ファミリーキャンパーのいく子です。キャンプ場で、さっとご飯やおつまみを作る料理上手の方もいらっしゃると思いますが、私は料理が苦手です。今回はそんな私でもあっという間にできる、加熱なし! 混ぜるだけで完成するおつまみを3品ご紹介します。これで調理時間を短縮して、キャンプの夜を楽しみましょう!

キャンプ飯は手軽に作れるものがおすすめ! 缶詰やカット野菜を活用して時短料理を作ろう

画像1: 画像:筆者撮影

画像:筆者撮影

キャンプをはじめたばかりの頃は、「せっかくのキャンプだし、頑張って色々作ろう! 」とつい意気込んでしまい、気づけば調理時間がかかり過ぎてしまったという事がよくありました。メニューを考えて、買い出しして、家で仕込みもして、キャンプ場でも設営後にすぐに調理を始める。無理して気合いを入れすぎてしまうと、楽しむはずのキャンプで疲れてしまいますよね。

せっかく夜の焚火時間を楽しもうと思ったのに、もう消灯時間・・・。私の場合、料理が苦手という事もあると思いますが、これはちょっと悲しいです。

かと言って、買ってきたものだけを並べるのもちょっと味気ない。できれば簡単で美味しくて、さらに見栄えも良いものを作れたら最高! という思いで現在も簡単レシピを探すべく試行錯誤しています。ポイントは頑張り過ぎない事です。

【簡単おつまみ1】サバ缶の和え物 サバ缶とキュウリを和えたら完成! 食べる直前に混ぜるのがコツ

画像2: 画像:筆者撮影

画像:筆者撮影

そのまま食べても美味しいサバ缶。マヨネーズで和えるだけでも良いし、炊き込みご飯にしても美味しく、キャンプへ持って行く方も多いそうです。サバ缶にはカルシウム、ビタミンD、DHA、EPAなどの栄養素が生のサバよりも多く含まれています。そんな栄養満点で美味しいサバ缶を使ったお手軽おつまみの作り方をご紹介します。

材料

画像3: 画像:筆者撮影

画像:筆者撮影

・ サバ缶(スープは使用しません)
・ キュウリ(使用するのは半分)
・ ごま油 大さじ1
・ にんにくチューブ 2cmくらい
・ きざみねぎ塩(なくてもOK) 2cmくらい
・ 塩コショウ 適量

作り方

画像4: 画像:筆者撮影

画像:筆者撮影

ボールで調味料を合わせ、キュウリをカットします。調味料の量も、キュウリの切り方も細かいことは気にせず、ざっくりで大丈夫です。

画像5: 画像:筆者撮影

画像:筆者撮影

サバ缶の中身のみを調味料のボールへ入れ、ほぐしながら混ぜ合わせます。そこにキュウリを入れれば完成です。キュウリから水分が出てしまうので、食べる直前に和えてください。

【簡単おつまみ2】プチトマトとチーズのイタリアン風 半分に切って調味料で和えたら完成!

画像6: 画像:筆者撮影

画像:筆者撮影

こちらはワインによく合う、和えるだけの簡単メニューです。プチトマトは栄養価も高く、彩りも良いのでテーブルに乗せると全体的に華やかな印象になります。また、パックのままクーラーボックスに入れればつぶれにくいので、キャンプに持って行くにはピッタリの食材です。

材料

画像7: 画像:筆者撮影

画像:筆者撮影

・ プチトマト
・ 粉チーズ
・ 塩コショウ
・ フライドガーリック
・ バジル

作り方

プチトマトを半分にカットし、調味料を振りかけて軽く和えれば完成!お好みでオリーブオイルを加えても良いです。フライドガーリックのサクサク感がアクセントになっています。

今回は桃屋『バター味のフライドにんにく』を使いました。ご飯にそのままかけても、焼肉のタレにプラスしても美味しく、いろんな料理に幅広く使えるオススメ品です。また、今回バジルは乾燥タイプを使っていますが、生のバジルを入れると風味も見た目もワンランクアップの仕上がりになります。

ハピキャン LINE 友だち登録

This article is a sponsored article by
''.