楽しみにしていたせっかくのファミリーキャンプ。雨だと特に子どもはがっかりしてしまいますね。しかし、雨の日には雨の日の楽しみ方というものがあります。遊びかた(行動)を少し変えるだけで晴れの日のキャンプとはひと味ちがった特別な経験や思い出深い時間を作ることができるのです。雨の日のキャンプを楽しむコツとアイデアを紹介します。

雨の日のキャンプはタープが不可欠! その理由はアウトドアでのリビングのような役割を果たすため

最初にタープを設置すれば、濡れずにキャンプができる

晴れの日でも、日差しを遮ったり急な雨に備えタープは今やキャンプに欠かせないギア。タープで屋根を作れば、雨でも傘を持たずに野外で過ごすことが可能です。

特にキャンプのスタート時点で雨が降っているなら、テントよりも先にタープを設置することが肝心です。そうすることによって、タープ設置以降の作業を濡れずに行えます。さらにアウトドアでの食事や飲み物をとるなど、家族団欒に一役買ってくれるリビングのような役割を果たします。

防水性に優れたタープを選ぶ

タープには遮光性や保温性に優れるものなど様々な種類がありますが、雨の日に必須なのは当然ながら防水性に優れているものです。

また、タープの高さも重要で、ある程度高さがあれば、解放感もあり動きやすいです。デメリットとしては高さがあるとその分風が吹き込みやすくもなるという点です。

そこでおすすめなのが「FIELDOOR(フィールドア)ワンタッチタープテント2.0m」。

  • サイズ 組立時 : (約)2.0m×2.0m×1.57m / 2.29m / 2.37m
  • 収納時 : (約)22cm×22cm×114cm
  • 重さ:約11kg

スチールフレームなのでアルミ性フレームと比べればやや重いですが、強度・耐久性があるので設置したときにとても安定感があります。耐水圧2,000mm以上の高耐水加工を施してあるので、防水性も抜群。

トップカバー上部には、風抜けのベンチレーションがあり、テント内側にたまる空気が通り抜けるため、風でテントが倒れることを軽減。

設置は対角線にタープを伸ばしてワンタッチで行うことができます。15ものカラーバリエーションがあり、特に青空柄は気分も晴れやかになりますよ。

雨の日は釣果(ちょうか)が期待できるので釣りをしてみよう

雨の日は水中が濁るので魚の警戒心が薄くなり、釣りやすいと言われています。キャンプ場の側に海や川、湖があるなら、ぜひ挑戦してみてください。

もしキャンプ場の近くに管理釣り場などの釣りスポットがあるなら、釣り道具一式の貸し出しもある場合が多いので手ぶらでいっても釣りを楽しむことができるでしょう。

釣りたての魚をその場でさばいてバーベキューにするのもキャンプならではの醍醐味と言えます。釣りに行くときは傘ではなく、両手が自由に使えるレインウェアを着ましょう。

また川などで釣りをする場合は水量には十分注意し、キャンプ場の指示に従いましょう。安全第一は、忘れないでくださいね。特にお子さんの行動に目を離しては絶対だめですよ。

雨天時の釣りに欠かせないレインウェア。LANYIのレインウェアなら裏地全体にメッシュ素材が使用されているので、蒸れやべたつきが少なく、湿度の高いときでも快適に過ごせるのでおすすめです。

袖口も雨風の侵入を防ぐ二重袖なので、手首を伝ってウェアの中に雨が入ってくることもありません。また、水濡れを気にせずに思っ切り遊べるので、釣りシーン以外でも活躍必至。雨の日を楽しむうえでは必携のアイテムと言えるでしょう。

雨の日ならではの風景を撮影してみよう

雨の日は晴天時には撮れないような幻想的な写真を撮ることが可能です。植物などについた水滴や霧にけぶる山々などを撮ることで、とてもロマンチックなキャンプの思い出を作れます。

なにも本格的なカメラは必要なく、いまやお手持ちのスマートフォンで簡単に撮れます。しかし、いくら防水のスマートフォンとはいえ、雨の中での撮影はちょっと不安。そんなときは、スマートフォンを防水ケースに入れておけば故障の危険性を減らせます。

YOSHのスマホ防水ケースはお得な2セット入り。高感度なPVC素材を使用しているのでケースに入れていてもタッチパネルの操作が非常にスムーズで指紋認証もできます。

もちろん、カメラの画質も落としません。ただし、すべての機種に対応しているわけではないので購入時には対応しているかどうかチェックしましょう。

湿度が高いと割れにくくなる! シャボン玉で子どもと一緒に遊ぼう

シャボン玉は湿度が高いと割れにくくなる特性があります。さすがに大雨の時はタープの中に限られますが、霧雨や雨上がり時にはシャボン玉をたくさん飛ばすことができるのです。大自然の中に向かってシャボン玉を思いっきり飛ばせばメルヘンな時間を楽しむことができます。

特に小さい子どもがいるファミリーには、CHTOYのバブルマシーンがおすすめ。

自動でどんどんシャボン玉を作ることが可能です。カラフルなカメラスタイルなので、普通のストローでシャボン玉を作るより盛り上がります。操作も簡単なので子どもだけでも大丈夫。単三電池3本で動かせます。

雨の日でも遊び方の工夫をして特別な経験や思い出深い時間を作ろう

画像: 雨の日でも遊び方の工夫をして特別な経験や思い出深い時間を作ろう

せっかくのアウトドアです。キャンプ当日に雨が降ったら、その雨を特別な体験に変えて素敵な思い出を作ってください。楽しむためには最低限必要なタープやレインウェアなどの対策をしっかりすることが肝心です。また雨や風が強い時、増水しているときなどは無理をしないこと。安全を第一に行動することこそ楽しい思い出を作る最大の秘訣となります。

This article is a sponsored article by
''.