山々に囲まれた場所でキャンプをするのが好きな人に、ぜひ挑戦してみてほしいアクティビティとして「トレイルライド」をご紹介。マウンテンバイクでオフロードを走り抜ける爽快感は、たまりません! いつもとは違った自然の楽しみ方ができるのが魅力です。今回は「これからトレイルライドを始めたいな」と思っている方に向けて、おすすめのマウンテンバイクや練習スポットについてもお伝えします。

トレイルライドとは、自転車で山道を走るアクティビティ! まずは初心者向けツアーに参加してみよう

トレイルライドとは、山道などのオフロード(トレイル)をマウンテンバイクで走行するアクティビティのこと。凸凹道を走り抜ければ、舗装路の走行では味わえない刺激を楽しめます。トレイルライドに明確な定義はないので、自然の道や山道を自転車で走れば立派なトレイルライドです。森の中や山の中を自分の力でアクティブに走れたら、きっと楽しいですよ。

ただし、トレイルライドでは舗装されていない山道を走るので、初心者で全く要領がわからないと、転倒したり崖から転落したりといった危険性も。安心して挑戦するために、初心者はまず経験者から教わりたいですよね。そこでオススメしたいのが、初心者向けのトレイルライドツアー。全国各地で数多くの体験ツアーが開催されているので、一度参加してみるとよいでしょう。なお、ツアーは日本マウンテンバイク協会のホームページで探せますよ。

画像: トレイルライドとは、自転車で山道を走るアクティビティ! まずは初心者向けツアーに参加してみよう

スマイルバイクパークは初心者におすすめ! 都内のマウンテンバイクパークでレベルに合わせて練習

トレイルライド初心者におすすめのスポット「スマイルバイクパーク」では、人工的に作られた凸凹道を走れます。道路状況のわからない山道で急な崖から転落してしまった、というような危険もありません。そのため、初心者も安心してマウンテンバイクの操縦テクニックを身に付けられるのです。

またスマイルバイクパークでは、運転技術のレベルごとに分けたコースが用意されています。例えばマウンテンバイク初心者向けの「パンプトラックコース」では、マウンテンバイクのもっとも重要なテクニックである加重/抜重を練習できます。小さなお子様でも利用できるコースなので、家族連れでも遊べますよ。なお、スマイルバイクパークではレンタルの自転車が用意されているので、マウンテンバイク購入前の方もトレイルライドを体験できますね。

東京から車で40分ほどと、比較的アクセスしやすいのもポイント。ちなみに、料金は以下の通りです。

スマイルバイクパーク料金表

コース使用料
(中学生以上は
大人料金です)
土日祝日
大人 1日¥3,000
大人3時間¥2,000
小人 1日
(小人は小学生以下)
¥1,000
平日
大人 1日¥2,000
大人3時間¥1,500
小人 1日
(小人は小学生以下
¥1,000
レンタル品※要予約 バイク 1日(ヘルメット付)¥5,000
※要予約 バイク 3時間(ヘルメット付)¥3,000
※要予約 キッズ バイク 1日(ヘルメット付)¥2,000
ヘルメット ハーフタイプ¥1,000
ヘルメット フルフェイス¥1,500
プロテクター(膝用・肘用セット)¥1,000
販売品グローブ(M/L/LL)各サイズ ¥700
駐車料(1日)1台 ¥500

参考リンク:http://smilebike.tokyo/usagefee/(スマイルパーク公式HP)

トレイルライドを始めてみたいと思っている方は、マウンテンバイクの運転技術を学ぶためにも、スマイルバイクパークへ行ってみてはいかがでしょうか。

画像: smilebike.tokyo
smilebike.tokyo
  • スポット情報:スマイルバイクパーク
  • 住所:東京都稲城市坂浜734
  • 電話番号:070-4475-4472
  • 営業時間:8:30〜16:30(コースコンディションにより変更の可能性あり)
  • 公式サイトhttp://smilebike.tokyo/

トレイルライドに適した自転車はマウンテンバイク 筆者のおすすめは「GIANTのTALON 2」

レンタルバイクなどで慣れてくると自分のものが欲しくなることもあるでしょう。自転車にはシティサイクルやロードバイク、クロスバイクなど、いくつか種類がありますが、トレイルライドにはやはりマウンテンバイク。

ただし、マウンテンバイクと一口に言っても、トレイルライド用以外にクロスカントリー、ダウンヒル、フリーライド、ファットバイクなど様々な種類があります。それぞれの用途に適したつくりになっているため、トレイルライドに適したマウンテンバイクを選ぶ必要があります。

特にトレイルライド用の場合は、オフロードの衝撃を吸収できるサスペンションが重要なので、必ず性能をチェックしましょう。また、初心者向けとしてはその自転車に慣れるためにも日常使いができるように、オンロードでも不自由のないものがおすすめ。

以上の点を考慮して、筆者がおすすめしたい自転車はこちら!

平坦な道も凸凹道も走りやすい、マウンテンバイクの入門モデル
GIANT(ジャイアント) TALON 2

GIANTのTALON 2は、トレイルライドをはじめたい初心者にオススメのマウンテンバイク。凸凹道の衝撃を吸収する100mmのサスペンションが前輪だけについた、ハードテイルと呼ばれるタイプです。サスペンションはオフロードを快適に走行するのに便利な機能ですが、その反面、オンロード走行時のスピードを低減してしまいます。そこでTALON 2にはサスペンション・ロックという機能が搭載されており、舗装路ではサスペンションをオフに切り替えて走行できます。つまり、TALON 2はオンロード走行もバッチリな自転車なのです。

また、油圧式ディスクブレーキを採用している点も特徴的。Vブレーキなど他の方式と比べて雨天時でもブレーキの効きが落ちにくいです。そして2019年版のTALON 2では、タイヤのチューブレス化に対応(チューブレスレディ仕様)。未舗装路でもパンクしにくく、空気圧を低く設定して地面を掴むようなグリップ力を得ることができます。

TALON 2の価格は公式サイトで90,000円(税抜)。初心者向けのマウンテンバイクの相場は10万円以下だと言われており、標準的な価格と言えるでしょう。チューブレスの自転車は初心者向けの価格帯では珍しく、コストパフォーマンス面でも優秀です。キャンプツーリングなど平地でも使いたいし、トレイルライドもしたいという初心者の方にオススメの一台です。

マウンテンバイクでトレイルライドに挑戦! 初心者は、購入前にレンタルで試してみよう

画像: マウンテンバイクでトレイルライドに挑戦! 初心者は、購入前にレンタルで試してみよう

いかがでしたか。マウンテンバイクでトレイルライドができれば楽しそうですよね。とはいえトレイルライドに必須のマウンテンバイクは安くないので、まずはマウンテンバイクパークのレンタルで体験し、その素晴らしさに触れてみるのがよいでしょう。ぜひトライしてみてください!

This article is a sponsored article by
''.