キャンプなどアウトドアに使用する食器と一口に言っても、使うシーンや使う人ごとにぴったりの食器は異なります。ではどのようにして選べばいいのでしょうか。今回は素材や材質に焦点を合わせたアウトドア食器の選び方と、おすすめの商品について紹介していきます。

【キャンプ用食器選び】失敗しないアウトドア食器選び! 素材別のメリット・デメリットをご紹介

画像: 【キャンプ用食器選び】失敗しないアウトドア食器選び! 素材別のメリット・デメリットをご紹介

アウトドア用として販売されている食器も、商品によりその素材と材質はさまざま。素材を気にせず購入した結果、使いにくい! と後悔するのは避けたいところですよね。食器選びで失敗しないためにも、まずは各素材のメリットとデメリットを見ていきましょう。

【木製キャンプ食器】口当たりが優しい&インスタ映え! お手入れも簡単で長持ち

木で作られた食器は、大自然との相性抜群。金属製の食器のように金属音がせず、口当たりの優しい点がポイントです。何よりの魅力は、出来上がった料理をあたたかみのある雰囲気に彩ってくれることでしょう。インスタ映えする材質ナンバーワンです。

その一方で管理には気を使う必要があります。洗ったらすぐに乾かし、湿気を持たせない工夫を用いて保存する必要があります。ずさんな扱いをしているとカビが生えたり、割れたりなど寿命が早くきてしまいます。

画像: 【木製キャンプ食器】口当たりが優しい&インスタ映え! お手入れも簡単で長持ち

【金属キャンプ食器】頑丈で汚れが落としやすいステンレス素材 デメリットも二重構造で解消

衝撃に強く、汚れが落ちやすいステンレス素材。うっかり落として壊してしまった、カバンの中に無造作に詰め込んでいたせいで割れてしまった、なんてトラブルがないところが金属の強みです。クッカーと食器を兼用できるものを選べば、荷物をコンパクトに済ませられます。

一方で、熱伝導率が良いためスープなどの液体を入れると飲み口まで熱くなってしまう上、温かいものはすぐに冷めてしまうところが難点。近頃は二重構造にすることでそのデメリットを解消している商品も多数あります。

画像: 【金属キャンプ食器】頑丈で汚れが落としやすいステンレス素材 デメリットも二重構造で解消

This article is a sponsored article by
''.