで水が浸透することはありません。一体型ロック付きのジッパーなので、防犯性もあります。ただし、容量はやや少なめなので注意しましょう。

積みたい荷物の量・大きさに合わせてルーフラックやルーフボックスを選ぼう

画像: 積みたい荷物の量・大きさに合わせてルーフラックやルーフボックスを選ぼう

キャンプ道具はレンタルできることもありますが、やはり自分の道具で楽しむキャンプは格別です。車が小さいとか、やりたいことがいっぱいあって荷物でいつも溢れている…なんて方は、ぜひルーフラックやルーフボックスを検討してみてはいかがでしょうか。行きにはワクワクを! 帰りには素敵な思い出もいっぱい積んで帰ってきてくださいね。

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.