グループや家族など複数でキャンプに行く場合でも、ハンモックでくつろいだり、バーベキューや釣りを楽しんだりと楽しみ方は人それぞれ。何もしなくとも有意義な時間が過ごせそうですが、たまにはいつもと違うことを提案してみてはいかがでしょうか? そこでおすすめが、ゲームやおもちゃを持っていきみんなでやってみること! 今回は、キャンプの楽しみ方を広げるグッズを紹介します。

キャンプをさらに楽しむためのおもちゃやゲームって?

晴れた日は野外ならではの遊びを、雨天時はテントでのんびりとゲームを楽しんでみましょう。

投げるおもちゃで開放的な空間を楽しむ

キャンプで開放的な空間を活かさない手はありません。日常では、制限されやすい投げるおもちゃでも思う存分楽しめますね。

代表的なのがフリスビーです。複数人でパスしあうだけでもリフレッシュできます。一人で遊ぶ場合はブーメランを投げるのもありです。ただし、周りの人にぶつかるとケガをする恐れがあるため、周りをよく確認して安全に十分注意をしながら楽しみましょう。また、それぞれ柔らかい素材のものを選ぶようにしてください。

体を動かして遊べるグッズも

キャンプでいつもと違ったアクティビティを楽しみたいならスラックラインがおすすめ。木と木の間にラインを張って、その上を歩く遊びで、ラインを低く設置して、落ちることも想定してクッションマットなどを敷き安全に行なってください。

全身を動かしてエネルギーを消費するため、お腹も空いて、その後の食事を普段以上に楽しめます。グッズを選ぶ際は、木を保護する専用カバーがついているものかを確認しましょう。

雨が降ったときにはカードゲーム

キャンプでは突然の雨に見舞われることがあります。その際は、テントでカードゲームを行うという手があります。トランプなどの代表的なカードゲームを行うのもよいですが、日常的でどこか味気ないと感じてしまうかも。そんなときは、ひとひねりあるカードゲームを選ぶのがポイントです。

次にご紹介するアイテム3選に注目のカードゲームも取り上げてみましたので、ぜひチェックしてみてくださいね。

画像: 雨が降ったときにはカードゲーム

柔らかい素材で作られている! 当たっても痛くないフライングディスク!
ラングスジャパン(RANGS) ドッヂビー

フライングディスクの一種で、フリスビーと同様にパスワークや空き缶などを目標物にして当てたり使い方は様々。

さらにドッジビー専用ゴールを別途購入して、設置すればサッカーのような使いかたもできます。2つのゴールを向かい合わせ、大人数でチーム対抗戦を楽しむっていうのもありですね。

フリスビーとの最大の違いは、外側がナイロン素材になっていて、当たっても痛くないところです。小さなお子さんがいるご家族でも安心して投げ合えます。また、中はウレタン素材を採用している点も隠れたメリット。水を吸収しないため、海や河原周辺のキャンプで遊んで水に濡れても、問題なく遊べます。

値段はAmazonでおよそ1,200円前後。気軽に取り入れられる価格です。200~600mmの幅でサイズを選べるほか、カラーも4種類と豊富です。

画像1: www.amazon.co.jp
www.amazon.co.jp

人狼ゲームを改良したパーティゲーム! キャンプに合わせて非日常的な体験を
ワンナイト人狼

人狼(=オオカミ男)狩りをモチーフにしたパーティゲームで、「村人」となるプレイヤーの中に潜む「村人に化けたオオカミ男」をプレイヤー全員で討論しながら暴くという、心理戦が楽しめるカードゲームです。

もともと存在する「人狼ゲーム」の概念はそのままに、より手軽に改良したのがこちらの「ワンナイト人狼」で、プレイ人数は3~7人と幅広いため、誰かが参加できないという事態が起こらないので気軽に遊びやすいです。おまけに、脱落者も出ず、最後まで全員がゲームを楽しめる点も優れたポイント。ありふれたトランプと異なって、非日常的なゲームができる点がキャンプにおすすめ。

また、コンパクトでかさばることがなく、持ち運びが楽な点も見過ごせません。雨が降る場合に備えておいても損はありませんよ! 価格はAmazonで1,600円ほどです。

画像2: www.amazon.co.jp
www.amazon.co.jp

木を傷つけないツリーカバー付き! バランス感覚や集中力を養い体幹も鍛える
DOD(ディーオーディー) バランスウォーカー スラックライン 15m

スラックラインってご存知ですか? 簡単に言えば木と木の間に取り付けて綱渡りのように楽しむスポーツ。(ベルト状になっている部分の上を、歩いたり飛んだり跳ねたりするスポーツ)

初心者にはバランスをとるのが相当難しいですが、悪戦苦闘の末、やっと歩けたときには思わずテンションが高まります。

もし、一人でバランスを取れない場合は、友達や家族に手を引いてもらったり、複数人で順番に挑戦して何メートル歩けるか! また何秒乗ってられるかなどを競ったり遊びのルールも無限大です。

注)スラックラインは慣れるまで難しいですので、ケガ防止のため下にマットなどのクッションを敷くことをオススメします。

この商品は、スラックラインとそれを固定する木への配慮もしています。木の表面をカバーするツリーウェアが付属し、木への取り付けもマジックテープを採用しているので簡単。

耐荷重は4tで、子供だけでなく体重の重い大人でも問題なく遊べます。価格はAmazonで約6,400円です。

おもちゃやゲームを用意すれば、キャンプの楽しみがさらに広がります

画像: おもちゃやゲームを用意すれば、キャンプの楽しみがさらに広がります

美味しい食事やきれいな景色などキャンプの魅力は数え切れません。ただ、人によってはいつもと同じ楽しみ方にマンネリを感じてしまうこともあります。心機一転、キャンプの楽しみを広げるために、今回紹介したグッズをぜひ取り入れてみてくださいね。

This article is a sponsored article by
''.