キャンプをしたことはないけど、一度試したい!でもどこですればよいかキャンプ場がいっぱいあって迷ってしまう。そんな初心者の方々に提案したいのが、北海道での手ぶらキャンプデビュー! 自然に親しんでそこから多くのことを学ぶキャンプ、せっかくならスケールの大きな場所で思う存分満喫したいところ。今回は北海道の中でもとりわけ初心者の方に優しい場所をチョイスしました。さあ心の準備だけして第一歩を始めましょう! !

充実した設備&綺麗なキャンプ場がデビューにおすすめ! 大自然が満喫できるとなお良し!

今度、子どもを連れて初めてキャンプをしたい! インドア派の仲間みんなで一度はやってみたい!ソロで始めてみたいなどキャンプへの入口は人それぞれ。しかし道具は何を買っていいのかわからない、どこで始めたらいいか? など一歩踏み出そうとすると考えることは山積みですね。

そんな中、近年、キャンプ場も続々と新規オープンするなど空前のアウトドアブーム。多くのキャンプ場でのレンタル品は充実度が増し、もはや手ぶらでキャンプへ行くなんて珍しくない状況にもなっています。

また、初めて大自然を満喫するならスケールのデカい北海道へ行ってキャンプを堪能してくるというのもひとつの選択肢。格安航空会社(LCC)も路線参入しているため、時期や早めの予約でびっくりするほど安く北海道へ行けることも多いです。

初めてのキャンプで病みつきになってしまったら、今度はキャンプ用品を購入したくなるのがこの世界。1回ずつキャンプ経験値を増やしていくたび、キャンプギアも延々と購入したくなるという無限ループにハマッてしまうかも...。

さらに言えば、高規格なキャンプ場を選ぶことです。高規格とは「設備が充実しており、整備されたキレイなキャンプ場」のこと。デビュー時から高い満足度を得られること間違いありません。

それでは北海道のキャンプ場の中でも手ぶらプランはもちろん、そのスケール感、高規格な施設...さらに体験イベントや温泉などの情報も交えながらご紹介します。

画像: 充実した設備&綺麗なキャンプ場がデビューにおすすめ! 大自然が満喫できるとなお良し!

必要なキャンプ道具は全てレンタルできる! テント設営・撤収までやってくれるプランも!

1. 北海道立噴火湾パノラマパーク オートリゾート八雲

北海道南西部、噴火湾(別名:内浦湾)を臨む高台の丘陵地に位置する、北海道立噴火湾パノラマパーク、その公園内に「オートリゾート八雲」があります。

画像: 噴火湾イメージ

噴火湾イメージ

オートと名前がついていますが、カーサイトの他にもフリーテントサイトやロッジもあり、海を見下ろす眺望もさることながら、芝生がキレイに張られ広々とした美しいサイトは開放感抜群。とてもよく整備されている上、設備も充実しており道南では高規格なキャンプ場としても知られています。

初心者にも優しいポイントとして、「手ぶらでキャンプ」というレンタルコースがあります。アウトドアメーカー「小川キャンパル」のテントや寝袋に加え、タープ、ランタン、テーブル、椅子、さらには包丁やまな板などのクッキングセットやその他BBQに必要な鉄板など、キャンプに必要な道具がすべて含まれています。

また、「気軽にBBQ」セットを注文すれば、ジンギスカンや野菜、ご飯が揃う上に、プラス500〜1,000円で八雲町の特産品である八雲豚や八雲牛を追加することも可能です。生樽ビールサーバーや、人数に合わせたドリンクも用意してくれるので、ほんとに手ぶらでOK。

さらに「おまかせフルコース」という、「手ぶらでキャンプ」セットで借りたテントやタープの設営・撤収まで行ってくれる至れり尽くせりのプランまでご用意。気軽にワイワイキャンプしたい方にオススメです。

場内には分厚い鉄釜と薪で沸かす本格的な「五右衛門風呂」や、噴火湾が一望できる展望台、星の広場(炊事棟)にはキャンプファイヤーサークルなど、お子さんと一緒に行くと楽しい設備も整っており、家族連れの方にもオススメのキャンプ場です。

  • キャンプ場名:北海道立噴火湾パノラマパークオートリゾート八雲
  • 住所:北海道二海群八雲町浜松368-1
  • 電話番号:0120-415-992
  • 営業期間:4月中旬〜11月上旬
  • 電源サイト:あり
  • コテージやバンガロー:あり

ワンちゃんと同伴キャンプ! 充実のレンタル&お得な食事プランあり!石窯でピザ作りや温泉も

2.まあぶオートキャンプ場

石狩平野の北部に位置する北海道深川市内、音江山の麓にまあぶオートキャンプ場はあります。小高い場所に位置しており、深川市街地や石狩川を見下ろすことができる敷地内には、夏はホタルも飛び交う池が。

そんな自然豊かな場所でも芝生や炊事場などはきちんと管理されていてレンタルも充実しおり、初心者でも利用しやすいキャンプ場です。

レンタル品にはロゴスのツードームテント、5人用ドーム型テント(コールマン、キャプテンスタッグなど)、スクリーンテントといった各種テントに加え、寝袋やランタン、テーブル、椅子などキャンプ場で過ごすために必要なグッズがあります。もちろん焚き火台やBBQコンロ、BBQテーブルなどの道具も揃いますよ。

また、コテージで宿泊すると「まんぷく焼肉付きコテージ宿泊プラン」(5月1日〜10月31日まで・毎年実施)を申し込むことができます。夕食はBBQセットか海鮮焼きから選べ、プラス900円で朝食をつけることも可能です(3日前までに予約)。

☆期間内であれば、「まんぷく焼肉付きコテージ宿泊プラン」を申し込むのがオススメです。

ペットと一緒にキャンプすることも可能です(カーサイトB・D1〜10のみ)。ワンちゃんが自由に走り回れるドッグランのスペースもあるので、犬を飼っている方は一緒に連れて行っても楽しいですよ。

ほかにもピザを焼くことができる石窯や、キャンプ場から徒歩7分のところには、食品加工体験のできる「アグリエ工房まあぶ」という施設も。工房内には、毎月趣向を凝らした温泉や露天風呂などもあるので、たくさん遊んだあとは、疲れを癒しにぜひ足を運んでみてください。

  • キャンプ場名:まあぶオートキャンプ場
  • 住所:北海道深川市音江町音江459-1
  • 電話番号:0164-26-3000
  • 営業期間:5月〜10月
  • 電源サイト:あり
  • コテージやバンガロー:あり

北海道を代表する五つ星オートキャンプ場 サッカーやバレーボールなどもでき、ペットも同伴可!

3.オートリゾート滝野

約400haにもおよぶ広大な国営滝野すずらん丘陵公園内にあるオートリゾート滝野。北海道を代表するオートキャンプ場で、札幌市街地から車で約40分という立地ながら広い空とたくさんの緑に囲まれて自然を存分に感じることができます。

画像: 滝野すずらん丘陵公園イメージ

滝野すずらん丘陵公園イメージ

敷地や施設はきれいに整備されており、テントサイトの他、ログキャビンを利用できるサイトもあるので、テント張りができるか不安なはじめてのキャンプでも安心。

オートリゾート滝野は、立地・施設・サービス・アメニティーの4つで全国的にもトップクラスの施設水準を誇り、日本オートキャンプ協会から最高ランクの五つ星認定を得ています。初めてのキャンプ場をどこにしようか迷っている人は、オートリゾート滝野を選んでおけば間違いありません。

場内のセンターハウスには、食料品から日用品、キャンプ用品などが並ぶ売店や、シャワー室、コインランドリーが完備されているほか、テントやランタン、椅子、テーブル、毛布、シュラフ、バスタオルといった各種レンタルアイテムも揃っています。

手ぶらでキャンプを楽しみたい人や、キャンプグッズを持っていない人でもキャンプが楽しめます。

芝生広場でサッカーやバレーボール(貸出あり・有料)をするもよし、アスレチック遊具のあるプレイロットでお子さんと一緒に遊ぶもよし。

ほかにも、クラフト教室(5月〜9月)で木工や手作り体験、キャンプ場ボランティア「遊び屋本舗」のお兄さん・お姉さん達と一緒にキャンプファイヤーができる無料イベントなど、アクティビティが盛りだくさん。

わんわんペットサイトでは、ペットと一緒にキャンプが楽しめるので、ペット連れの方でも安心。初心者の方はぜひ、オートリゾート滝野でキャンプを始めてみてはいかがでしょうか。

  • キャンプ場名:オートリゾート滝野
  • 住所:北海道札幌市南区滝野247 国営滝野すずらん公園内
  • 電話番号:011-594-2121
  • 営業期間:4月20日〜10月31日(2019年)
  • 電源サイト:あり
  • コテージやバンガロー:あり

高規格・手ぶらOK・雄大なロケーション 3拍子揃ったキャンプ場で初アウトドアデビューしよう!

画像: 高規格・手ぶらOK・雄大なロケーション 3拍子揃ったキャンプ場で初アウトドアデビューしよう!

手ぶらOK、雄大なロケーション・高規格と3つの要素がある北海道のキャンプ場を紹介しましたがいかがでしたか?初心者の方々でも、一度そのスケール感を味わって貴重なキャンプ体験をしてしまうと、次はどこへ行こうかなぁと計画してしまうほど病みつきになる魅力があります。

最初は手ぶらで始めてみて次回からどうするのか…それを考えるのもまた楽しいですよ! ぜひ未だ見ぬ世界へ足を踏み出すためにも、北海道の豊かな自然の中でのキャンプを体験しに行ってみてください。

This article is a sponsored article by
''.