こんにちは! 東海地方のアウトドア情報を中心に、記事を書いている「GSD東海編集部」です! 今回は、とんがり三角屋根が可愛いと大人気のワンポールテント「LOGOSナバホ300」の設営方法をお伝えさせていただきます! 数あるテントの中でも、ワンポールテントは可愛いだけでなく、設営がしやすいと女性やファミリーに大人気のテント。私もワンポールテントを使っているからこそ、おすすめしたいポイントもお伝えしていこうと思います!

※記事中に挿入しているInstagramは、すべてGSD東海編集部のキャンプメンバーが撮影したものです。

ワンポールテントは、1本のポールで支えるテント アメリカの先住民が使っていたティピーに似ている?

ワンポールテントとは、その名前の通り1本(ワン)の棒(ポール)で設営するテントのことを言います。テントの幕の中心にポールを立てて支えるので、外から見ると屋根が三角形になります。その形がアメリカの先住民が使う移動式住居「ティピー」と似ていることから、「ティピーテント」や「インディアンテント」とも呼ばれます。

【筆者愛用】ロゴス製ワンポールテントナバホ300など アマゾンで買える人気ティピーテントを紹介!

私が使っているのはLOGOS(ロゴス)から販売されているワンポールテント「ナバホ300」。ナバホ族の柄をあしらったティピーテントで、見た目も可愛く大人気です。

ほかにもDOD(ディーオーディー)から販売されているワンポールテントは、値段もお値打ちなので手に入れやすいワンポールテントのひとつです。

ワンポールテントは設営が簡単! 一人でも設営できて、コンパクトなのキャンプ初心者にもおすすめ! 

ワンポールテント以外のテントだと、ポールの本数が多かったり、構造を理解するのが大変だったり、テント自体が大きすぎて一人で組み立てるのが難しいなど、問題がたくさんあります。しかし、ワンポールテントなら慣れると一人での設営も簡単なので、初心者の方にはじめてのテントとしてとてもおすすめです!

また、ポールの本数も1本なのでかさばらず、収納もほかのテントに比べるとコンパクトで持ち運びしやすい利点もあります。テントの設営に悩んでいたり、はじめてのテントで設営に不安があったりする方は、ぜひワンポールテントを検討してみてはいかがでしょうか?

ハピキャン LINE 友だち登録
みーこパパ 公認ワークマン・サリー

This article is a sponsored article by
''.